2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 映画「レンタネコ」を観たお話 | トップページ | FUSE AKIRA あじさいコンサート 2012 »

2012年5月29日 (火)

にゃんこの同窓会

先日(5月27日)はにゃんこの県立高田高校3年の同窓会。シュフ光子に頼んで「あすかの食卓」を休みにして貰ったのだが、そういう時に限って、お客様からのご予約が殺到した。申し訳なかったのですが、お断りするしかなかった。ゴメンナサイm(_ _)m

11時半から橿原神宮前駅近くのホテルで行われた。シュフに車で送って貰って、多分、当ホテルには1~2番目に近くにいるが、開始時間直前にホテルに着いた。

以前の同窓会と違って、クラス単位の同窓会は不思議と初めての開催となった。041

クラス全員で51名(今の高校クラス定員からは信じられない詰め込みは流石に団塊世代)であったが、今回の参加は約半分の25名。メンバーによっては1年弱前に同窓の畠中画伯が近くの万葉文化館にて企画展が行われた時に「あすかの食卓」に来て貰った時以来、17年前に学年合同の同窓会以来、そして約30年前にも学年合同の同窓会以来、そして47年前の卒業以来で、本当に久しぶりに会った顔ぶれもあった。その47年ぶりの中に、当時のにゃんこのGFもいて、嬉しかったにゃんcat  彼女の元気な姿に本当に安心した。(内心、ず~と心配していたのだにゃんcat

一次会は各自の卒業以来の歩みや近況紹介を中心に、久しぶりの再会で話に花が咲いた。 まだ現役で仕事をしている者、のんびりと年金生活をエンジョイしている者、大病を患ってやっと落ち着いた者、地方自治体の議員をしている者、会社を経営している者、にゃんこと同じように商売をしている者、お寺の住職をしている者、女性陣はやはり主婦が多い。中でも前出の最も有名人となった畠中画伯。卒業後、約半世紀の生き方は25通りあって、それぞれ素敵な生き方をしていて良かったにゃんcat 

半世紀ぶりに会っても、何の隔たりもなく自然に話を始めることが出来るのは同窓っていいですよね。

残念ながら、同窓6名と担任の先生は他界されていて、参加者全員で黙祷を捧げた。次の同窓会は早い目にしないと、全員が再会できないかも・・・。毎年せいへんかという声も・・・。そこで畠中光享画伯からの提案は50回忌?でせえへんか。ということで3年後の開催に落ち着きそう。

ホテルでの制限時間は2時間30分。幹事の山崎君の提案で、事前に相談を受けていた「あすかの食卓」で二次会の参加を募ったところ、遠方参加の女性陣は難しいとのことで、20名の参加となり、飛鳥まで移動。

「あすかの食卓」はもともと収容定員が20名。そんなに来て貰えるとは思わず、嬉しいにゃんこの悲鳴が上がったが、窮屈なスペースは申し訳ないなあと思いながら、待機中のシュフ光子に時間と人数を携帯にて連絡。予想外の人数になったが、「大丈夫!まかしとき!」

20人は経験があるが、通常のお客様での雰囲気とにゃんこの同窓がはいった雰囲気はまったく違う。通常はこちらの決めた段取りで料理や飲み物をお出しするが、希望を聞き出すと、ビールやワイン等のアルコール系とコーヒーやジュース、紅茶等のドリンク系に分かれた。アルコール系のオードブル、ドリンク系のデザートと予定のない段取り。にゃんこはちょっと、パニックぎみだが、シュフ光子は「落ち着き!」と淡々と作り上げてくれた。「話が盛り上がっているので、出来た順に出して行ったらいいね」って。にゃんこもその内、落ち着いて対応して行けた。さすが、シュフやなあ・・・何とでもしてくれる。頼もしいにゃんcatと再認識。Dsc_3140

ホテルの島型のテーブル配置と違って、狭いスペースが、却って全員参加に近いテーブルを囲むという状況が話を盛り上げている様子だった。「ケンちゃん(にゃんこ)もいい加減にして話の中に入りいや!」って気を遣ってくれて、にゃんこもサービスをしながら、話の輪に入って行った。

Dsc_3143 幹事の山崎くんから、シュフの紹介が有って、シュフは同じ高校の後輩であることを紹介したが、「どうして知り合ったんや?」と切り返されて、にゃんこが戸惑っていると、シュフからバラしてしまったにゃんcat 

シュフは畠中光享画伯の大ファン(勿論にゃんこも微力ながら応援している)で、タイミングよく、今日の日経新聞・朝刊の記事で畠中画伯の挿絵の載っている新聞を突然に持ち出して、サインをお願いした。気遣った山崎君も色紙を準備してくれていて、サインをお願いしてくれて、止めに、万葉文化館の企画展があった時に、気に入って買い求めた畠中画伯のポスター(畠中画伯から1984年にデザイナー田中一光氏との作品と紹介)にまでサインをお願いした。3つもサインを貰ってシュフは大喜びだったにゃんcatDsc06278

実は卒業時に美術室へ行った時、当時、ボーやん(畠中画伯のニックネーム)と呼んでいたが、「ナベ(にゃんこのニックネーム)よかったら、俺のこの絵を持って帰れ」って言ってくれた。しかし遠慮してしまったのだ。(これこそ一生の不覚というか、後悔しているにゃんcat

山崎君からお開きの声があって、にゃんこの提案で、狭いCafeで全員の記念写真を撮らせて貰って、無事にお開きとなった。Dsc_3155

その後は八木へ移動して、男性陣のみでカラオケに繰り込んでの三次会となった。

トータルで約8時間はあっと言う間に過ぎた。久しぶりに嬉しく楽しい時間だったにゃあcat

また全員揃って元気に再会したいにゃあcat

次回も楽しみにしている。またお世話をお掛けするけど、山崎君、頼むなm(_ _)m

同窓会の写真や卒業アルバムのデジタル化データ(CD-R)の希望があれば、このブログにコメントを下さい。メールの添付ファイル(CD-Rは郵送)にて、同窓に限り送らせて頂きます。また止むなく欠席となった同窓にも送ります。遠慮なくどうぞ!!

« 映画「レンタネコ」を観たお話 | トップページ | FUSE AKIRA あじさいコンサート 2012 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

最初に写真を見たとき、正門に似てるなと思ったのですが、写真の男女の割合が男性が多かったので、うちの高校じゃないなと思ったのですが、本文を読んで母校と確認できました。近くに住んでおりますので、お店にもお邪魔させていただきます。

コメントをありがとうございます。
まさか、待っていた同窓ではなく、後輩から頂くなんてちょっと嬉しいです。
先輩は結構お越し頂いているのですが、後輩は珍しいです。
お近くとのこと、どうぞ楽しみにお待ち致しております。尚、お食事(約3時間
のおまかせコース)をご希望の場合は事前のご予約となります。よろしくお願い致します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558590/54824662

この記事へのトラックバック一覧です: にゃんこの同窓会:

« 映画「レンタネコ」を観たお話 | トップページ | FUSE AKIRA あじさいコンサート 2012 »