2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月25日 (水)

JAZZドラマー オニツカ・タイガー

この名前を聞いて、ご年配のスポーツに関わった方はスポーツシューズ「オニツカ・タイガー」? って想像されるでしょう。 実はにゃんこもそう思ったにゃんcat

今のメーカー「アシックス」の前身ですよね。にゃんこは中・高・大で陸上競技の短距離ランナーでした。「オニツカ・タイガー」のスパイクシューズにはお世話になりました。あの白地に滑らかな横Y字形で赤とブルーグリーンのラインの入ったシューズは鮮明に覚えています。競技に入る時のスタートラインへ着く前に、シューズバッグからスパイクシューズを取り出して、素足に履くが、一番しっくり履けるように調整して、最後に靴紐を加減して結ぶ。

そういう光景とスパイクシューズの記憶は今でも鮮明だにゃんcat

しかし、JAZZの「オニツカ・タイガー」は名前のイメージが似ていますが、まったく関係ない。JAZZに詳しい方はご存知でしょう。「Tiger・Onitsuka」のことを・・・

世界最年少のJAZZのプロドラマー。(ギネスにも認定)  6歳でプロ・デビュー、7歳でニューヨークでライブ。 天才ドラマーと言っていいのだにゃんcat

実はにゃんこは、このミュージシャンの存在には気付かなかった。JAZZのジャンルに関わらず乱聴きのにゃんこなんですけど・・・

知ったきっかけは「あすかの食卓」で販売しています焼菓子を担当してくれているMIHOちゃんから、「オニツカ・タイガーって知っています?」って言われて。そして、もっとびっくりしたのは「うちの親戚の子」なんです。Dsc04437

それから意識していたら、偶然にCDを見つけた。+DVDのアルバムで、「A TIME IN NEW YORK/大我」savoy  興味津々でCafeのシステムで聴いてみた。ライナーノーツでは彼のリーダーアルバムで、なかなかいい感じで楽しめるアルバムとなっている。 レコーディング時は10歳。年齢はまったく意識しなくて、しっかりスイングして叩いている。日本やアメリカのビッグなミュージシャンと共演していると知って、納得!他のアルバムも機会があれば聴いてみたい。

Dsc04436 これからどのように成長していくのか楽しみだにゃんcat

その内、ソロアルバムも出れば聴きたいにゃんcat

にゃんことしては「マックス・ローチ」のようなドラマーになってほしいにゃんcat

2012年1月23日 (月)

半世紀ぶりのペンフレンド

今まで年賀状等では知人にCafe「あすかの食卓」を始めたことは敢えて知らせていなかった。

シュフ光子もにゃんこも知人や親戚には風の便りで届くことを願ってのことだったのです。1年以上を経過して、おかげさまで風の便りも届き始めて、思わぬ開店のお祝いを突然に頂くことにもなった。

先日も従姉のYさんから予約をいただく事になった。「埼玉から従弟のS坊が来るので、いとこ会をセッティングしたい」とのこと。最初はにゃんこを入れて6名が集まることになったが、残念ながら所用等で3名となり、にゃんこを含めて4名が集うことになった。本当に久しぶりで、懐かしい話題に4時間は短かった。また元気で合えれば嬉しい。Dsc04538

今年の年賀状では「そろそろOPENのご挨拶をしてもいいかにゃあcat」と、Cafeの風景画像と共にお知らせの賀状としてご挨拶を兼ねてお知らせをさせて頂いた。Dsc04519 Dsc_2245

その内の1通が新年早々にハプニングのお電話を頂くこととなった。にゃんこが中学生の時に、東京への修学旅行へ行ったのだが、東京での宿泊した旅館にて、浜松からも修学旅行に来ていた女子中学と同宿となった。若気の至り(決して怪しいことをした訳ではない)と言うべきか、住所交換をしたことにより、帰宅後にペンフレンドとして手紙の交換をすることとなった。高校卒業の頃まで続いたが、進学のためもあって中断してしまっていた。その後、途切れたりしながらも、細々と年賀状のやり取りは続いていた。

やがてシュフ光子と結婚してからも、執こく(シュフの表現)年賀状での挨拶は続けていた。お互いに元気で過ごしているかな?程度の確認するだけのことだったのだにゃんcat

ところが、今年の年賀状は「あすかの食卓」OPENの挨拶となった内容と、彼女のペンを取る手の障害(使い痛み)が重なった結果だと思うが、賀状を書けないことに代えての電話をして頂いたのだ。(実は彼女と言葉を交わしたのは半世紀ぶり)

最初に電話に出たのはシュフ光子。にゃんこは丁度、その時は用事で出掛けていた。戻るまでの15分ほどはシュフ光子が相手をしてくれていた。そして電話を代わった。50年前の声はまったく記憶に無く、手紙だけのやり取りでしかなかったので、初めて、声を聴くような感覚だが、話していることについては長く付き合って来た友と話しているような感じていた。(デジャヴュのような不思議な感覚)

1時間ほどの会話(彼女には電話料金の負担をお掛けしてしまった)だったが、短く感じた。この時、どんな話題だったかはプライベートなことなので明らかには出来ないが、一つだけ嬉しい話題があった。当時、全然聞かされていなかったことで、彼女の通っていた学校は私学で中高一貫教育の女子校。今では信じられないことだが異性との文通は禁止となっていた。そしてある時、その事実を先生に知られることとなり、先生より「全ての手紙を学校へ持ってきなさい」と言われて、校長先生始め、多くの先生がチェックのために全ての手紙を読まれたとのこと。

その結果、先生より思わぬ答えが返ってきた。「文通を許す」と・・・。その時、同様に提出を求められた他の生徒は全て禁止扱いで、彼女だけが許されたとのこと。半世紀ほど経って、初めて知ることとなったが、何だか嬉しいかったにゃあcat

思わぬ方から、新年早々に電話を頂いて、本当に嬉しかったにゃんcatDsc_2251

そして、思ったのは、お店を始めなかったら、このようなことは無かっただろうし、他にもにゃんこやシュフ光子の小中学や高校・大学の同窓とは普通だったら同窓会に行かない限り会えなかったのが、お店に来てくれるようになって、そして同窓繋がりで知らせて呉れたり、お蔭様で久しぶりに多くの懐かしい出会いがたくさん出来るようになった。

因みに明日は小・中学の同窓で近所に住んでいたAちゃんが予約を入れてくれて、当時のバレーボール部のメンバー8名が「あすかの食卓」で集う予定になっている。

Cafeは単なるお茶や食べ物を提供する場ではなく、シュフやにゃんこが常に願っている、本来のCafeとして、人と人の繋がりや文化的なコミュニケーションの場になれればいいなあと思っている。

それは私達を媒介として、ここを使って頂く方々が主役となって、自由に、いろんな使い方をして頂ければ・・・と願っている。若くない私達ゆえ、いつまで出来るか分らないけど、出来るだけ続けて行ければいいにゃあcatDsc04530

そのためにも、私達が形として、できることは居心地の良い空間を準備して、本や情報を集めたり、いい音楽や食を介在として、多くの素敵な出会いのサポートが出来るようにしていきたい。この歳になってCafeを始めたからこそ・・・のシュフ光子とにゃんこの役割の一つだと思っている。

2012年1月15日 (日)

北神戸・三田へ

にゃんこの2ヶ月に一度の病院通いは西神戸へ行くのですが、今回は1月12日が、その日。朝、出発前にシュフより神戸で一泊しない?と突然の提案。シュフ光子はいつも、この病院通いに便乗して三宮・元町で遊ぶことにしている。今回はどう言う事にゃんcat

「三田へ行って、小山ロールを買いに行くから」って・・・  出発時間直前に、ネットからいつも利用する元町の「ホテル東急ビズフォート」へ慌てて、ネット予約。

神戸までの高速道路料金は1月1日から阪神高速は距離別料金。上限900円で、ちょっとリーズナブルになったのが嬉しい。神戸でシュフを降ろして、病院に着いたのは予約時間にジャスト。休み中の不規則生活と例の日本酒を飲み過ぎたか?「血圧が高くなっている」と脳外科の先生からイエローカードを貰った。「様子を見て降圧剤を増やすことに・・・」看護師さんから血圧手帳を渡されたにゃんcat

三宮・国際会館地下のシュフ光子お気に入りのCafe「MOTHER MOON」にて合流。Cafeの周辺の雑貨はパリの雰囲気。久しぶりに神戸の夜を過ごすので、JAZZ喫茶「M&M」繋がりのT君に電話したが、生憎、夜勤。そして「M&M」のママも今日は早上がりの日となって、フラれにゃんこになってしまった。仕方なくシュフに「ジュンク堂書店に行くにゃん」cat  ホテルでは料金はそのままで予約の部屋より広い最上階の部屋を準備して呉れていた。こういう心遣いは嬉しいにゃんcatDsc02620

翌朝はホテルで朝食を摂って、三田の「パティスリー小山」は10時OPEN。事前情報では店頭販売は並んでの購入で、整理券発行と聞けば、早く行くに越したことはない。六甲トンネルと阪神高速・北神戸線を乗り継いで、約30分で到着。駐車場はガードマンが誘導していて、他府県ナンバーもたくさん見えている。(私達もそうだにゃあ)

まずは「ロールケーキ」ゲットに向かった。平日が幸いして、拍子抜けするくらいに簡単に購入できた。Rimg0118 しかし、この不景気な時期に、平日とは言え、これだけの集客力は何なん?この「ロールケーキ」一品がこれだけの集客力の源とは・・・どんなケーキ?帰って頂くまでが楽しみだにゃんcat

Dsc02639

ケーキのお店だけでなく、周囲にはパン・チョコレート・Cafeの多角経営。ケーキを求めたお客様もそれ以外のお店に入って買い物をする。Dsc04488

Dsc04503_2

Dsc04491_2

三田の住宅街の一角をトータルでデザインされた建物と植栽で出来ている。これが勢いのある経営の姿だにゃんcat 見せて貰いながらシュフと分析。真似はできないが、いい勉強にはなった。もう少し若ければ目標にさせて頂いたかも知れない。1時間ほどの滞在で、折角ここまで来たのだから、三田の三井アウトレットに寄ることにしたが、何も調べて来なかった。いつもの探索手法を始めた。二度ほど取材して、到着。てっきり三田にあると思ったのだが、微妙だが北神戸に位置していることが推測を外してしまっていた。Rimg0125

Rimg0130 駐車場も広いが建物の敷地も広い。神戸・須磨のアウトレットしか知らないので、要領を得ない初来場には、かなり歩かされることになった。でもここ暫くは運動不足でもあり、ま!いっか!

そして悪い予感があったが、ルクルーゼに入ったシュフは動かなくなった。あの重い鍋を両手に抱えるだけ、ご購入。店に何個あったら気が済むんにゃあcat どうやら、そのルクルーゼでお客様に、お料理をお出しする様子みたいだにゃんcat あのう?提げて行くのはにゃんこなんですけど・・・

帰途の最終目的はIKEAにて昨年末に購入した「もみの木」を返却して、その購入代金分をお買い物券に交換すること。(期限が迫っていた) 三田での疲れで、IKEAのCafeで休んで、小物の買い物をして、無事に帰宅。

1月14日は明日香地方の「とんど」

例年、正月明け、この時期に行われている。「とんど」はお正月のお飾り等を燃やす行事で、この炭で、お餅を焼いて食べると、この1年は健康で過ごせると言われている。ここ近年、飛鳥地区では子供会が主体で行う行事になっていて、子供達が大字各戸を訪問して燃やす物を集めて、竹で囲った中に藁などを入れて、一緒に燃やす。我が家では朝に来て貰ったので、その時は庭の杉葉をお願いしたが、昼過ぎには門松を分解して、飛鳥寺の南に位置する田んぼへ持って行った。Dsc04474

Dsc04485

午後6時に点火。周辺の岡地区・川原地区・小山地区でもほぼ同時間に点火されて、ここからも見えていた。

その他、明日香地方での新年明けの行事を紹介いたします。

9日では稲淵において、縄掛け神事。 Dsc04499

Dsc04498

11日には飛鳥川上流の栢森地区で対となる縄掛け神事が行われました。画像が入手次第、ここに貼り付けますね。

.

2012年1月12日 (木)

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。

ブログは随分にご無沙汰を致しました。Dsc04311

Dsc04360

門松とお花はK's clubのBOSSさんにお願いしました。餅花はシュフ光子が作ったものです。おかげさまで、「あすかの食卓」はすっかりお正月ムードになりました。営業時期でお客様には見て頂けないのが残念です。

Dsc04358

昨年12月19日より新年1月15日まで、約1ヶ月のお休みをさせて頂いております。その間にもご予約のお電話をたくさん頂きましたが、ご要望にお応え出来なくて申し訳なく思っております。

おかげさまで、シュフ光子とにゃんこは日頃出来ていないプライベートスペースの片付けや纏まった時間を要する用事にて過ごしております。日頃、親しくして頂いている方々からは「海外旅行か温泉旅行に行くの?」って言われていますが、シュフ光子は「久しぶりにのんびりとした時間を過ごしたい」と申しております。しかしながら、仕事の呪縛からは、なかなか逃れられないみたいで、プライベートスペースよりも、仕事用のバックヤードの片付けを優先しがちになっております。一方のにゃんこもお客様にサービスしている夢を見てしまって、なかなか仕事モードから逃れられない二人なのです。そういう状況でも、何とか気分転換にと、無理やりに外へ出る予定も入れました。

まず、年末には他店の研究にと、食べログで人気店として常に上位にランクされていて、ミシュランにも登録された「粟」さんへ予約を入れて行きました。たくさんの野菜を使っておられるのは「あすかの食卓」と共通な点に興味がありました。お野菜の説明には料理前のお野菜をテーブルまでお持ち頂いて。Dsc04226

Dsc04120

Dsc04133

Dsc04211 

23日にはご常連さまからお誘い頂いて、桜井・あるぼーるにてJAZZコンサート「レッドパンサー」(県内を中心に活躍されています)に伺いました。久しぶりのライブを楽しませて頂きました。紅一点、女性ボーカルの方はいい感じだったにゃんcatちなみにお誘い頂いた方のご主人様もメンバーでトロンボーンを担当されておられました。Dsc04274

Dsc04283

そして、年末の京都へは、にゃんこが大好きなお酒「月の桂にごり酒」を蔵元の「増田徳兵衛商店」へ直接に買い求めに行きました。Dsc04316

Dsc04315 このお酒はにゃんこの正月の過ごし方で外せないTV中継「箱根駅伝」を観戦しながら、頂くのです。おつまみはシュフに作ってもらう「ごまめ」で。これがなければ正月はないのだにゃんcat。ついでにシュフに付き合って「錦市場」でお正月用の食材の買い物が恒例行事になっています。

初詣はいつもの「笠山荒神」へ参詣。竈の神様でもありますので、Cafeの営業には欠かせません。この神社は山頂にあるので例年、雪に悩まされるのですが、今年はラッキーにも雪は降らなかったので、スムーズにお参りできました。Dsc04343

Dsc04344

7日にも気分転換にと、にゃんこの提案で、お伊勢さんへの初詣(ここ数年は続けています)をして、世間の正月風景を楽しみました。

Dsc02594

Dsc02604 お伊勢さん・外宮ではシュフ光子がパワーストーンからパワーを授かっています。今年はお客様のためにどんな料理を作り出すのでしょうね。

お参り後は、外宮入り口、傍にある老舗の鰻や「喜多や」さんへ寄るのも恒例になっています。シュフは「うな丼」、にゃんこは「うな重」を頂きました。どう違うの?「うな丼」は初めからタレが掛かっていますが、「うな重」はタレが別になっていて、お好みで掛けられる。入れ物は丼茶碗とお重の違い?こんな区別は鰻マニアには怒られそう。Dsc02606

お休みの間も、シュフはメニューの研究も忘れていません。突然に、愛知県・蟹江のパン屋さん「ポント・レベック」へ連れってくれへん」と言いながらランチの予約を電話で入れていました。にゃんこは「ハイハイ!」Dsc04399

よく使いこなされたルクルーゼに入ったビーフシチューは人気メニューで予約を入れておかないとご相伴には預かれません。良く煮込まれていて、美味しかった。パンも食べ放題ですが、美味しくて十分な量でした。ランチタイム以外ではイートインが可能なのですが、飲み物との値段設定がよく考えておられる。また携帯電話からの予約システムも新しい対応方法です。お客様だけでなく、ご近隣への配慮もなかなかです。お料理以外でも勉強になりました。

Dsc04373

Dsc04383

Dsc04385

Dsc04397 

あんなこんなで長いなあと思ったお休みも残り数日になってしまいました。今日はにゃんこの2ヶ月に一度の定期診断で西神戸まで行きます。

にゃんこの用事が出来たのは壊れていたパソコン3台を改造修理しただけだにゃんcat

1月16日より営業を始めますので、本年もどうぞよろしくお願い致します。

尚、一部の画像はお見苦しくなっており、申し訳ありません。ブログ用に使っているデジカメにトラブル(記録画像が白とび)発生です。(近い内にメーカー修理となっています)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »