2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月31日 (日)

大阪高島屋 ラ・ヴィアン・ローズへ行きました

先のブログで書かせて頂いた大阪高島屋でのカール・フューシュさんのBest Flower Arrangement 「ラ・ヴィアン・ローズ」へ行きました。Img012

行くに際して、最も気になっていたのはシュフ光子が提供させて頂いたカゴや器がカールさんによって、どのように使われたのか? そして本当に使って頂けたのか?

その危惧が無用に終わったこと。 え~・・・拙宅に普段何気なく置いていた、あのカゴや器が、まったく別物に見えるような使われ方をしていたことに・・・

いっぱい写真を撮りました。(多くなりますが、是非見て頂きたいので・・・)

Dsc01007

Dsc01016

Dsc01015

Dsc01023

Dsc01021

Dsc01026

行われている7階の会場へ伺って、担当の方にお聞きすると、30分後にはカールさんによるお客様からオーダーを受けて、その場で花束を作られるイベントが始まるとのこと。

その時間を利用して、地階へ行き、野菜や食品を見に行くことにしました。シュフ光子は近くで買えない珍しいスパイス類を買っていました。

イベントが始まる時間になって、会場に戻ると、カールさんの花束作りが始まっていました。 お客様から花束のお贈りする目的を聞いて、会場に飾っている花を選び、手際良く、手の中で束ねていくカールさんの手の動きがスムーズで躊躇がない。 あっという間に希望に叶った花束が完成する。

Dsc01081 そしてオーダーされたお客様に手渡されて、記念写真のサービス。 お客様の皆様は感激されていました。そしてこのイベントを見ておられる観客の皆様からも拍手が送られました。

シュフ光子も「私も作って貰いたい」と係りの方にオーダー。

カールさんからは用途を聞かれて「あすかの食卓」のテーブルに飾りたいと伝えた。先日、カールさんにお越し頂いているので、イメージを分かって頂いているようでした。Dsc06925

そして作って頂きました。そして、記念写真を撮って頂いたにゃんcatDsc06928

P3300452

親しくさせて頂いている大阪高島屋のIさんに、カールさんとの記念写真を撮ってもらって、カールさんと通訳のAさんにお礼を言って、その場を失礼しました。

そして隣のブースで特別に展示されているKUSUMIティーへIさんに案内して貰った。KUSUMIティーはパリの空港で見て以来。シュフ光子が気に入っているブランドです。

パリの空港で買った以外のTeaをセレクトして欲しいと・・・Iさんにお願いして、購入したのがこのバッグとTeaです。Dsc01120_2 シュフ光子はこのフランスの香りがするブランドが大好きです。このTeaは気分が良ければお客様にお出しするかも・・・

因みにこのKUSUMIティーはこのイベントが終わっても、6階で販売コーナーが常設されるそうです。

そして今回のイベントで1階の正面入口にカールさんの作品がありました。ここにフランスの風がまさに吹いているように感じる素晴らしい作品です。にゃんこの稚拙な腕前ではとても、そのフランスの風を表現できませんが・・・恥ずかしげもなく載せてしまいました。(カールさんごめんなさい)Dsc06950

 

2013年3月28日 (木)

フランスのフラワー・アーティストのカール・フューシュさんが来訪

先日、「あすかの食卓」へフランス人でフラワー・アーティストのカール・フューシュさんが来訪されました。

なぜ、この「あすかの食卓」へ・・・?

と申しますと、シュフ光子が40年前からコレクションしているカゴや器を3月27日~4月1日の期間中、大阪高島屋にて「La Vie an rose~ラヴィアンローズ/ナチュラルビューティスタイル展」に使うためのセレクトをすることが目的です。

お忙しいスケジュールの中、フランスから関西空港に朝、到着されて、その足で直接、この明日香まで来られました。

カゴや器を収納している部屋を見回して、迷うことなく、使う物を選んでおられるのは凄い感性だにゃcat と思いました。 中庭の金魚を見られて、「これも使おうかなあ?」と冗談を交えながら、あっという間に約20点ほど選ばれて、ちょうどお昼タイムになったので、事前に準備したシュフ光子のランチを同行のAさん(昨年秋に「あすかの食卓」でフランスのライフスタイルのレクチュアをされた)と高島屋のスタッフで親しくさせて頂いているIさんと、この催しの担当をされているMさんに召し上がって頂きました。

ランチは定番のスープ、前菜・サラダ、和食の膳、デザートで、フランス人のカールさんは始めてお迎えするので、少し心配していましたが、召し上がって頂いたので、シュフ光子はホっとしていました。Dsc00904

食後は楽しそうな会話で、旅のお疲れは有ったと思いますが、和やかにお過ごし頂いている様子でした。 カールさんは時々、外の庭に目を向けられて、咲いているお花を見ておられるようでした。カールさんはフランスで広大な敷地の庭を持っておられて、お花等の植物をたくさん植えられて、牛も飼っておられるとのこと。それに較べて豆粒のような、この庭をどのように見られているのでしょうね。Dsc00697

Dsc00727

そして次のご予定もあり、荷造りや車への積み込みはカールさん自らも動かれて、アーティストは気難しい方が多いというイメージを持っていたのですが、気さくで、とってもフレンドリーな方です。

お帰りの間際に、ご無理をお願いして、記念撮影をさせて頂きました。Dsc_5557

大阪高島屋でのイベント期間中の3月29日に「あすかの食卓」は営業をお休みとさせて頂いて、カールさんの作品を鑑賞させて頂こうと予定を組んでいます。シュフ光子のカゴや器がカールさんによって、どのように生かされたのか? シュフ光子はとっても楽しみにしています。

私達のお客様やこのブログを見て頂いている方、是非、大阪高島屋へお出掛け下されば幸いです。

2013年3月 5日 (火)

暦の上では啓蟄

今年の梅は咲く時期が少し遅れているようです。

「あすかの食卓」でも、お店の中や外のお花は大切にしています。 でも今年はお花も露地物は遅いようで、2月中までは入手に苦労をしましたが、やっと、春らしいお花が出始めたにゃんcat

お花が少なかった分、今年は鳥たちが賑わしてくれています。(前のブログでご紹介)

先日も和歌山の紀の川市にある「めっけもん広場」へ食料調達に行きました。道路より見える梅も結構咲き始めていました。特に葛城の道に沿って走る、山麓線は季節ごとにお花を楽しめるルートなので、お勧めです。

「めっけもん広場」ではお野菜等の購入とともにお花も探しています。やはり奈良に較べて和歌山は暖かいんですね。春らしいお花が出始めました。

今はその花で店内を飾りました。Dsc00652

Dsc00656

Dsc00660

Dsc00663

外にあるお花は「さくらんぼ」と「さんしゅう」です。 この木は明日香産で近くの産直「あすか夢の楽市」で販売されています。大きな枝のものは「迫力があっていい」とシュフ光子が好きなので買ってきました。Dsc00674 

この「垂れ梅」はお隣「法満寺」さんのお庭に植えられているものです。Cafeフロアからも見えます。有難い「借景の庭」となっています。

Dsc00675

このトールペイントで描かれた「お雛様」は以前に、真菅の吉川先生宅へ出張パーティをご依頼された時に頂いた物で、内容的にはお店に飾らせて頂く時期が限られます。この素敵な絵を皆様にも今だけ見て頂けます。桃の節句が過ぎましたが、3月中頃まで飾らせて頂いています。Dsc00653_2

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »