2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 東京からのご常連様 | トップページ | 奥明日香に遊ぶ »

2012年9月15日 (土)

近江・五個荘に初めて行きました

私達にとっては近江地方は大切な食材調達の場所の一つになっています。

特に東近江はそのメインと位置づけていて、今まで近江八幡はシュフ光子がお気に入りで、お菓子の調達に「たねや」や「クラブハリエ」へは良く出掛けました。街並みやお堀もきれいに保存されていて、特に春や秋の季節は人気の観光地になっています。

しかし今回はにゃんこの提案で「五個荘」へ初めて行くことにしました。「てんびんの町」と称しておられて、近江商人の町の一つなのですが、隣町の「近江八幡」へは何度も行っているのに、この五個荘には今まで縁がなかったのだにゃんcat

初めてなので、ナビの目的地を何処に設定すれば良いか分からなかったのですが、五個荘観光センターという項目があったので、そこにセットしました。奈良から宇治田原経由で京滋バイパス「南郷IC」から名神「竜王IC」で下りて、国道8号線に入って、無事に「五個荘」に着きました。

観光センターのパーキングに車を止めて、まずは案内所で、いくつかの観光案内パンフレットを頂きました。 そんなに広い地域でもなさそう。但し、残念ながら、当日は主な観光施設は休館日でした。(行き当たりバッタリの得意な私達なので事前の調査は出来ていなかったにゃんcat

仕方なく、町並みを楽しむべく、歩き出しました。浄土真宗「弘誓寺」裏側の寺前・鯉通りから入りました。この寺は立派な伽藍でしたが私達以外はどなたも居られなかった。

迎えてくれたのはお堀の立派な鯉。 Dsc07478 人馴れしているのか、堀端に立つと足元まで寄って来ます。歓迎してくれているようで嬉しいにゃんcat Dsc07422 悪戯をしないように水面上には堀と平行に30cm間隔でピアノ線が引いてあって、保護されています。悪戯する人間がいるのでは?自然っぽく感じられないのが、少し残念。 しかし大きな鯉が近寄ってくる様は不思議な感じです。カメラを向けるとポーズを取ってくれそう。(本当は餌が欲しいんだにゃんcatDsc07477

各建物の壁にはこの地域独特の材料として、船板(使われなくなった船の廃材のリユース)が使われています。Dsc07470

通りを東に向かって、3軒が片まっている近江商人屋敷を外から見ることにしました。Dsc07502

Dsc07509 そして花筏通りを上がって、あきんど通りを車を止めた観光センターまで戻ることにしました。

各お屋敷は公開されていますが、この日は休館日で入れないので1時間あまりで戻りました。開館していれば半日コースにはなります。

この辺の国道8号は良く通るので、開館のタイミングに合わせて、また来ることにする。因みに9月23日(にゃんこの頼りない記憶なので、本当に行かれる方は事前に確認して下さいにゃcat)はイベントで、各施設は無料となります。よろしければどうぞお越し下さいにゃcat

こじんまりとした町ですが、きれいに保存されてお勧めです。また来たいにゃんcat

« 東京からのご常連様 | トップページ | 奥明日香に遊ぶ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

堀のピアノ線はたぶん鳥害防止だと思います、鷺イサギなどが鯉を撮り?に来るようです

言われてみればそうですね。人間の悪戯対策でなくて良かった。
五個荘の皆様、ゴメンナサイにゃcat

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558590/55658697

この記事へのトラックバック一覧です: 近江・五個荘に初めて行きました:

« 東京からのご常連様 | トップページ | 奥明日香に遊ぶ »