2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« またまた布施明コンサートへ | トップページ | フランス北部のノルマンディに向かいます »

2012年10月14日 (日)

シュフ光子、にゃんこを連れてのパリ行き

11日(木)より、ご予約を希望されたお客様、ごめんなさい!

関空までは車で行くことにした。方法はいろいろ検討したが、関空の預かり業者の情報を知人のEさんに教えて貰って、ネットで探すと、6日間預けても、5000円ぽっきりが有って、やはりドア・ツウ・ドアが楽でいいにゃんcat 特に帰りを考えると・・・

11日午前11時30分関空より、エアフランスのパリ直行便に搭乗しました。しかし、その前にスムーズな出発とは行かなかったのは、さすがシュフ光子とにゃんこ。まず、出国審査で、シュフが手荷物で持っていた「ヘアムース」がひっかかった。担当官に食って掛かったが、どうしても飛行機に持ち込むのであればと、エアフランスに確認されて、別扱いの荷物で8000円掛かります。一言、「じゃー要りません」でちゃんちゃん!

にゃんこは出発エリアのスタバにて、シュフに買って貰ったカフェラテを飲んで時間待ち。思い立ったように、知人のBさんに携帯メール。ウケを狙ったのが行けなかった。気づくと搭乗時間が過ぎていた。ゲートまで「急げ!」 途中で、にゃんこの名前がインフォメーションされてしまった。こんなところとで有名になってどうするにゃcat(しかし飛行機の時間を遅れさせたわけではありません。エアフランスの案内係りの女性には迷惑をお掛けしました。)

ブリッジを渡って、機内に入ると、キャプテンが優しそうな顔で、迎えてくれて「ボン・ジュール」  にゃんこは「メルシー」

何しろ、シュフ光子は初海外、そして初飛行機。しかし、ラッキーなことに窓側の席で、外の景色を楽しみながらの空の旅。 テイクオフの時も案外、普通にしていました。にゃんこはシュフがもっと怖がるかにゃあcat と思いきや、ちょっとがっかり!

コースは北半球回りなので、どの辺を飛ぶか、予測を立てていたが、気づくと、あっという間に中部山岳地帯、北アルプスの上空にいました。Dsc08187

そして能登半島から、佐渡島の上を飛んで、日本海上空に出ると、ロシアの樺太からモンゴル。Dsc08267 高度は11,000m.

中央アジアを経由して、ロシアの北極海沿岸に沿って、Dsc08306

スカンジナビア半島の付け根から、スウェーデン・デンマーク、ドイツの上空を飛んで、フランスに入り、現地時間午前11時30分、パリ国際空港に無事に着きました。Dsc08338

途中、気流が乱れるところがあって、揺れましたが、概ね安定したフライトでした。

優しいキャプテンはフライトの腕前もさすがに優秀だにゃんcat

シュフ光子が空港ロビーで、一息。Dsc08355_2

                                               パリ国際空港は世界で二番目に大きい空港で、降りてから、シャトルに乗って、やっと、入国審査、荷物の受け取りが完了したが、フランス北部、ノルマンディ地方にある都市の一つ、ルーアン(この日のホテルのあるところ)行きのバスは大幅に遅れていた。

このタイミングはまず、サッカーの試合で「日本ーフランス」の開催とファッションの「パリ・コレ」、おまけに「パリ・モーターショウ」の3つが重なって、周辺道路は大渋滞。

これから先は思いやられるにゃんcat

このブログは今日、やっとパリに到着。ホテルに入ってWiFiに接続出来たのだにゃんcat

パリからのブログアップはちょっと嬉しい。

« またまた布施明コンサートへ | トップページ | フランス北部のノルマンディに向かいます »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

パリから書き込みが出来るんだ!! さぁすがニャンコどん。
空からロシアを見てこれだけ説明できるって驚愕!!
ごゆっくり うまそうなおフランスを楽しんで下さい。

じいぼうさん コメントをありがとうございます。このコメントもパリからです。
自分のPCさえ持っていけば、ネットさえ繋げれば、国内と同じでした。只、これはホテルのWihiを借りていますので、どこでも繋げるかと言えば、そうではなさそうです。でも実証出来ましたにゃんcat
国内と違って、ちょっとレスポンスが悪いです。尚、携帯もフランスへ持ち込みましたがにゃんこはAUを使っているので、自分で設定変えをするだけで、メールや通話が可能でした。料金は多少変わりますので、パケット数にはご注意だにゃんcat
明日、帰路につきます。シェフ光子は今度は2週間くらい滞在したいと言っております。お守りは大変だにゃんcat

追伸・訂正です。 

先ほど送った下記メール、携帯アドレスが間違っていました。再送します。

 ●正しい携帯アドレス  

 ●携帯番号  


シェフ&おにゃんこ様

楽しいフランスの旅の土産話!19日にお聞かせ願います。

ところでご旅行中申し訳ありませんが11月6日に5名

お伺いできますか?  

          
  

上村 さま コメントをありがとうございます。
シュフと元気に旅を続けております。帰ったら、お土産話がたくさんあると思います。世界遺産シャルトル大聖堂の庭ではフランスの可愛いにゃんことニアミス出来ました。嬉しかったにゃんcat
11月6日の件は帰国後にチェックしてお返事を差し上げますね。
それから、このコメントの本文に個人情報は書かないで下さいね。誰にでも見えるので。先ほど編集をしておきましたので、以降は大丈夫だにゃんcat

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558590/55885323

この記事へのトラックバック一覧です: シュフ光子、にゃんこを連れてのパリ行き:

« またまた布施明コンサートへ | トップページ | フランス北部のノルマンディに向かいます »