2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« フロアーのオーディオ装置を一新 | トップページ | お伊勢参り »

2011年1月 1日 (土)

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。

旧年中は本当に多くの皆さんに支えられて、「あすかの食卓」は何とか無事にスタートが切れるようになりました。年の初めにあたり、感謝の気持ちでいっぱいです。ここにお礼を申し上げます。

新年にあたり、支えて頂いた皆様のお気持ちを大切に、今年一年も出来る限りのおもてなしが出来ればと思っております。どうぞよろしくお願い致します。Dsc_0836 Dsc_0839

昨日からの雪は、ここ飛鳥の郷はすっかり解けています。しかし吉野はたくさん降ったようで、知人の話では40~50cmも積もって、昨夜から今朝にかけて国道でも坂道では車の渋滞や動けなくなって、放置車両が見受けられたとのことです。

近年のお正月でのこのような雪は珍しい。実は私たちは例年、新春の参詣は笠山荒神さんへ行くことに決めています。地理的には結構、標高があるので、雪での道の心配をしていましたが、雪も思ったよりは少なくて、頂上付近では雪が薄っすら残っている程度でした。夕方4時頃でしたので、薄暗い参拝の道を歩いていましたが、狭い山道の両側にはご寄進の石灯篭に灯が入って、大きな木が時刻以上に光を覆っていて、神聖な場所の雰囲気が漂っています。神殿の直前は30段くらいの急な石段で、そこを気をつけて上がり切ると、目前にシンプルな佇まいの神殿を前にします。

すぐにお参りせずに、手前のロウソクをお供えするガラスケースに1本20円で、ロウソクに火をつけて、お供えすることから始めます。そして神殿の前に進み、前年のお礼と今年の祈願を致します。

笠山荒神さんはお台所の神様です。私たち「あすかの食卓」にとっては是非にお守り頂きたい神様ですから、ここ7年は毎年の参詣は欠かしていません。

お参りの後は、例年、神殿前で焚き火をして頂き、自然な暖をとることが出来ます。この暖かさは身体に優しい。そして暖まるとなかなか冷めない。この寒い中での贅沢で幸せな時間です。 Dsc_0866                                                                                  そして隣にある社務所では甘酒を頂けます。入口に設けられた三宝に心づけを少し置きます。お世話を頂いているのは笠地区のみなさんです。ここの神社はこの地域の皆さんで支えられていることが素晴らしい。

帰り際には、社務所にて、お台所の守り札と家内安全の破魔矢を頂いて、急な石段を下りました。Dsc_0872

他の有名な神社では露天商が出ていたりして、神聖な気分が薄れるが、ここの神社は、そのようなことがまったく無くて、純粋な気持ちでお参りが出来て嬉しい。

清清しい気持ちで真っ直ぐ、帰途につきました。帰りの山道はすっかり日が暮れて、ヘッドライトを点けての走行でしたが、道が狭くカーブが多いので、この時間の方が走りやすい。

近くの大神神社への車で結構、渋滞していましたが、幸いにも方向が違って、スムーズに明日香まで戻ることが出来ました。

« フロアーのオーディオ装置を一新 | トップページ | お伊勢参り »

あすかの食卓からのご案内」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558590/50465895

この記事へのトラックバック一覧です: あけましておめでとうございます:

« フロアーのオーディオ装置を一新 | トップページ | お伊勢参り »