2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月20日 (日)

雪の中、長浜まで

年末年始の休暇から、明けて営業を開始して、間もない日がお休みとなった。

1ヶ月近く休んだこともあって、なかなかエンジンが掛からない。家でのんびりするか?それとも食材調達に出かけるか? シュフとにゃんこは迷っていた。 というのも天気予報で西から雪雲が迫っていて、特に近畿北部は50%以上の降雪がテレビで予報されていた。

雪を避けて、和歌山方面は大丈夫だろうけど、先日に紀の川市の「めっけもん広場」へ行っている。 行きたいのは久しぶりの東近江地方なのだにゃんcat 念のため、インターネットで衛星からの雲の動きを確認すると、やっぱり滋賀県は雪の確率が高いし、行きたい長浜など、かなり厳しそうだ。

ただ、日中の最高気温は5~7℃であることに期待して・・・行くか!

もしダメだったら、その地点で引っ返せばいいと、決めたにゃんcat

いつものコースを選んだ。 女寄峠も都祁も雪景色にはなっていたが、道は乾燥していた。 名阪道路に出ると、雪の心配はなかったが、甲南地方に入ると、雪景色の様子が違ってきた。田んぼは雪で真っ白。 シュフが突然・・・「あれ? サルや」 道から100mほど離れた雪の上には雀?ではない。ちょっと大きめのピーナツ?が20粒以上? 野生のサルが田んぼで餌拾いをしている姿。 もし雪景色でなかったら気づいていない。 にゃんこは雪中での緊張したドライバーだから、視野の隅で、瞬間的に捉えた。

車を止めて、デジカメで撮影したかったが、急いで先に進めることを優先した。

水口町や日野町では新しい雪が降ったらしく、雪の色がきれい。路肩の雪も結構多い。もし状況が悪くなれば引っ返す覚悟で走行していた。

愛荘町の「マーガレットステーション」では、いつもと同じ遅い時間帯では、野菜は売れてしまっているのだけど、雪が幸いして、お客様は敬遠したか、結構残っていた。ラッキーだにゃんcat  たくさん買い求めることが出来た。 そして展望台(4F)に上がって、雪景色を撮った。Dsc00007

このままでは長浜までは無理かもしれないが、セメテ、彦根までは・・・

多賀大社あたりは一段と雪の量も多くなった。 しかし彦根に入ると、雪が少ない。山間部と平野部では雪の降り方が違うんだにゃcat このまま長浜まで行けるか?

Dsc00071

ところが米原では雪が降り出して、雪景色も変わってきた。走る道は出来るだけ、通行量が多い道を選んでいるので、雪混ざりのジュルジュル状態だけど、凍結はしていない。Dsc00086

走らせているMPVは雪道では最悪の駆動がFRでノーマルタイヤだけど・・・国道8号は正解だった。

Dsc00093 目的の長浜まで、無事に到着。有名な「盆梅展」も始まっているが、到着時間は午後5時になっていたので、いつも寄るH・Oに1時間いた。 あまり遅くなると、気温が下がって、道が凍結すれば帰れないので、急いで、北陸道・長浜ICから名神で帰路に着いた。幸い、除雪車等の世話にはならずに済んだので、スムーズに走ることが出来た。

2013年1月 7日 (月)

新年早々の珍客?

朝にプライベートスペースで着替え(?にゃんこが・・・)をしていると、シュフ光子が、「ちょっと来て!」って。

慌てて半分しか着替えていない出で立ちで、Cafeスペースに飛んで行くと・・・

シュフのいう中庭を見たけど・・・?     「イタチやと思うねけど」

でも姿が見えない。 出て行ってしまったんかなあ?と思って眺めていたら・・・想像もしていなかった石灯篭の上に突然現れた。目の前で大胆不敵な態度だにゃcatDsc09848   

庭に現れる鳥たちや小動物たちを自分たちの存在に気付かれずに眺められるのはCafeスペースと庭との間に全面の複層ガラスで仕切った壁面のためなのだにゃんcat

お客様も食事を楽しみながら、庭の景色を眺めていて・・・目の前で鳥が飛び交っているのを見れるのは不思議な空間ですね!って良く言われています。

シュフが言うのですが、「逆に、ガラスの中にいる自分たちが鳥や小動物に見られているようだね」って。建物の中にいるのですが、自然の木々の中にいるような錯覚を起こすことがあります。

接近していながら、お互いに気にしなくていられる。このように自然な姿の鳥たちやイタチやタヌキの姿をブログでお見せ出来るのだにゃんcatDsc09855

2013年1月 5日 (土)

あけましておめでとうございます

お陰様で、「あすかの食卓」は新しい年を迎えることが出来ました。

本年もどうぞよろしくお願い致します。

にゃんこは新年を変わった形で迎えました。敢えてそのような新年の迎え方を決めていた訳ではないのですが、ゆとりを持って大晦日は過ごすつもりでしたが、結果的には遅くまで片付けをしてしまって、お風呂に入っている時に新年を迎えることとなりました。

バスに浸かっている時に、近くの飛鳥寺の除夜の鐘を聞いておりました。

お正月三箇日の予定は決めずにいました。シュフ光子とお祝いの食事をお昼にしながら、初日に取り敢えずは例年の「笠山三宝荒神」さんにお参りすることにしました。ここは昔から「台所の神様」と言われていて、幼い頃から竈に「笠山三宝荒神」の御札を貼っていたことを思い出します。この神社の詳しい謂れは3000年前に遡るらしいのですが、私達のとっては「台所の神様」としてお参りすることが大切なんです。Dsc09770

また、昔にお参りした近くの「橿原神宮」や「三輪明神」は参拝者の多さが、苦手なので、この仕事を始めようと決めてからは、毎年、「笠山三宝荒神」にお参りすることにしています。

そして三箇日を過ぎた1月4日に伊勢神宮へお参りを致しました。昼前にいつも伊勢に向かうルートとして、高見峠を越えて、伊勢に向かいます。櫛田川沿いの国道を走るのですが、信号はほとんど無くて、景色も綺麗で快適な道です。ただ、冬は雪が降ると苦労します。今回も飛鳥を出発する時には小雪がちらついていました。そして気温も-1~ー5℃で道が凍結している可能性もありましたが、走れなかったら引っ返せばいいということで決行。

案の定、心配することもなく2時間ほどで伊勢神宮外宮に到着しました。駐車場へもスムーズに入れました。参道には神の使い?としての馬が迎えてくれます。前回は会えなかったが、今回は会えました。普通の馬とは違いましたね。にゃんこも、この馬のように上品になりたいにゃcatDsc09796

お伊勢さんも三箇日を外すと参拝客も少なくて、ゆったりとお参りすることが出来ました。

お伊勢さんは今年は20年に一度行われる「式年遷宮」の年に当たります。各社は準備の最中でした。Dsc09827

お参りした後はお決まりのコースで、外宮の近くの鰻屋さんで食事をすることにしています。「喜多や」さんで、創業は明治43年で100年以上の老舗。鰻は稚魚の関係で値段が5割も上がってしまったが、ここの鰻は愛知県一色産。シュフ光子とにゃんこはお気に入入りで、美味しかったにゃんcatDsc09841

帰路は国道165号線だったが、時間も遅くなって、気温が下がっている上に、峠越え。道の脇には雪が残っていて、路面も凍結寸前。青山高原越えは本当に神経をすり減らせたドライブとなりましたが、何とか無事に帰り着きました。

帰宅して、テレビのニュースでは岐阜県高山のトンネル内でワゴン車がスリップしてトラックと正面衝突の事故。3名が亡くなったとのこと。  

冬のドライブは慎重に走ってくださいにゃcat  

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »