2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« フランス北部のノルマンディに向かいます | トップページ | いよいよパリに向かいます »

2012年10月15日 (月)

モンサンミッシェルに来ました

木骨組みの街並みから150km、ついにモンサンミッシェルの姿が見えました。Dsc08876

幸い天気も良さそうで、横で「私が来たからよ」って・・・・・

高速道路を逸れて、いよいよ向かいます。バスのパーキングは宿泊者と入れる区域がゲートで制限をされています。私たちはゲートを通れました。そして、先に各自で昼食を摂りました。私たちは添乗員さんが予約してくれたモンサンミッシェルで有名な「ふわふわオムレツ付ランチ」を頂きました。にゃんこは飲み物にこの地方名産「リンゴシードル」付で。

昼食を摂って、シャトルに乗って、傍まで行きます。

Dsc08910

近辺の海辺は潮の満ち干が激しく、対策の工事中。こういうのを見ると、この巨大な修道場はヨーロッパ独特の石の文化だにゃcat

ここには男子の修道者が住まい、一般の住人もおられるとのこと。また女子の修道者は毎日通って来られている。入り口からは現地のガイドさんのサポートも得て、内部に入って行きます。ここは障害者対策は無理です。自力で石段を登るしかない。

イギリス軍が攻めてきた時はここまで落とされたと聞いて想像するしかない。

詳しい説明は下手ににゃんこがするよりもガイドブック等で参考にして下さい。にゃんこは自分の見た印象を記録しています。

ここに使われている石は海側の遠くに見える島から運ばれた。石には数字が書かれていて、その数字が運んだ者の給料を示しているとのこと。Dsc09069

中の礼拝堂です。

Dsc09090

中庭です。下からは想像出来なかった部分です。庭って大切なんだすね。

Dsc09186

 Dsc09222 この車の中に人間の男が入って、ネズミ

のように動く力で回転させ、下からの荷物を吊り上げたそうです。

この蓋はワイン倉庫だったそうです。

Dsc09237 Dsc09263

上に小さく見える島から石が運ばれたそうです。

Dsc09352

このすずめは逃げないんです。だからにゃんこの餌食?

そんなことはしないにゃんcat

大雑把な説明でごめんなさい。出発の時間が迫っていて、パリからの本当に最後のブログとさせて頂きました。

次は帰国してから、パリに入るまでの風景とパリの雰囲気とシュフ光子との珍道中を記します。パリ近郊で出会った可愛いにゃんこもお見せしますにゃんcat

« フランス北部のノルマンディに向かいます | トップページ | いよいよパリに向かいます »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

お帰りなさい!
ノルマンディ 郊外にはいろいろ有るんでしょうね!!!
私はパリだけしか知りません、お上りさんのコース、エッフェル塔、美術館、凱旋門、ムーランルージュ、テームス川の遊覧船、ぐらいかな、
でも地下鉄と百貨店はおもしろかった。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558590/55896322

この記事へのトラックバック一覧です: モンサンミッシェルに来ました:

« フランス北部のノルマンディに向かいます | トップページ | いよいよパリに向かいます »