2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月24日 (木)

CAROL SLOANEの魅力を再発見

今まではゆっくりJAZZを聴くことが出来ていなかったのですが、にゃんこの「おもちゃ箱」以外のお店のフロアーにてオーディオ装置を置いてから、結構、お蔵入りしていたJAZZのCDやLPを引っ張り出した聴いています。

今回、随分以前に購入したままで聴けていなかった「CAROL SLOANE」の「A NIGHT OF BALLADS」を見つけて、聴いたところ、あらためて、彼女の魅力に気付きました。Rimg0646

Rimg0649 DON ABNEY(PIANO)のソロとのコラボレーションは最高!

1984年5月17日六本木サテンドールにてのライブ録音。

「あすかの食卓」が当時のサテンドールになったような雰囲気、目前でCAROL SLOANEがにゃんこのために歌ってくれている。この人本当に上手いなあと思います。サラもエラも好きですが、今夜の彼女はイイ!!Rimg0650

久しぶりのウイスキー(白角)のオンザロックが旨い。

にゃんこの至福のひと時。

因みに今夜の装置はマッキントッシュC26+MC2105にSP505J(D123+075)で送り出しはマランツDV9600でした。Rimg0644

 

2011年2月20日 (日)

メモリアルのお祝いが続きました

先日は入籍を記念してディナーにお越し頂きました。当日、役所へ入籍手続きをされ、めでたくKご夫妻としてお見えになりました。御主人K様は木工作家で、以前は岡山の有名な工房にて仕事をされていましたが、ご結婚を機に奈良でお仕事をされるとのことでした。奥様はお近くの方なので、お考えになったのでしょうね。本当にやさしい御主人様です。Imgp0212

10年以上のご経験がおありなのですが、慣れないところでの出発です。私たちも何らかの応援をして差し上げたいと思っています。

お幸せに!!

そして本日にお越し頂いたお客様はご夫婦ともに・・・寿(お聞きしたのですが、難しくて忘れました。ゴメンナサイ)というお誕生日のお祝いをご家族・ご親族の皆様(お申し込みをされたのはご常連のK様)でされるランチでした。

お二人ともとってもお元気で、お出ししたコースのお食事を完食なさいました。おまけににゃんこがコース毎の食器を回収に伺った時に、ご親切にお手伝い頂いたのにはビックリで、恐縮致しました。お祝いをされる皆様も始終和やかな雰囲気で、心からお祝いされている様子が伺われました。コースの終盤にはお祝いのケーキを準備致しましたが、お孫さんが代表でケーキの真ん中のローソクに着火。Dsc_0563

ご家族の皆様から同時にお祝いの拍手を一斉にされました。またご家族とはまったく関係がない、他のテーブルのお客様からも同時に拍手を頂きました。前にもそのようなことがありました。「あすかの食卓」はたまたま偶然に同席となったお客様同士でも家族のように思って頂ける雰囲気が出来る様子は嬉しく、皆さんに支えて貰って出来ているCafeなんだなあと実感できた瞬間でした。

お二人のますますのご健康とご家族皆様のお幸せをにゃんこはお祈り致しております。

同席された素敵な女性の皆さん。本当にありがとうございました。やさしいお気持ちには感謝です。あすかの食卓で、修行中のJさんのお友達としてのご縁でお越し頂きました。

Dsc_0568

2011年2月19日 (土)

「食に恋して、花に夢みて」というタイトルで特別な企画を行います

「あすかの食卓」ではOPEN以来、フロアーのお花をお世話頂いているお店があります。お越し頂いているお客様で、店内のお花にご興味を持たれた方にはご説明していますが、桜井と東京・代官山で「Ks’club」、BOSS・かすみさんご夫妻のお花屋さんです。かすみさんはテレビにも出演されたり、全国のデパート等でワークショップを毎年開催されています。近々では高島屋大阪店での催しにBOSSとかすみさんがそれぞれ参加される予定です。大変お忙しいお2人方ですが、この度、貴重なお時間を頂いて、この「あすかの食卓」にて特別な企画をして頂くこととなりました。Rimg0610

 開催の季節は明日香も桜が満開になることでしょう。そして店内には特別に桜を使ったBOSSのパフォーマンスが行われます。「あすかの食卓」の中も外も桜で埋もれそうです。

 企画のタイトル 「食に恋して、花に夢みて」

 第1部

  日時  2011・4・9  11:00~14:00

    かすみ・のワークショップ    

    BOSSのランチ&デザート付き

  会費  5,000円    人数  限定20名

   初めての方でも分りやすく指導して頂けます。そしてBOSSの幻?となったランチが復活します。 どうぞお楽しみに!

 第2部

   日時  2011・4・9  17:30~

     かすみを囲んで

     BOSS&シュフ光子コラボのディナー

   会費  3,500円   人数  限定20名

   かすみさんと楽しく語り合って下さい。そしてディナーはBOSSとシュフ光子のコラボですから、どのような内容になるか。お楽しみにして下さい。日頃の「あすかの食卓」のお食事コースとは一味違った内容になると思います。Rimg0620

 参加ご希望の方は以下の要領でお受け致します。

  参加申し込み方法

    3月1日 10:00から受付開始、満席になり次第、受付終了となります。

    「Ks’club」もしくは「あすかの食卓」までお電話での受付となります。

       Ks’club     0744-45-2007

       あすかの食卓  0744-54-3699

       

  詳細なご案内は追って、ブログと各店内にてお知らせ致します。

Rimg0635

    

明日香で樹氷?

何日遅れかで有名な?にゃんこのブログ。

「あすかの食卓」で先日の雪景色を見て頂きましたが、その翌日は天気が回復し、すっかり晴れました。そこで、例の「放射冷却」となって、ついに飛鳥でも樹氷を発見!

それもにゃんこの庭で・・・・・

Dsc_0534

Dsc_0537

因みに樹氷が出来た木は白樺でした。白樺だから出来たんでしょうか?他の木では樹氷は出来ていませんでした。

Dsc_0540

Dsc_0550

嬉しくて、デジカメでの撮影に夢中になっていましたが、上からの雪でヒドイ目にあってしまいました。

2011年2月15日 (火)

飛鳥の雪はこの冬2度目

一冬に2度の雪は近年で記憶にありません。良く行く信州では冬になると、ほとんどの車はスタッドレスタイヤを履いています。そして駆動方式も多くは4WDが見受けられます。しかし奈良県の平野部では一年に一度雪が降って、薄っすら積もる程度で、ほとんどは雪への対策はなされていないのが、現状です。

しかし今年は例年のように無対策で良いものか?考えさせられました。にゃんこの常用としている車は2WDのSUV。それも10年以上前のもので、雪に最も弱いと言われる後輪駆動。なぜかと言えば年間を通じて長距離ドライブを好んでするので、オンロードで燃費の良いものを選択肢としています。そしておまけにディーゼルエンジン(東京の何方かが目の敵にされているタイプです。しかしヨーロッパでは半分近くがこのタイプなんですけど)なのでコストパフォーマンスは抜群です。軽油はガソリンより20パーセント安価で、普通の走行ではリッター当たり10km、長距離ではリッター当たり15kmの走行が出来ています。1年に20,000km走行は普通です。

晩秋に信州を訪れることが結構あります。そして今まで、何度か雪に見舞われて痛い目にあっています。最も雪に弱いタイプの車ですから、年中、タイヤチェーンだけは積んでいます。一昨年の秋に平湯峠を高山から松本へ越える時、雨が途中で雪に変わり、頂上近くになって、ノーマルタイヤでは後輪が左右に振り出して、ハンドルも正確に切れなくなった時、路肩に止めて、持っていたチェーンを装着して、事なきを得ました。この時も他府県ナンバーの車が多く路肩に放置されるのを見ました。

こんな時に昔、ボーイスカウトのリーダーをしていて、「そなえよつねに」の精神が生きていました。

この雪で「あすかの食卓」もすっかり雪に覆われました。

そして雪の日の食事のご予約はかなり前にされたものですから、お越しになる皆様は道路状況などのご心配をされたと思います。私たちもこの雪の状況では、お越しになる地域によってはキャンセルされるのではないか?と予想をしておりました。ところがご予約の時間には皆さん、きっちりとお越し頂き、驚いてしまいました。吉野方面のお客様もおられましたので、「大丈夫でしたか?」とお聞きすると、「車は難しいので、電車で来ました」とのこと。キャンセルなしにお越し頂いたお客様には本当に感謝です。この日はさすがに、おもてなしのサービスにも、いつも以上に力が入りました。そして、お帰りにも、心を込めてのお見送りをさせて頂きました。この「あすかの食卓」は本当に皆様に支えて頂いていると実感した雪の日。Dsc_0444

Dsc_0457

Dsc_0458_2

Dsc_0482

Dsc_0469

昨日はうれしいバレンタインデー

昨朝、突然に宅配便が届いた。宛名はにゃんことなっていた。送ってくれたのはいつも大切に思っているKさん。

ところが今日は満席のお客様になっていて、その準備で、後で開ける楽しみとした。お客様が見える段になって、ご予約リストを確認すると、えらいことになっていることに気付いた。席数以上のご予約をお受けしてしまっている。取り急ぎ、キャンセルをお願いして、ご了解頂けそうな(いつも甘えてしまってごめんなさい)万葉ミュージアムのSさんにお願いの電話。「よかった!」ご了解頂いた。ところが、お客様が来られている中、予備テーブルを出して、これで解決かと思ったが、それだけで済まなかった。一番後にお見えになったI様の席がテーブルの組み合わせで、相席でしか対応出来ないことが分った。何とかプライベートスペースで、お席を準備しようと考えて、少しお時間を頂けないか?お願いしたところ、I様が状況をお察し頂き、改めて別の日にご予約を致しますと仰って頂いた。この雪が降り始めた状況や、I様がお連れ様に喜んで貰おうとご案内されたお気持ちを考えると、本当に申し訳なく、謝って済むものではない。シュフとこの度の失礼のお詫びの仕方を考えている。本当にこの度はS様・I様申し訳ありませんでした。このようなことが二度と有ってはなりません。肝に命じて行きたいと思っております。

失敗の原因はご予約リストを分り易いようにと別の用紙に転記していたのが、間違いの元。転記後のご予約が反映されていなかった。ご予約の受け方の見直しを大反省。

このような出来事があって、何とか皆様のご理解とお支えを頂いてお陰様で、今日は何とか「あすかの食卓」の一日を終えることが出来ました。

そして、朝に送られてきた荷物をやっと開けることになりました。私たち二人にとって大切な方からのバレンタインデーのプレゼントでした。嬉しい。やっと元のにゃんこに戻れて・・・。大好きな物で詰まっていました。Rimg0538 前の仕事をしていた時はたくさんの義理チョコを頂いたが、これは間違いなく義理チョコではない。今の仕事が出来て、いろんな思いをたくさんの方に頂けることになって、こんな素敵な人生が待っていたなんて、最高!

少し前にも、早い目のバレンタインプレゼントを私たちが大切にしている方、Aさんより頂いていた。Rimg0544 この方もにゃんこたちが、知り合えるきっかけを作ってくれたキューピットAちゃんのお陰で、お付き合いするようになった。いつも素敵なお心を頂くので、嬉しい。

今年のバレンタインデーは大変な反省をする日でもありましたが、にゃんこにとっては最高の日になりました。

2011年2月14日 (月)

久しぶりの信州旅行

先日は3日間のお休みを頂きました。

その間に多くの方から、ご予約等のお電話が留守番電話となってしまい、本当にご迷惑をお掛けいたしました。お詫び致します。

信州への旅は初日は岐阜に泊まりました。チェックイン前に、いつもシュフ光子が、岐阜へ来たら、覗くお花屋さんがあります。かの有名な柳ヶ瀬の入口にある、「KARAKARAN」というお花屋さんに立ち寄る。P5212165

P5212202※ 「KARAKARAN」さんの画像は今回、撮らなかったので以前の撮影分を使っています。

そしていつもの「ホテルコンフォート岐阜」にチェックイン。JR岐阜駅前にあり、いつも信州への旅では中継地として使っています。夕食はいつもは、到着時間帯が遅いのでコンビニで飲み物や食べ物を調達して、ホテルで食事をするのですが、今回は少し早い目に到着したので、フロントで食事の場所のお勧めを受けて、名鉄岐阜駅の近くへ出掛けました。屋台のようなお店を見つけて、ちょっと旅の気分を味わうことにしました。おでんや串かつのメニューがあって、目の前の大きな鍋におでんが温められていて、見定めての注文は嬉しい。また串かつも目の前で揚げてくれて、私たち「あすかの食卓」は決して揚げ物はお出ししないので、自分たちも久しぶりに揚げ物を堪能しました。そして〆はラーメン屋さん。シンプルで透明なスープでした。

翌日は関市にある、「TOYO KITCHIN」の工場内にあるアウトレットへ立ち寄る。システムキッチンは見るだけで、小物も楽しみで、少し購入。以前にはなかった洋服も販売されており、にゃんこは服を試着して購入。

お昼時だったので、アウトレットお勧めのお食事処、とんかつが美味しい「明勝」でにゃんこは「とんかつ定食」、シュフは「みそかつ定食」。みそかつ定食の方がお勧めみたい。

今日の宿泊は松本の美ヶ原温泉、旅館「すぎもと」、ここもリピーターとして4度目の利用。丁寧なお料理とオーナーが拘る、オーディオや調度品。なによりもオーナーのおもてなしの心が隅々まで行き届いた丁度良い規模の日本旅館の佇まい。このことが大のお気に入り。私たちのお店作りにも随分と参考にさせて頂いた。ちょうどお雛様の飾りで、春の雰囲気が近いことを感じさせてもらった。でも朝には雪が降ってきて、春はまだ少し先かな?Dsc_0297

Dsc_0352

Dsc_0377

Dsc_0379

Dsc_0395

早朝の温泉は露天風呂で、雪が降ってくる風情を堪能。

朝の出発はいつものことながら、車をお見送りを頂いて、最後の最後までおもてなしの心に手抜きはない。さすが!

帰りは八ヶ岳山麓を目指した。ところが大切な食材の調達の目的もあった蓼科の産直が定休日。調査不足を悔やんだ。唯一、美ヶ原温泉の旅館「すぎもと」で使われている近くの味噌屋さんへ立ち寄り、購入できたことと、松本の郊外で、スーパー「TURUYA」で食材を調達できたのみ。

中央道に乗る前に、いつも立ち寄る小渕沢のホテル「リゾナーレ」。ヨーロッパの雰囲気を持ったストリートを抜けて、一番奥にある「ブックカフェ」へいつも行く。それがシュフのリクエスト。ここに寄って、信州の旅は〆となる。Dsc_0434

3日間の全行程は1,000km弱の走行でした。翌日からは、またお客様がお待ちです。

鋭気を養えたのか?、はたまた疲れたのか?にゃんこは全行程の運転で、間違いなく疲れました。

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »