2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月 6日 (火)

今、明日香では飛鳥アートプロジェクトが行われています

先月の23日から今月の25日まで、明日香のほぼ全域で実施されています。詳しいことは「飛鳥アートプロジェクト実行委員会」0744-45-0744にお問い合わせ頂くか公式HP http://asuka-artproject.com/ をご参照下さい。Dsc03915

にゃんこが書きたかったのはこのアートプロジェクトに出品された方を「あすかの食卓」に今回ご案内してくれた板ちゃん。大阪の有名デパートにお勤めの板ちゃんはK's clubのかすみ先生とBOSSの仕事上のパートナー。そんな繋がりで板ちゃんは何度か「あすかの食卓」に来てくれています。

今回は珍しく、先の出展された方を含めて4名で、レンタサイクルでのご来店。先に高松塚の施設に展示してある作品を見てから、こちらへのお食事となった。13時からのお食事のコースがスタートであったので、16時過ぎに終わって、来店時に「食事後、行きたいところがある」と聞いていましたので、「行きますか?」とお聞きしたところ、「行きたい!」とのこと。

行き先は宇須多岐比売命神社。明日香の稲淵と栢森の間の人里から離れたところ。「レンタサイクルで、これから行く」とのこと。時間帯と距離・所要時間を考えると、それはちょっと無理があると思って、板ちゃんたちが最後のお客様だったので、にゃんこが案内を申し出ると、「お願いします」とのことで、MPVで早速、出発。

途中、石舞台にて「霧立つ ASUKA・・・息吹く古代の夢」という「霧のインスタレーション」が行われるところで、たくさんのカメラマンが構えている横をすり抜けて、夕暮れの美しい棚田を見ながら、目的地の神社に到着。「ここまで自転車で来れた?」って聞くと、「無理無理!」。

まず神社の入り口では45度くらいの石段が迫っていた。見上げて、尻込みするも、「せっかく来たのだから」と、TV放送で見て、「是非来たい」と希望していた女性が先頭切って上り始めた。それに攣られる様にして、全員で上る。途中の石段の踊り場で息継ぎしながら、無事、神殿に到着。

午後5時を過ぎた時間で、日も暮れかかって、随分と薄暗くなっているが、明るい時よりも、この位が、この神社の佇まいとしては良さそう。デジカメで撮影したり、お参りしたり、それぞれのアプローチがいい感じとにゃんこは思った。Dsc03874

折角の機会だから、記念撮影をお勧めしてみた。にゃんこも久しぶりに若い女性と一緒に撮って貰った。嬉しいにゃんcat(その写真は見せないにゃん)

Dsc03884

戻りは先の急な石段を下ることになるが、見下ろすことになるので、上りの時よりも怖いかも・・・「気をつけて!」

時間も遅くなっていたが、折角なので、シュフ光子とにゃんこが四季の野の花を採取して楽しむ奥明日香のスポットで、通常の観光客は来ないところ。時期的には野の花はなかったが、昔、天武・持統天皇が吉野へ行かれた道、そして明日香から吉野へのお嫁入りに篭に乗って荷物を担いで行った道と言われている古道の入り口を案内した。女性陣は興味をもったみたいでタイムスリップした気分で、暗くなった上り道を少し歩いてみた。

ちょっと珍しいところを案内したが気に入って貰えたか?にゃあcat

すっかり暗くなって、「あすかの食卓」まで戻って、飛鳥駅までレンタサイクルで帰ることになるのだが大丈夫かなあ?と思いながら、レンタサイクルの夜行用ランプをチェックすると、何と、4台の内、1台しか装備されていない。(どういうこと?)

明日香のレンタサイクルは昼間のみ走ることの想定になっているのか?今回や、少し前にも「光の回廊」という行事があって、結構、夜の時間帯に掛かる行事を行っている。この寒い?危機管理の意識。明日香に住むにゃんこは恥ずかしい。少しでも安全を願って、手元にあるLEDライトを探したが、1人分足りない。「真ん中に挟んで走る」とのこと。シュフと心配をしながら見送った。

しかし、「板ちゃんら大丈夫かなあ?」町の人は夜道でも、通りは結構明るいという意識だけど、明日香は本当に暗いよ。夜なんか真っ暗なんだから。

心配になって、帰ったであろうルートをシュフとMPVで追いかけた。行けども行けども、彼女達の姿は見えない。そして飛鳥駅へ着いた時、レンタサイクルショップの前で無事な姿を見つけた。ほっとして、「無事に着いてよかったね」「思ったより早かったね」「本当に明日香は暗いですね」「ライトを借りてて良かった」。荷物になるライトを受け取って、改札口へ向かう姿を改めてお見送りした・・・無事にお帰り下さいね。

板ちゃんはいつも、にゃんことシュフにお気遣いのお土産を持って来てくれる。そして以前に板ちゃんから頼まれたパソコンの修理が出来上がって、その修理に要した部品代と技術料(遠慮したんだけど)の入った袋。いずれも板ちゃんの優しい心遣いとセンスが感じられる。流石だにゃあcat

Dsc03899

早速、シュフと頂いた。久しぶりに美味しいチョコを味わった。チョコレートも追求すると、深そうだにゃあcatDsc03894

こんな、オシャレなにゃんこになりたいにゃあcat

仲間での忘年会用樽酒が届きました

今回はシュフ光子の提案で、忘年会用の樽酒を購入したいとのこと。あの時(約40年前)の木の香りがする樽酒は忘れられないのだにゃんcat

実はこの樽酒は約40年前に私達の結婚式に秋田の伯父様(故人)がお祝いに、と遥々持参してくれたもので、秋田・横手の「日の丸酒造」(今でも記念にその樽を残している)の記憶があったので、NET検索をすると、ちゃんと存在していた。(明治以前の創業とのこと)

事業は継続がなによりも大切なんですね。昨日、今日に始めた「あすかの食卓」とはえらい違いだにゃあcat

電話で問い合わせると、樽酒は販売しているとのこと。すぐにお願いしたい旨を伝えると、FAXかnetにて、発注下さいとのこと。樽酒には1斗、2斗、4斗樽の3種類があるとのこと(尺貫法が分る最後の年代のにゃんこ)。1斗でも1.8L瓶が10本分。十分でしょう。 「日の丸酒造」のHPからメールにて、正式にお願いした。ついでに枡(秋田杉)も10個お願いした。樽酒はやっぱり、枡で嗜むのが常套だにゃんcat

発注後、事前の連絡があって、4日目に念願の樽酒が到着しました。Dsc03867

予想より大きい感じがしました。

菰は昔のように稲藁を使わないのですね。合成繊維で出来ていました。ちょっとだけ残念。でも今や、稲の刈り取りは機械で行うので、稲藁は細かくして、そのまま田んぼに蒔いてしまう。昔のように稲を干して、脱穀した残りの稲藁は二次利用することが無くなったので、仕方がないのだにゃんcat

この樽酒は仲間内の忘年会とにゃんこの新春用の楽しみとなります。

でも、残っていて、お客様がお食事の際に、日本酒を希望されたら、ご提供することも考えています。Dsc03869

2011年12月 4日 (日)

突然に思い立って岐阜へ行きました

先日、疲れ気味だったので、お休みを頂きましたが、シュフ光子が「岐阜へ行きたい」と言い出して、ここ連日は食材の調達も兼ねたドライブで1日に200kmを越える運転を重ねているにゃんこにはちょっとキツイにゃあcat

ランチのお客様がお帰りになって、食器の片付けや清掃をして、午後6時の出発。岐阜ではいつも常宿にしている「コンフォートホテル岐阜」へは直前予約。途中、眠気覚ましにコーヒーや、にゃんこの好きな「蜂蜜入りのパンケーキ」を口に入れて貰いながら、いつものコースで名阪~東名阪で桑名東ICで降りて、木曽川の堤防道(

一般道でありながら信号がないので案外早い)を走り、岐阜羽島IC(信州へ行くときはここから入る)の横を通過。そのまま、一般道でJR岐阜駅前のホテルまでノンストップ。午後9時に到着。Dsc03796

ランチの仕事が終わって、いつもなら、賄いの遅い昼食を摂るが、直行したので、もうお腹は空き切っている。ぺこぺこにゃんcat

チェックインをして、部屋に荷物を置いて、いつも利用するJR岐阜駅と名鉄岐阜駅の間にある繁華街。夜遅くまで賑やかで、何かにありつけるにゃんcat

その内の1軒「花串庵」はよく利用する。近辺で系列のお店が4軒あるが、シュフ光子はこの屋台風がお気に入り。Dsc03749

Dsc03756

拙宅では室内で、絶対揚げ物はしない。油汚れが大嫌いなシュフ。だから「あすかの食卓」でも、お客様には揚げ物は出さない(一つの理由)でしょ。

でも外ではたまに頂く。にゃんこが串かつを食べることが出来るのは、こういう時にゃんcat

ここではやっぱり「おでん」、大根はよく味が滲みて、最高!そして大根サラダ。シュフはビールで、にゃんこはビールの次は「ほっぴー」、「ほっぴー」のある岐阜は関東圏なんだね。Dsc03758

Dsc03793

仕上げはJR岐阜駅の方に戻ったところのラーメン屋へ入った。ここは初めて。若者がよく利用するらしい。大きなTV用ディスプレーが壁に掛かっていて、ドラゴンズとグランパスのペナント等が至る所に掛かっている。こう言うのを「スポーツバー」?

にゃんこにはあまり縁がないところ。でもシンプルな「豚骨ラーメン」は美味しかったにゃあcat

サービスしてくれたお兄ちゃんは関西弁丸出しのにゃんこらをすぐ気付いてくれて、「ぼくも前は関西にいたのですぐ分かった」って。

繁華街で、酔いどれ気分は最高!

ホテルの下にあるコンビニでジュースとアイスを買って、部屋に戻る。ビジネスホテルだから狭い部屋だけど、寝るだけなら、これで十分。にゃんこはどこでも、クウ~クウ~って寝られるけどにゃあcatDsc03803_2

翌日はシュフ光子のお気に入りのお花屋さん「カラカラン」へ行って、大切な方へのお花のプレゼントをお願いした。岐阜では他にもお気に入りのところがあるが、内緒だにゃあ~んcat

2011年12月 3日 (土)

あすかの食卓はX'masモード

秋色からクリスマスに向けて、イメージチェンジしました。Dsc_1907

K’s clubのかすみ先生から、「12月に入ると、BOSSとの北海道・札幌でのイベントが1週間あるので、それまでに「あすかの食卓」をイメージチェンジしましょう」と、忙しいスケジュールの中、BOSSと一緒に来て頂いて、あっという間の模様替えとなりました。

今は素敵なクリスマスのGOOD'sでお店が飾られました。Dsc_1893

Dsc_1895 Dsc_1898 もちろん、このGOOD'sはお店にお越し頂いた方で、お気に入り頂ければ、販売出来るものなので、にゃんこにお申し付け下さい。

Dsc_1922 それぞれ、一品ものなので、売切れてしまえば追加はありません。ご了承下さい。

Dsc_1928 そして、今、にゃんこはクリスマス用のBGMの選曲中です。もちろんJAZZ系のものばかりです。中にはにゃんこの大好きな「ダイアナ・クラール」の「メリー・リトル・クリスマス」もありますよ。レアなものとしては「阿川泰子」の「カム・イン・クリスマス」。あとは演奏だけのBLUE・NOTEのJAZZなど~

すっかり、クリスマスモードになりました。

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »