2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

2013年4月24日 (水)

ゴールデンウィークはお休みになります

日頃は「あすかの食卓」をご利用頂き、誠にありがとうございます。Dsc01575

4月25日~5月7日の間は、誠に勝手ではございますが、お休みとさせて頂きます。
5月8日以降のご予約は5月1日より、お受け出来ます。どうぞよろしくお願い致します。
Dsc01584

お客様より「海外旅行に行かはるの?」って言われておりますが、そんなんではなくて、日頃出来ない部屋の片付けとか、シュフ光子&にゃんこは年齢もそこそこ、いっておりますので、少し骨休めを兼ねてと言うことで、ご了承賜りますようお願い致します。

ゴールデンウィークの明日香はお花がキレイな時です。 
レンゲも咲き始めています。

この季節、皆様にとっても素敵なお時間をお過ごし下さいにゃcatDsc01609








Dsc01693

2013年4月18日 (木)

「あすかの食卓」にとって産直の存在

多くの方はご存知と思いますが、4月14日に旧耳成高校跡地にJAならけんによる「まほろばキッチン」がグランドオープン致しました。

「あすかの食卓」も食材の調達には苦労しておりますので、大きな期待をもって、このオープンを楽しみにしておりました。
でも、残念ながら私たちにとっては期待していたものとは、ちょっと違ったにゃんcat

野菜類のラインナップは極・・・普通

そして、困ったことに、今まで来られていたお客様が大規模産直の「まほろばキッチン」足を向けられる。近くに有って、食材調達には重宝している「あすか夢の楽市」の野菜類の出品に影響してしまっているようだにゃんcat  本来ならば、春真っ盛りの、この時期は多くの野菜で棚は埋められるが・・・空いてしまっている。
期待して来られるお客様も「まほろばキッチン」へ足を向けられてしまうという悪循環が出来てしまう。Dsc00851

この「あすか夢の楽市」は明日香村が農家のために「第6次産業振興策」の一環として、この他にも「あすか夢販売所」等3箇所の産直を運営している。 明日香村はこの現状をどのように見ているのか?分からないにゃんcat
シュフとにゃんこは深刻に考え過ぎているのだろうか?

願っているのは、明日香村では生産者と消費者(近隣都市も含めて)がお互いに良い関係にあるような仕組みが出来始めていた。そこに「まほろばキッチン」が出来て、お客様は集客力のある方に向かったので、バランスが崩れてしまったと思われるので、明日香ならではの野菜のラインナップや売り方等、明日香村も何らかの対応策が求められる。

Dsc06617 私たちは長野県・和歌山県・滋賀県・愛知県・岐阜県・兵庫県等多くの産直を見て、利用して来ました。Dsc00788 そして、それぞれの産直には地域性が有って、JA主体のものや民営化で運用されている等、特徴があって、消費者と生産者が良い関係となる工夫がなされている。
奈良県はスタートが遅かった分、他県の産直の研究が進んでいるはずだにゃんcat
それなのに・・・どういうこと?


私達「あすかの食卓」はお野菜が命です。
TPPや第6次産業の詳しいことは分かりませんが、新鮮なお野菜を安定的に入手したい事。そして地野菜や珍しいお野菜の生産と供給の積極的な取り組みを是非、お願いしたいにゃんcat


Dsc08680

















(イベントのご案内)

 「あすかの食卓」の菓子部「百菓オーブン」のMちゃんが参加しております。
 頑張って、美味しいケーキ・クッキー・コンフィチュールを準備して
 皆様のお越しをお待ち致しておりますにゃんcat
Img014

2013年4月16日 (火)

布施明さん ご結婚おめでとうございます

先日、朝にお客様をお迎えする準備をしていた時、にゃんこは恒例のメールの朝チェックを行うためにPCを立ち上げた。Dsc01426

WEBのTOPページにトピックスが出る中に、「布施明さんご結婚」という活字が目に入った。

これはエライこっちゃにゃんcat このブログを見て頂いている方なら、お分かり頂いていると思いますが、シュフ光子は大の布施明ファン(15歳の時からの筋金入り)。

にゃんこの頭の中では、この知ってしまった事実を・・・どうしよう???

シュフに伝えたら、これからの仕事に何らかの影響は、多分避けられないにゃんcat

しかし伝えなかっても、「にゃんこ! 何で言わんかったんや\(*`∧´)/」って怒られそうだにゃんshock  これはやっぱり言うしかないにゃんcat

そして覚悟を決めて「布施くん、結婚したで!」  「嘘やろ?」  「今、ネットに出ている」 「誰とや?」 「森川由加里」 「それ誰や?」 「歌手で、ショー・ミー~の」 「何でそんな・・・・と?」 「そんな話は4月1日に聞きたかったわ」  「車のナンバーをふ12-18にせんで良かったわ」 「もうコンサートは行かへん」・・・後は訳のわからん、むちゃくちゃなやり取り。

納得できずに、自身でWebを覗きに行った。そして戻ってきて、「意気投合して・・・」ってどう云う事(# ゚Д゚) ムッカー  ・・・また自分で火に油を注いでしまったにゃんcat

この日はお客様へのお料理を作りながら・・・シュフは「どういうことやねん?」 にゃんこは「そういうこと!」 お客様へのサービスに影響を及ぼさないように、気を使ったにゃんcat  

今、シュフ光子は布施明の最新のCDやDVDに夢中で、そのタイトルは「Way of the Maestro」  そのイメージで布施くんを見ているので・・・・・イメージが全然、合わんって

ずーっと独身で居て欲しかったみたい。 もし結婚するにしても、許せるくらいのビッグネームな女性?

でもにゃんこは「そら無理やでぇ!許したらなあかんと思うにゃんcat」 男は年齢が行くに従って、寂しくなるんやから・・・と同情的。 特に布施くんはお母さんを最近、亡くしてしまっているから、弾みになったんと違うかにゃcatDscf0779

暫くは、落ち着かない「あすかの食卓」が続きそうだにゃんcat

今は出来るだけ、「触らぬ神に祟りなし」

にゃんこは内心、「にゃんこの小百合さんも人妻だし・・・・・」

昨晩はcafeスペースで80インチのスクリーンをセットして、音声をオーディオに繋ぎ「Way of the Maestro」のDVDを見ながら、「布施明さん、ご結婚おめでとう」って、二人で祝福したにゃんcatRimg0032

にゃんこは赤ワインで・・・、シュフはビールで・・・(ヤケ酒気味?)

Rimg0038

この素敵な迫力あるクリスマスローズと水仙はお客様よりの戴き物。 これを戴いた経緯は・・・

前日に高校の同窓Mさんが4名で、ここでミニ同窓会としてご案内頂いた時に、アルコールを召し上がられたが、にゃんこはうっかりでその代金のご請求を忘れてしまった。翌日、Mさんにその旨をお伝えしたら、早速、ご利用のお客様が代金をお持ち頂いたのだにゃんcat その節にお手土産で「よろしかったら!」っての頂いた物。にゃんこのミスで大変お世話をお掛けすることになったけど、嬉しかったにゃんcat

ありがとうございました。そして反省をしています。

 

2013年4月 4日 (木)

明日香の夜桜 2013

昨夜、仕事が終わって、突然にシュフ光子から「石舞台の夜桜を見に行けへん?」

前日の雨の後で、朝から気温が下がっていた。にゃんこにとっては寒いのは苦手だにゃんcat

でも、友人の「じいぼう」さんから、メールで石舞台の夜桜を撮ったメールが届いていて、興味も有った。 革(?)のジャンパーを着込んで、シュフに「行くにゃんcat」って言っていた。

車で現地へ行くと、結構、見物客で賑わっていた。パーキングもいっぱいで、石舞台を少し過ぎた空き地に空きスペースがあって止めることが出来た。

石舞台の外からもライトアップされた桜を楽しめる。Dsc01181 因みに、このライトアップは今週(4/7)まで実施されています。石舞台への入場は有料となっています。(にゃんこが高校生の頃は田んぼの真ん中に石舞台があって、自由に石の上に上って遊んでいたにゃんcat今は史跡の保存で整備がなされて、景観維持の費用の一部を入場の方にご負担頂いている。)

にゃんこ達は村民なので無料となっているらしい。入口におられた担当の方は顔見知りの地域振興公社の方で、「どうぞ!」って入れて頂いた。 ライトアップは大きな発電装置で運用されていた。そのお蔭で、桜のライトアップによって幽玄な空間を演出されていた。

Dsc01187 多くの方がカメラを下げて、楽しまれていた。結構、若いカップルの姿も有って、桜との記念撮影に余念がない。にゃんこは桜の撮影を楽しんでいたが、勿論、シュフ光子と桜の競演は忘れないにゃんcat

Dsc01240

Dsc01294

Dsc01386  ライトアップが終了する、9時前まで、夢中になって時間を過ごしました。桜もちょうど満開に近くなっていて、グッドタイミングでした。

今週いっぱいは美しい夜桜は楽しめそうだにゃんcat

2013年4月 3日 (水)

明日香の桜 2013

2日前に仕事を終えて、カメラを下げて、ぶらりと甘樫の丘に登りました。

飛鳥川に掛かる橋を渡って、豊浦側の登り口から上がることにしました。その登り口の桜もちょうど盛りを迎えていました。上り始めたところからは飛鳥川沿いの桜でピンク色の雲海のようで素敵でした。Dsc_5637

Dsc_5654 ここからの上り坂はかなりキツイのだにゃんcat 最近、ジムをサボっているにゃんこは少々辛い。足には乳酸がすぐに溜まるし、酸素を要求して息を吐く勢い(だジャレ?)心臓は苦しいと言っているが、何とか登りきった。

頂上の桜を見て、下の眺めを見て、疲れが急激に収まってきたにゃんcat

ここからは感動の景色にしょうもない言葉はいらないにゃんcat

Dsc_5672 Dsc_5675

Dsc_5699

Dsc_5705_2

Dsc_5730

Dsc_5933

にゃんこなりの感じた景色、でもカメラはいつも難しい。 この美しさはなかなか表現できないので、駄作を当てにしないで、ほんまもんに行ってみて下さい。 桜は峠を越えているけど、もう少しは楽しめます。

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »