2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月22日 (火)

やっぱり奈良ではお水取りが終わると春が来るんですね

”一雨ごとの暖かさ”

そう実感できるこの頃です。

「あすかの食卓」でも、お庭の植物達は確実に春を告げています。

毎日の姿が変わっていく植物に励まされています。Dsc_0313

Dsc_0319

Dsc_0336

Dsc_0337

2011年3月20日 (日)

卒業式のシーズン

近々のお客様で、お子様の卒業式に合わせて、お母様のグループでのお食事会が増えています。にゃんこには、とうに縁のなくなったことですが、「そういう時期なんだなあ」と実感しています。皆さんは一応に”ほっと一息”ということで、和やかに過ごされています。

にゃんこからも「ご卒業おめでとうございます!」

Dsc_0249

「あすかの食卓」のフロアーのお花も変わってきました。もう目の前に春がやってきています。

Dsc_0251

Dsc_0254

Dsc_0266

 

Dsc_0269_2

Dsc_0277

Dsc_0280 

Dsc_0282

2011年3月18日 (金)

”ごはん・間”オープンのお祝い

先日、私たちのお店のリフォームの建築設計を行って頂いたAIDA建築設計事務所と併設されているcafe「AIDA」は昔から私たちのお気に入りですが、今年、2月に第二店舗として、近鉄奈良駅北の東向商店街にて、「ごはん・間」をオープンされました。Dsc06187

私たち「あすかの食卓」オープンに際しては大変お世話になりました。是非、この度のオープンに際して、「心ばかりのお祝」にと、花束を持参しました。

お昼の営業時間が終わりに近い頃でしたので、ゆっくりとオーナー様とオープンのお話をお聞きすることが出来ました。

そして、ランチまでご馳走になってしまいました。

また愛娘のHNちゃんにもお会いできて、嬉しかったです。HNちゃんには、私たちリフォーム工事中は大変寒い時期でしたが、励ましに素敵なお花を持って来て貰ったのが大変嬉しかったので、今回はお礼にHNちゃんにもお花をお持ち致しました。

寿長生の郷

久しぶりにお休みを頂いて、にゃんこ&シュフ光子は滋賀県大津市にある「寿長生の郷」へ行きました。

ここはある有名な和菓子のメーカーの初代オーナー様が工場とともにお客様への還元をするために茶室やお食事処を設けられたそうです。

今は敷地内に数千本植えられている梅の木に花が咲き始める季節です。自然が相手で、梅の花を楽しめる時期は難しい。タイミング良く、丁度咲き始めたところでした。他に茶花や野草が山全体に育てられていて、季節毎に散策で楽しめます。Dsc_0218_2

Dsc_0237

Dsc_0153

シュフ光子は20年ほど前から、ここがお気に入りで、多いときは年に12回、つまり月一度、伺っていました。にゃんこは誕生記念日のお食事に連れて来て貰っています。その時にゃんこは何時もカメラを提げてきて、花の撮影を楽しみにしています。

今年は梅の花と誕生記念を兼ねての訪れでした。

いつも予約するのはお茶席付きのお食事コースで、弥生 「春旬彩」で、食前酒・福椀・先附・前菜・椀物・向附・焼物・温物・飯物・香り物・水物から構成されています。Dsc06209

Dsc06212

Dsc06214

Dsc06219

Dsc06222

Dsc06226

Dsc06230

Dsc06231

Dsc06235

Dsc06238

お食事処の天井には琵琶湖で使われていた船底の材が張られています。

お食事の後はお茶席へ行くのですが、今回も正客のタイミングで、目の前で点てて頂いたお茶を頂く事が出来ました。お茶を頂きながら、季節のお話やお茶碗・釜・掛け軸やお花の説明を丁寧にして頂けるのは嬉しい。お茶と頂く茶菓子はこのお茶席のみに作られたもので、買い求めることは出来ません。今回は「蕨餅」で、包まれた上品な餡は美味しかった。お菓子も一期一会なんですね。

ギャラリーには多くのお雛様が飾られていました。その内のひとつは珍しい「享保雛」です。Dsc_0192

Dsc_0170 にゃんこ&シュフはこちらで「おもてなしの心」を教えて貰ったと思います。

2011年3月15日 (火)

食に恋して花に夢みて

大変お待たせ致しました。

4月9日に「福島かすみ&BOSSさん」と、シュフ光子のコラボレーション”食に恋して花に夢みて”の詳細について決まりました。

「あすかの食卓」として、初めての企画となります。桜咲く春の一日を楽しんで頂ければと、ご案内をさせて頂きます。 

尚、人数には限りがございますので、満席になり次第、受付を終了させて頂きますが、どうぞお申し込みをお待ち致しております。

1

2011年3月12日 (土)

東北地方に大きな地震

以前から、言われていた三陸沖の地溝帯で、とうとう起こってしまいました。自然災害は防ぎようがない。被害を出来るだけ最少に止める策を取るしかない。しかしこれだけの規模(M8.8)の地震は今までの歴史でもないらしい。昨日のニュースでの状況で、かなりの被害が出ていることは知ったが、”阪神淡路大震災”のことを思い出した。発生当時、神戸の被害状況がまったくなかった。今回の大地震も今日になって、災害の状況が明らかになり始めた。おそらくまだまだ事実を掴むのに時間がかかると思われる。

 ニュースを見ていて、心が痛む。出来るだけ多くの方の命が助かることを祈りたい。

 被害に遇われた方には本当に心からお見舞い申し上げます。そして余震が、まだまだ続くと思われる。どうぞ安全に配慮されて、地震が収まるまで、十分にお気を付け下さい。

にゃんこのルーツは秋田県横手市。震災時は緊急以外は電話は控えなければならない。一日以上が経過して、電話をして見たが、通じない。様子がわからないので、テレビのニュースを見ながら、やきもきしている。

4年前に、定年を機に、桜前線を追いかける旅をしたのは東北地方。近畿地方には見られない、いっきに咲く桜の姿が忘れられない。まもなく長い冬から、待ちに待った春がやってくる、この時期に・・・  Dsc_0033

Dsc_0036

Dsc_0041

Dsc_0045

素敵な仲間たち

先日、私たちのお店に遅い目のお昼ごはんに来て下さったグループの皆さんですが、ちょっと、にゃんこも久しぶりに感動致しました。Dsc_0067

予約を入れて下さったのは”じいぼう”(Blogにコメントをくれます)さんです。小・中学校の同窓とのことですが、その中のお一人に目の不自由な男性がおられました。お食事が始まって、キッチンから、お食事の様子をそっと伺っていたのですが、お隣の席の女性が介添えをされています。

”じいぼう”さんの御歳から想像しても半世紀ほどのお付き合いでしょうか?途中で目が不自由になられたとのことでした。いつもグループでお食事をされたり、小旅行をされる時は皆さんで支え合って楽しんでおられるとのこと。私たちのところへは7名で来られましたが、グループは10名余りのメンバーだそうです。

誰が支えるとはなく、自然と誰かがカバーしているとのことでした。そのことをお聞きして感動でした。その時に近くにいる方が自然と支えておられることを考えるとなかなか、出来ることではない。何の蟠りもなく心が一つになっている集まりは素晴らしい。Dsc_0101

こういう感動をさせて頂けるのは、お店を始めたからと思います。皆様がお帰りになってから、シュフ光子と「よかったね」と喜び合いました。

また、お客様から元気を頂きました。

2011年3月 4日 (金)

三寒四温の季節

奈良二月堂のお水取りの時期になると、寒い日と暖かい日が交互にやってきます。そして、目の前には”春の足音”が聞こえます。

「あすかの食卓」の庭では梅も咲き、木々の新芽が準備を始めました。南天の葉は常緑かと思いきや、一挙に葉を落としました。新芽のために落としたようです。

しかし今日(もう昨日になりましたが)の天気は訳が分りません。

朝はとっても晴れて、洗濯日和。にゃんこも、たまにはお手伝い。朝から洗濯をして、干して、夕方3時過ぎには取り入れましたが、その2時間後には雪が突然、降り始めました。

Dsc02553

Dsc02552

Dsc02560

2011年3月 2日 (水)

町家のひなめぐり(高取町)に行きました

今日はシュフ光子のプライベートな用事で、お休みにさせて頂きました。

用事は午後だったので、ちょっと空いたお昼前に、前から高取町のお客様から「3月に入ると”町家のひなめぐり”があるからどうぞ」とお誘いを受けておりましたので、伺うことにしました。Dsc_0649 明日香から169号線で高取町に向かって、入口で旧道に入ると、道が細く、一方通行になっています。結構、観光客が観えていて、気をつけながら、お誘いを頂いたM様のお家を探しながら、ゆっくりと走行。

街道の多くのお家がおひなさまを公開されている様子。Dsc_0660Dsc_0656  簡単には見つけられそうにないので、途中、スタッフらしい服装の方に場所を聞いて見たが、どうも要領が得ない。諦めて、そのまま、街道の半ばくらいに、観光案内所らしき処を見つけ、また駐車場も準備されていたので、取敢えずは車を下りて、観光案内所へ入る。行事のパンフレットを見ると、かなり近い処にM様宅があるのを知った。

取り急ぎ伺ったが、残念ながらお留守の様子。ご苦労の上に、この行事にご参加されている様子ですが、皆さんは日常の生活を営みながらの行事への参加は、お留守の場合もあるだろうと推察。

ちょっと驚いたのは、通りのお家でも、そんなにたくさんの方が参加されてはいないと思っていたが、予想に反して、半分以上の方が参加されているように感じた。想像するにここまで多くの住民の方が参加されるに至った取り組み方。実行委員の方も大変だっただろうが、それに賛同されて参加協力されている住民の方も素晴らしい。

観光地としては全国的に知られる明日香もこれほどに纏まれるか?一概に比較は出来ないが、難しいと思う。明日香は自治体と公共交通機関やマスコミ等のコラボで観光客誘致策として、行事を計画されているが、住民は大字単位での協力くらいが精一杯。高取町は住民が主体として実施されている様子。明日香を擁護すると、範囲として、高取町は街道筋という線形だが、明日香は対象面積が広い故、難しい。と、にゃんこの分析。

用事の合間で、ゆっくりおひなさまを見せて頂く時間がなかったので、観光案内所内で、人間国宝の方が昭和30年代に作られたおひなさまをコーヒー(200円)を頂きながら見せて頂いた。Dsc_0667

Dsc_0676

Dsc_0686

また同じく入口入ったところに江戸時代のおひなさまとして公開されているのを見せて頂いた。Dsc_0697

Dsc_0698

お留守だったM様に手土産を持参したが、シュフ光子が観光案内所でお世話されている方に相談したところ、偶然にもM様の2軒お隣の方でした。「戻られたら、お渡ししましょうか?」と仰って頂いたので、有難く、お言葉に甘えさせて貰いました。こんなところにも、住民主体でされているんだろうなと実感致しました。ほっこりとしたところが嬉しい。なかなか時間が取れないのですが、次に時間がうまく取れたら、M様宅のおひなさまも見せて頂きたいにゃ~!

にゃんこはこの江戸時代のおひなさまが気に入った。

オーディオやカメラや雑貨と同じように、ちょっと古い目のものが好き。

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »