2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月25日 (土)

岐阜・東海地方へ行く

まず今回の旅は棚を受け取りに行くのが目的でした。

場所は岐阜ですが、いつものように内緒にしているところです。午後3時頃の受け取りを約束していたので、名阪・東名阪にて、愛知県に入って、弥富ICにて一般道に下りた。時間は結構余裕が有って、津島市から一宮市に入り、名神・東海北陸自動車道にて岐阜にある現地には、ほぼ予定通り到着。

約1時間ほど掛けて、MPVに積み込めるように分解した。先方の担当の方から、「事前に分解して置きましょうか?」と言って貰っていたが、「組み立てのマニュアルが無い」とのことだったので、自分で分解することによって、組み立て方を会得して置きたかったので、「そのままで」と、お願いした。結構大きな棚なので、パーツも多く時間が掛かると思っていたが、IKEAの家具の組み立てで、慣れも有って、案外スムーズにバラせたのだにゃんcat

この棚は「あすかの食卓」入り口付近に設置の予定なので、その内、皆様にもご覧頂ける物です。なかなかシンプルでシャープなデザインです。また収納量もあるので、うまく使いこなせると思う。傷を付けないように丁寧な梱包を頂いて、無事に積み込みも終えて、お礼を言って失礼した。

明日の予定は静岡(浜松)方面なので、無理をしない様にと、岐阜の宿泊は、いつもの岐阜駅前のコンフォートホテル岐阜にて宿泊をした。翌朝、ホテルでの朝食(バイキング形式でバリエーションが豊富なのがお気に入り)を取って、10時前にチェックアウト。

最短ルートを採るために、多治見から岡崎に向かうルートをナビにて設定。一般道が主なので、初めての地域を走ることとなった。高速を使うと、地方の生活が見えないが、一般道は時間は多少掛かるが、地方のことが良く見える。そして珍しい光景にも遭遇できるので、楽しんで走行した。

しかし、今日のホテル「ホテル デイ・バイ・デイ」(JAZZのスタンダードをイメージして気にいった)は始めてのところなので、出来れば日が暮れるまでにはチェックインしたい。事前の情報では浜松の駅に近いホテルなのだにゃんcatDsc04814

Dsc04824 着いて驚いた。本当に駅近だった。駅までは歩いても5分は掛からない。そして、チェックインした部屋からは眼下に線路が見える。昔には「鉄ちゃん」だったにゃんこには、ちょっと嬉しいのだにゃんcat

Dsc04822

部屋に荷物を置いて、夕食のために駅方向に向かった。シェフ光子は鰻を食べたいと、事前に調べたら、駅付近に70軒あるとのことだったが、ホテルの場所は新しく区画整備をした地域。しかし鰻屋がある方は旧市街。結構、場所的に離れているのと、当日は気温が下がって、おまけに風が強い。食事をして、戻ることを考えると、近場が良いことになった。新しく建てられた駅ビルの地下に飲食街があると、ホテルのフロントで聞いていたので、多くは選べないが、しばらく食べていなかった中国料理を選んだ。入ってみると、こんな場所でありながら、結構、空いている。手ごろな定食を頼んだ。値段の割には良かった。シュフと「営業は大変だね」と言いながら、つい、こういう観点で気になるのは、同じ食の仕事をしているから・・・ そして途中のコンビ二に寄って、ホテルの冷蔵庫に入れる飲み物を買ってホテルに戻った。

このホテルは初めてだったが、事前の情報では、若者向き(?)のファッショナブルなホテルで、珍しく、ロビーにはフリードリンクバーが有って、自由に楽しめる。コーヒーやお茶・ジュース程度の内容か?と思っていたら、何と・・・ウイスキー・ワイン・カクテル等、アイスやおつまみも準備されていた。これは嬉しいにゃんcatSn3k0040

Sn3k0041 PCコーナーにてネットサーフィンをしながら、シェフとお酒を楽しんだ。隣同士のPCでシェフはYOU TUBEで布施君の映像を楽しんでいた。2時間くらい楽しんで、部屋に戻った。今回の部屋は予約のレベルより広い目の部屋をフロントの心遣いでチョイスして貰ったのでラッキーだったにゃんcat これから浜松では、このホテルが常宿になるかも。

朝起きはいつもホテルで泊まると、不思議にも日の出の時間に目覚める。どのにゃんこもそうなのかにゃんcat 岐阜でもそうだったにゃんcat だから、日の出を撮影することにしている。そして今回は目前の東海道線で珍しい画像をゲット。Dsc04789

ホテルの朝食は岐阜のホテルに較べてシンプルなメニューだった。

食事中に外を見ると、こんなところで仲間をチェックだにゃんcatDsc04795 Dsc04804

チェックアウトをして、知多半島の常滑を目指した。シェフと顔を見合わせて「浜松へは何しに来たん?」「このホテルに泊まりに来ただけ?」

シュフからは「ひょっとしたら、50年ぶりのペンフレンドに会いに来たのとちゃうか?」と勘繰られたかも・・・

続きは次回で

2012年2月 8日 (水)

久しぶりに映画を見に行く

先日、シュフ光子から突然、「にゃんこちゃん、映画を見に行けへん」と。言われた。「しあわせのパン」っていう映画やけど、どこでやっているか調べてくれへん。

ネット検索をすると、1月28日から、近くのアルル橿原にて上映されていることが分った。

丁度、休みにしていたので、にゃんこは以前より、ネットオーディオに興味があって、研究していた。最近はオーディオ業界も縮小気味で、マニア向けの高価な機械ばかりが製品化されている。一般向けは、近頃では音楽を気軽に楽しもうとする方法でipodやネットウォークマン、そしてスマフォで聴く方が増えている。そしてCD等のメディアを買わないで、インターネットでダウンロードをして音楽ソースを入手することが増える傾向にある。昔はLPをレコードプレーヤーで聴くかFM放送で音楽を楽しむしかなかった。今の人は幸せだにゃあcat ただ、あまりにも簡易に楽しめるので、音楽や再生機器を使い捨てにしていないかにゃあcat 一つ一つを大切に使って、聴いたように思う。そう思うのはにゃんこだけだろうか?

古い(50年前のオーディオ装置)機械も大切に使って、メンテナンスも大変だけど、古い機械は本当に愛おしく思っている。だけど新しい機械もしっかり楽しみたい欲張りなにゃんこなのだにゃんcat

にゃんこはCD等のメディアを手にしないと音楽を楽しめない。(古いタイプと言われそう)しかし簡易な方法で音楽を聴くのではなく、ネットオーディオではCD以上に高音質化(デジタル化する際にデータ量を増やす)しているものがある。そこに興味があった。でもネットオーディオも100万円を越えるような高価な機械もあるが、にゃんこはそんなものを使える身分ではない(まずはシュフ光子に叱られる)ので、そこそこで使い勝手の良い機械がマランツより出ていたので、決めた。

ちょっと前に入手していたので、接続して遊ぼうかなあと思い温存していたが、シュフに扱き使われて、なかなか時間が取れなかったので、今日こそと思っていたのににゃあcat

いつもの如く、シュフ光子とのコミュニケーションを優先することにした。映画は何年ぶりか記憶にないくらい、久しぶり。上映時間を調べると、18時20分があって、アルルまで10分も掛からないので、即、出掛ける。入り口でチケットを購入。一般料金1,300円が1,000円になった。(シニア料金適用)Dsc04698

この映画館は初めての利用。シアターブースが10ほどあって、同時に別々の映画を上映されている。知っている映画館は同時には一つしかやっていなかったので、びっくりしたにゃんcat

チケット指定のブースに入ると、若い女性が一人だけ座っていた。えらい空いているにゃんcat 席は選び放題。ど真ん中へ陣取った。この際、五感で楽しもうと、食べ物と飲み物を買いに行く。この映画館で買った物は持ち込み可。ペアセット(ポプコーンと飲み物)を持ち込む。席に戻った時に丁度始まった。

内容は北海道の湖の畔で、若いカップルがパン屋さんとCafeをするところが舞台。そこに出入りする人々との触れ合いを描いている。シンプルなストーリーなだけに、この映画を見る人によって、いろんな見方ができると思う。年齢は違えど、私達はこのストーリーに似た仕事をしているので、場面が重なる。若い人たちで、Cafeやパン屋をしたいと思っている人たちや家族の触れ合いで考えることがある人たちも共感を得られると思う。最後の方で老夫婦が死に場所を求めて来る場面はちょっとにゃんこの眼がうるうるにゃんcat

以前に見た「かもめ食堂」に似ているとシェフ光子が言っている。

私達が日頃、願っていることでCafeは飲み物や食べ物だけを提供するところではなくて、人と人の素敵な触れ合いに関われるところ、元気になって貰えるところでありたいにゃあcatと・・・

2012年2月 6日 (月)

寒い時だからこそ、お花を飾りたい

お花は野菜と違って、買う側にとっては寒さで高騰しているとは感じられない。(調達する側のお花屋さんはたいへんなのかも?)

いつも素敵なお花をリーズナブルな価格でお譲り頂く、桜井の「K's CLUB」さんは有り難い。また、月に一度、シュフ光子がお気に入りの岐阜市にあるお花屋さん「KaraKaran」さんより宅配でお送り頂くお花。そして産直へ食材調達に行き、序に買うお花が、Cafe「あすかの食卓」に飾っている。

それぞれから入手するお花はシュフ光子がお客様への「おもてなし」として大切にしているひとつ。季節が春~秋に掛けてはお庭のお花がおもてなしをしてくれるが、冬は残念ながらお庭のお花は冬眠中? だから、この時期にはテーブル等室内のお花が大切なのだにゃんcat

K's clubのお花(福島かすみ先生に直接アレンジメントして頂いた)Dsc_2245

Dsc_2285

Dsc_2292

Dsc04640

岐阜「KaraKaran」のお花(宅配されたお花をシュフ光子がアレンジ)

Dsc04659

産直で買ったお花(シュフ光子がアレンジ)

Dsc04665

3つの方法で入ったお花が勢ぞろい(にゃんこが撮影のために勝手に並べた)

Dsc04668

シュフ光子のお花に拘る気持ちは半端ではない。先日もK's clubのかすみ先生が来て頂いて、お花を入れ替えられた後、古いお花は捨てられたが、帰られた後、そっと拾って、洗面所に飾っていた。シュフ光子の頭の中はいつもお料理とお花のことで一杯。(にゃんこのことは?? そんなことはない。ちゃんと思ってくれているにゃんcat

2012年2月 5日 (日)

寒い日が続いて、食材の調達はたいへん

年が明けてから、ずっと寒い日が続いています。立春とは名ばかりで北海道や本州の日本海側はたいへんな積雪に悩まされています。にゃんこの実家は秋田県横手市。従姉との電話での話しでは例年に較べて積雪が多くて、屋根の雪下ろしに苦労しているとのこと。にゃんこはCafeをしていなかったら手助けに行っていたところ。(役に立つんかいな?)

寒さで、お庭に夜のお客様用のローソクを準備しているが、中に溜まった雨水が凍って、ローソクが破裂したのだにゃんcatDsc04685

幸いにも奈良県は積雪に悩まされることは少ないが、寒さは盆地特有の冷え込み。そして、今、最も悩んでいるのは野菜(食材の中心)の確保。例年の2~3倍の価格と流通量が少なくなっていること。明日香の産直には支えて貰っているが、欲しい野菜の入手が難しい。

しかし、シュフ光子はそんなのを理由に、お客様へ提供する料理にツケを回したくない。いつもお任せのコース料理のバージョンアップは心掛けているが、バージョンダウンは無い。

お野菜中心のCafe「あすかの食卓」の「お任せコース」は頑張っていると、食材調達担当のにゃんこは思う。シュフ光子とにゃんこは「おもてなしの心」を最も大切にしているのだにゃんcat

野菜の食材調達で案外助けられているのが、デパートの地下食品売り場。そして、和歌山の「めっけもん市場」や東近江の「マーガレットステーション」。(冬には行けないが信州も)Dsc04626

だから、お客様にはお願い。「なるべく残さないで下さいにゃんcat」 お皿に残ったお野菜を流しに捨てるのが辛いにゃんcat

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »