2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月25日 (水)

Ks'club マルシェでコラボ

にゃんこのうっかりで直前のお知らせになって申し訳ありません。

Ks'clubのあるところ、桜井の「あるぼーる」内、特設会場にてマルシェが開催されます。

ご案内の通り、多くのお店が集まって、4月28~29日の2日間、ゴールデンウイークの始まりに楽しんで頂ければ幸いです。

私たち「あすかの食卓」もお菓子部門の「百菓オーブン」が参加させて頂きます。元パティシエの「みほうちゃん」が心を込めて焼き上げたお菓子が、いつもの店内以上に多くの品揃えで臨みます。

どうぞご期待下さい。

そしてご来場下されば嬉しいにゃんcat

Dsc05773

2012年4月17日 (火)

食材調達で信州へ Vol.2

戸倉上山田温泉をチェックアウトした。

今日の行程は、まず中野市にある産直を目指す。途中、更埴の国道沿いで、産直を見つけたが、珍しい野菜は見つけることができなかった。シュフは花の種を買ってきた。余計な時間を費やしてしまったので、一般道で中野市へ向かう予定だったが、上越自動車道にて信州中野ICまで行くことにした。目的の産直はICの近くだったので、すぐに見つかった。

 産直では「きのこ類」がたくさん出ていた。そして嬉しいことに価格がリーズナブル。きのこは「あすかの食卓」での食材としてのウエイトはそんなに高くない。できるだけ種類を多く購入することを心掛けた。中では囲炉裏のようなスペースを設けられていて、真ん中に大きな鍋が備えられていて、地のきのこと味噌で、お味噌汁が温められていて、自由に試食できるようになっていた。

 中野市は新潟に近い。そして、結構寒かったので、暖かいお味噌汁は嬉しい。

ただ、食材のメインに考えている野菜類は少ない。野菜類の中で山菜系が多い。四月のこの時期は信州ではまだまだ野菜は出てこないと聞いた。ちょっと時期尚早だったことに気付いた。 出来るだけこの地ならではの山菜を買って、シュフ光子が楽しみにしている小布施に向かうことにした。ここからは20kmくらいなので、一般道を走る。有料道を走るより時間に余裕があれば、その方が楽しい。前にも書いたが、その土地のことが良く分かる。

 30分ほどで小布施に呆気ない程で着いた。いつもの様に「小布施堂本店」のパーキングに止めた。

 ランチを頂けるところへ入って行ったが、他にお客様はなかった。時間は11時30分。ちょっと拍子抜けだったが、小布施はまだシーズンオフなんだ。シーズンだったら、パーキングにも困るが・・・

 席に座って、ランチの「季節の御料理」を注文した。季節によって、そして月替わりになっており、楽しみだにゃんcat  そしてにゃんこ以上にシュフは楽しみにしている。いつもなら、八ヶ岳山麓へ行くところを、中野市にしたのは、この食事を楽しみたいためなのだにゃんcat

 最初に出てきたのは「雪割りアスパラの南蛮ソースかけ」

  Dsc05477

 

次には「炙り鯛の椀物」

Dsc05480

 

その次は「焼き筍」

Dsc05481

 

そして「春菜寿司」

Dsc05484

 

最後は「くだもの曼荼羅」

Dsc05488

 Dsc05492

春の新鮮な食材で、上品に仕上げられているお料理。(土井善晴さんプロデュース)

 短いコースだったが、「春」の味・香りがたっぷりで、目でも楽しめて、にゃんこは大満足だったにゃんcat  もちろんシュフも大満足。

時間があれば、にゃんこの師匠・葛飾北斎に会いたかったが、今夜の宿泊は松本・美ヶ原温泉の旅館「すぎもと」 ここはシュフとにゃんこの信州での常宿。できるだけ早くに着いて、夕食前の温泉をゆっくり楽しみたい。

 早々に松本へ向かう。 

 

 

2012年4月16日 (月)

食材調達で信州へ  Vol.1

今年の冬は長かった。特に雪の量が半端でなかった。また桜前線も例年に較べて、1週間は遅れている。

そんな中で、毎年この時期には長野県への食材調達に出かける。でも序に楽しみも組み入れるのはにゃんことシュフの得意なところ。

今回は奈良のcafe「AIDA」さんの情報で、中野市は食材調達には面白いと聞いていた。そこはシュフ光子のお気に入りである「小布施」に近い。その小布施にある「小布施堂」のランチを楽しみたいとの命で、スケジュールを立てた。

「あすかの食卓」のお客様からのご予約状況から、2泊3日が限界。日程から、初日には午前9時から料理のレッスンが入っている。レッスンが終わってから出発は、午後2時となった。その日には戸倉上山田温泉で宿を取っていた。温泉宿の夕食タイムは午後7時。走行距離は予定で500kmほど。

最近、にゃんこは椎間板を痛めていて、長い時間を続けての運転はアクセルを踏む右足に痺れが出てくる。おまけに前日から右耳に耳鳴りが発生して、以前から病院で世話になっている「突発性難聴」の兆候があって、レッスン中に、病院へ・・・と思っていたが、朝になって、耳鳴りが収まっていた。そんなこんなの爆弾を抱かえながら、スタートした。

いつもの信州へのルートとして、名阪・東名阪で桑名東ICで下りて、木曽川の堤防を走って、岐阜羽島ICにて名神に入って、中央道・長野道。途中、唯一、中央道の駒ヶ岳SAにてトイレ休憩のみで、更埴ICで下りて、20分ほどで、戸倉上山田温泉に無事に着いた。時間はちょうど午後7時。体調を考えると、「良く頑張ったね」と、シュフ光子は労ってくれたのは嬉しかったにゃあcat

食事前に温泉に入りたかったが、後で、ゆっくりと入りたかったので、先に食事とした。Dsc05440

戸倉上山田温泉は以前にも利用したことがあったが、本当に温泉らしい温泉で、お湯は素晴らしい。お湯にクセのない温泉が多い中で、ちょっと硫黄のようなお湯の匂いが感じられて、湯温が熱めというのは好きなタイプ。

最上階に貸切露天風呂があって、堪能した。Dsc05461

2012年4月13日 (金)

「マーガレット・サッチャー」

映画「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」をシュフ光子は観たいと言っていたので、アルルで上映されるスケジュールを調べておいた。

しかし、見られる日程の中で、ちょうど夜のお客様が予約された日が唯一なのだ。早く終われば、21時45分からの上映に間に合う。しかし残念ながら、お客様がお帰りになったのは22時近くになっていた。そして間に合う時間帯は23時40分開演。お片付けをしてからでも十分に間に合う。23時20分頃にアルルに向かって走り出した。

 ちょうど、開演前に席に着くことができた。本番が始まるまで、前CMが多過ぎる。その間に、いつも映画を見ながら、ポプコーンのビッグサイズを買出しに行った。戻った頃にちょうど始まった。私たち以外には3名のお客様。

 主演の「メリル・ストリーブ」はこの映画でアカデミー賞主演女優賞を受賞している。私たちが「メリル・ストリーブ」の映画を観たのは映画「マディソン郡の橋」以来。その間、40本くらい映画に出演されているらしい。それほどに映画を観てこなかったのだにゃcat

 「マーガレット・サッチャー」は実在の元英国の女性首相。その当時はそんなに興味を持っていた訳ではないし、「英国の首相は女性なんだ」くらいの認識だった。

でもこの映画を見て、低迷していた英国を立て直したことで、当時は「鉄の女」と言われていた政治家以外の面を知ることが出来た。Dsc05417

 小さな店を経営する娘から、強い意思で政治家を目指すが、当時は保守的な価値観で逆境の中を耐えて、首相になり、英国を立て直す。その陰では夫が支え続けたこと。そして映画では夫を亡くして、人生の坂道を下っていく姿まで描かれている。「鉄の女」と言われ、強い意思で政治を進めた。そして立派に国を救うのだが、そんな人生を歩んだにしても・・・人間、最後は一人ぼっちなんだにゃcat

 そして、この映画を観て、今の日本の政治状況から強いリーダーシップを持った「マーガレット・サッチャー」のような政治家がいれば、にゃんこは支持したいにゃあcat

 今まで、さらっと流して観られる映画が多かったが、久しぶりに深刻な思いを持って観た映画だったとシュフも言っていた。

 観終わって、家に戻ったのは午前2時ちょうど。最近は、こんな楽しみ方もいいね。ってシュフとの感想。

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »