2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月20日 (月)

和歌山で2つ目のほんまもんのCafeを見つけました

長いお盆休みもあっという間に終盤を迎えました。いよいよ20日から仕事モードに入ります。

休みの終盤には、予期せぬ交通事故に遭ってしまって、予定が狂いましたが、それでもご予約のお客様がおられるので、待ったなしです。この時期、サラダ用野菜の入手が難しいので、困った時の・・・で、和歌山の「めっけもん広場」まで行くしかありません。車は慣れた我MPVはドック入りで、代車のレンタカー(MPV)での食材調達となりました。現行のMPVなので運転操作が随分異なる。慣れてしまえば、それまでのことだけど、やはり緊張感が増す。そしてディーゼルではないので、燃費が気になる。新しいがガソリンエンジンではやはり上り坂でのトルクは不足気味。ディーゼルターボのトルクは別格だにゃcat 

でも、オートのミッションの設計は気に入った。マニュアルに切り替えることが簡単に出来ること、とヘッドライトの出来はGood!

一時間余りで「めっけもん広場」に到着。

しかし、お盆過ぎの影響か?  お花や野菜の種類は少ない。でも文句は言っておられない。スタートから1週間分くらいは確保の必要がある。予定ほど行かなかったが、苦労しながら、何とか確保した。シュフ光子も、お花の仕入れには苦労したとのこと。水と氷を貰って、出来るだけ新鮮さを保てるように配慮しながら、帰路に着く。

まっすぐに帰ると思っていたら、シュフ光子が雑誌の情報を見ながら、「月空」っていうCafeが有るんやけど・・・

ナビで調べると、帰路から少しズレてはいるが、そんなに遠回りではないようなので、承知して、目的地をナビでセットした。国道24号から和泉方面に行く、国道480号に入った。最初は田舎の細い道で、何とか対向車を交わせる程度の道幅だったが、途中で山道に入った。堀越観音の表示に沿って走るが、四郷という串柿日本一の集落に入る頃には、絶対に対向が難しい。おまけに急カーブが尋常ではない。しかし戻るにもUターンする場所がなく、進むしかない。かなりな高度になって、下界の景色も素晴らしい様子だが、ドライバーはそんな余裕がない。とにかく脱輪だけは避けたい。本当に緊張した。

やっと、それらしい処に到着。しかし、驚いたことにパーキングは満車状態。10台はあるだろうか? こんなところは多分空いているだろうと予想していたが・・・これってどういうこと?  続いていた緊張感と、着いた安堵感と、パーキングの状況で、しばらくは放心状態の「にゃんこ」となったにゃんcatDsc06868

Dsc06853

Dsc06856 シュフ光子、今日は下見って言っていたが、簡単には来れないことが分かり、Cafeの中を垣間見て、「ほんまもんや!」って。石窯のピザがお勧めらしいが、かなりの時間待ちになるらしく、早く出来るのは「チキンカレー」とのこと。食材をあまり長い時間、車内に留めたくないので、「チキンカレー」とアイスコーヒーのセットを注文した。屋内は混んでいるので、外のテーブルでと思っていたが、空いたので、中に入って下さいと案内があった。Dsc06845

100年以上は経っている、藁屋根の古民家を改装してあって、キッチンも素敵だ。そして入口にあるピザ用の石窯には火が入っていて、熱いし、煙が充満していた。

案内された座敷には自然木の大きなテーブルに座布団が用意されていた。間もなく、「チキンカレー」と「アイスコーヒー」が運ばれて来た。 

Dsc06886 ウオーターは山の湧水を使っているとのことだが、あまり冷たくなかったのが残念。山中で涼しいが、座った場所はそんなに風は抜けていない。また、建具が開け放たれて、天然クーラーだが、座っている周りを、結構、「虻」が飛び交って、近くの女性グループから時々、悲鳴があがっている。こういう時は「あすかの食卓」でも使っている、ラケット型電撃退治器(ホームセンターで買える)を置いておけばいいのにねって、シュフ光子が言っている。Dsc06892

右の写真はにゃんこがやっつけた虻なのだにゃんcat

虻を気にしながら、急いでカレーを頂いた。前の相席のカップルさんに、「ここはどうしてお知りになりましたか?」って聞くと、「雑誌で」とのこと。シュフが見つけた雑誌と一緒とのことだった。やはり、雑誌の影響は大きいと感じた。私達の後からも、つぎつぎに来訪者がある。

ところで、ずっと気になっていた事があるのだにゃんcat

それは、にゃんことしては、このCafeの名付けの元となった、にゃんこ「月ちゃん」と「空ちゃん」に会いたいのだにゃんcat いったい何処にいるのだにゃんcat 1時間あまり居たが、会えなかったにゃんcat

残念だけど、早々に失礼することとしたにゃんcat。相席のカップルさんや、同時に到着して言葉を交わした方に、「お先に失礼だにゃんcat」と挨拶をして、帰路に着いた。

下りはジェットコースター的に降りるのかなあと思っていた。でも、一度通ったコース。不安感は消えて、唯一、「上がってくる車に会いませんように!」っと祈りつつ・・・広い道に下りた時はほっとした。

2012年8月19日 (日)

あすか夢の楽市で「軽トラック市」開催

昨日、「あすか夢の楽市」にて、「軽トラック市」が行われました。Dsc07314

毎月、第三土曜日に定期的に開催されます。今回は「あすかの食卓」の焼き菓子やコンフィチュールを出品致しました。

経験豊富なパティシエのMIHOちゃん(百菓オーブン)が菓子製造担当スタッフとして出店に参加しました。Dsc07309 製造だけではなくて、機会があれば販売にもできるだけ多く関わり、お客様のニーズや関心をダイレクトに伺える良い機会と思います。

この「軽トラック市」は先月に続いて、2回目となります。先月は参加していなかったのですが、始まってすぐに俄か雨に遭って、出店者の方たちは困られたようでした。今回はそのようなことがない様に祈りつつ、様子見にシュフ光子も行きました。

お盆過ぎとは言え、まだまだ残暑が厳しく、また、この市も始まったばかりで、認知度の浸透が浅いようで、来店される方は通常の日のような状況です(にゃんこが見た時)。しかし、そのような中でも、結構、お客様が興味を示して頂き、特に「軽トラック市」では、コンフィチュールやクッキーの試食を準備させて頂いたので、大変お気に入り頂いて、コンフィチュールを2つも買って頂き、手応えを感じることが出来ました。

これらの商品は、この「あすか夢の楽市」や「あすかの食卓」にても販売致しております。同じ商品をコンスタントに販売するのではなく、季節の果物を使っていきますので、季節で変わっていく商品として楽しんで頂けるものと思っております。

今回も、終了前に俄か雨が降ってしまいました。(これは影の声ですが、「あすか夢の楽市」の店長さんは雨男だとか?・・・)

「軽トラック市」ではいつも雨の対策が必要なのかにゃんcat

MIHOちゃん、お疲れ様でした。そして、また来月も頑張って、参加して下さいにゃcat

2012年8月18日 (土)

京都で開催されている「KATAGAMI」展へ行きました

シュフ光子が以前から是非行きたいと、予てから日経新聞の配達店にお願いして、「KATAGAMI」展のチケットを入手していた。そして、やっとお盆休みを利用して、車で行くことにしたが、走り出して、中和幹線から京奈和道へ入る直前の土橋南交差点で、右折渋滞の停止中に後部から追突されてしまった。相手方は若い男性ドライバーだったが、前方不注意で、おまわりさんに来て貰って、事故処理をして貰った。車も走行に支障のない程度の損傷でにゃんことシュフも急いで病院へ行くようなダメージもなかったので、そのまま京都に向かった。Dsc07267

予定は1時間ほど遅れたが、「KATAGAMI」展はゆっくり見る時間はあった。型紙は染に使うものであることは知っているが、今回の展覧会はその型紙が海外へ流出して、ヨーロッパのアールヌーボやアメリカの工業製品のデザインに影響を与えた等の調査結果を披露された。

初めて知ったし、影響を与えたデザインは素晴らしい。シュフ光子のお気に入りの分野で、それぞれ別行動で一生懸命に見学した。江戸時代の日本人の美的感覚の素晴らしさに改めて感動した。かの浮世絵と同様に、西洋美術や工芸に大きな影響を与えたんだ。工業製品では、今では自動車とカメラくらいだが、震災復興の力で、海外にお手本となるような分野で頑張れにゃんcat

京都へ来たついでに、錦の「有次」に寄った。お食事のコースで毎日使っている卵焼き器が、傷んで来て、シュフ光子が前から、買い換えたいと言っていた。今使っている卵焼き器は40年前に購入し、ずっと使い続けて来た。そろそろ替えて上げなければ、と思っていたにゃんcat  Dsc07282

そしていつものコースとして、一乗寺の恵文社に寄った。シュフ光子は少し不機嫌で、どうやら以前はたくさん置いていた料理本が、かなり少なくなっていた。にゃんこは今日の展覧会の影響で、杉浦日向子著「粋に暮らす言葉」を買った。シュフは東信・椎木俊介著「Encyclpedia of Flowers」を買った。

この時期の京都は祇園祭も終わって、少し落ち着いている時期にと、今回に行くこととなったが、通り道の八坂神社や清水寺やっぱり観光客は多い。そして京都は暑いにゃんcat

でも今日は久しぶりに交通事故に遭って、ツイテイナイにゃんcat  でもこの程度の事故で済んで良かったのか?にゃんcat

2012年8月 2日 (木)

暑中お見舞い申し上げます

暑い毎日が続いております。

こういう時期は無理をなさらないで下さいにゃcat

「あすかの食卓」では雨が降らないので、庭の大切にしている樹木や草花への水遣りが欠かせません。毎朝、7時過ぎには約1時間ほど掛けて水遣りをしています。にゃんこが朝起きると、まず最初の仕事になっています。 暑い時期に冷たい水を扱うのは気持ちの良いものなのですが、ちょっと辛いのは、庭木に潜む蚊に襲われることです。殺虫剤のスプレーを片手に、もう一方の手では当然、水遣りのホースでの作業です。どの樹木や草花に水を遣るかを考えて集中すると、蚊が襲ってきます。朝から緊張した戦いとなっています。

この時期は朝から蝉の鳴き声で賑やかです。皆さんもお感じでしょうが、蝉の声は爽やかではありません。暑い夏の象徴のように感じます。しかし、「あすかの食卓」の庭で育った蝉でもありますので、ちょっと可愛いとも思っていますにゃんcat Dsc07184

                         Dsc07189

そうして、今の時期にはもう一種の仲間がいます。それは蛙です。梅雨の時期には「アマガエル」が主役でしたが、今は「トノサマガエル」 雨が降ると独特の鳴き声で鳴くのですが、雨が降らないので静かです。Dsc07183

Dsc07197

また、この時期はシュフ光子が食材の調達で苦労します。野菜中心のコース料理なので、その入手と保存が、この暑い時期は大変なのです。もちろん冷蔵庫は活用しますが、新鮮で、パリっとした野菜の維持は難しいのです。本当に頑張っていると思うにゃんcat

先日もお休みの日には、和歌山の紀の川市にある、日本で一番規模が大きい産直市場と言われている「めっけもん広場」への食材調達に行きました。往復で3時間ほど掛かりますが、保冷のための箱や、新鮮な状態でお花を持ち帰るバケツ(水を入れて)は必需品です。 これもシュフ光子が、Cafeスペースに季節の美しい花と新鮮なサラダ等をお客様に楽しんで頂くために心配りをしている一つなのだにゃんcat 

Dsc07204

しかしながら、8月に入り、お盆が近づくと、市場で売られる食材が変わります。「あすかの食卓」でのお食事のコースでは50~60種類の野菜や豆・根菜類を使っていますので、入手が困難となります。ですから、ご迷惑をお掛け致しますが、8月10日~8月20日の間は休業とさせて頂きます。ただご予約のお電話は、その間でもお受け出来る日はございますのでよろしくお願い致します。

まだまだ暑い日が続くようです。皆様にもどうぞお身体にはご自愛を下さいますように・・・にゃんcat

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »