2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 和歌山で初めての興味あるCafeへ | トップページ | 映画「レンタネコ」を観たお話 »

2012年5月23日 (水)

金環日蝕を見ましたか?

先日の5月21日は金環日蝕フィーバーでしたね。

今回は6,800万人の方に見るチャンスが有ったのでしたが、にゃんこも少しは気にしてはいたのですが、早い段階では燃えていなかったのだにゃんcat 観測用のメガネも売られているのを横目で見ていた。

ただ、昔からそうなのですが、直前にならないと燃えないという性格(本人は悪いと思っていないのだが?学生時代の試験前の一夜漬け・・・中途半端なにゃんこ)は、にゃんともかんとも。

いよいよ、明日の朝、午前7時30分前後と意識するに従って、燃え始めて、滅多に使ったことのないカメラのNDフィルターを探し始めた。しかし簡単に見つかる訳がない。午前2時には諦めて寝ることにして、その時には、出たとこ勝負となった。

6時過ぎに目覚めて、まずは日蝕を楽しむ前に、午前8時までに「ゴミ回収」があるので、表の道路際にある所定の場所までゴミを出さなければならない作業とNDフイルターを探すという微妙な段取り。この綱渡り状態の緊張感は最高、久しぶりだにゃんcat

天候は前夜に雨が降ったりして、晴れることには懐疑的だったが、何と・・・快晴

ますます、NDフィルターを探さなければ・・・

7時10分頃にはゴミを出した。しかしNDフイルターは結局、見つからなかった。(事前に余裕を持って準備していれば間に合ったのに・・・こんな後悔を、今までに何度経験してきたことか。本当にドジにゃんこcat

開き直って、金環日蝕をデジカメで直接撮影することを諦めざるを得なくなって、日蝕が落とす光を捉えようと方針変更。

庭や室内に落とされる光をデジカメで捉えようと欠け始めた段階から撮影を始めた。

そして、光の影が不思議な形(光の環になる)になっていることに気付いた。推測では太陽光が月に遮られる訳だが、ダイレクトな光よりも、光量が減って、暗くなるのかな?と想像したが・・・

いつもの朝に撮影する時に見る光の影とはなぜか違った形になっている。(専門的なことは解らないが、これって日蝕の影響? 知っている方がおられたら教えて欲しいにゃんcat

以下の画像は日蝕が欠け始めるまでの約10分間に撮ったもの。

Dsc06205

Dsc06184

Dsc06169

そして、いよいよ金環日蝕になるだろう7時30分過ぎとなって、直接撮影を諦めてはいたが、未練がましく太陽に向かって、カメラを構えた。すると不思議なことが起こった。(NDフィルターを付けない限り、カメラでは直接に撮影は出来ないはずなのに) 信じられないことだが、雲がにゃんこに突然、フィルターをプレゼントしてくれた。それも絶妙のタイミングで・・・Dsc06224_2

そして、15分後にも、もう一度、雲がフィルターをプレゼントしてくれた。

Dsc06238

日蝕観測の場合には、普通では雲は一番嫌われる存在。

でも、この度のにゃんこには、雲が最高のプレゼントをしてくれたにゃんcat 次に金環日蝕を見ることができるのは280年後になるらしい。 いくら「化け猫」になっても見ることは無理だろうにゃんcat

« 和歌山で初めての興味あるCafeへ | トップページ | 映画「レンタネコ」を観たお話 »

あすかの食卓 日々の様子」カテゴリの記事

コメント

穴を通ってきた太陽光線が障害物に当たり投影(日向)となる時太陽の形を表します、小さい穴から通ってきた光は距離が遠くないと形がはっきりとします、ピンホール投影と言うそうです。私には原理はまだはっきりと説明できませんが、古代から知られている現象です。お送りした写真の一つ一つの光の穴が部分日食の形や金環日食の形をしているのがおわかりかと思います。にゃんこちゃんの見られたのは木漏れ日日食で写真はそのままカメラで撮れるし、眼視でも目は痛めません。味のある写真が撮れたでしょうね。   雲に掛かった日食はきれいですね!!
フィルターで撮った写真は太陽だけしか写りません、寂しい写真になってしまいます。合成写真で景色を入れるしかないか?

じいぼうさん コメント、そして珍しい画像をメールにてありがとうございました。楽しんでいますね。遊び心が大切だにゃあcat
にゃんこと違って、準備は怠りないですね。素晴らしい!ピンホールという楽しみ方もあったんだ。そこで教えて欲しいのはピンホールの画像はどのように記録したのか、気になるにゃんcat
それから「木漏れ日日蝕」サンキューです。知らなかったけど、直接撮影できない時に、視点を変えたことが、発見になったんだにゃあcat
これからの人生で二度と経験できないことは「一期一会」じゃないけど、チャンスがあれば大切にしておくのがいいかにゃあcat
「イチイチ、そんなことに関わっておられるか」と言う人生もあるけど、じいぼうもにゃんこも関わっていたいタイプなのだにゃあcat

ピンホールで映し出された像の撮影はごく普通にデジカメで撮っています、太陽に向かっているわけではないので何も気遣いません。写真でおわかりのようにただ筒状にしているのは、画面は出来るだけ暗くなるようにするため影を作って光の進入を防いでいます。
撮影する為の窓は初めは映し出される画面に近い所に斜め窓を作りましたが写った映像がゆがむ為光の進入する所の横に窓を作りそこから撮影しました、段ボールの写真を見て戴けば二つの窓があるのが判ると思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558590/54778045

この記事へのトラックバック一覧です: 金環日蝕を見ましたか?:

« 和歌山で初めての興味あるCafeへ | トップページ | 映画「レンタネコ」を観たお話 »