2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 中学生の修学旅行で民泊体験の受け入れ Vol 1 | トップページ | 中学生の修学旅行で民泊体験の受け入れ Vol 3 »

2013年5月21日 (火)

中学生の修学旅行で民泊体験の受け入れ Vol 2

起床して、早速に朝食の準備。Dsc04293
シュフ光子が準備したメニューは「ピタパン」。
初めての料理で、作り方を教わりながら、楽しそう。難しい料理ではないので、お野菜とスクランブルエッグやハムをピタパンに詰めて・・・

皆で作った朝食でいただきま~す。
Dsc04299

そして食後はいよいよ、本日のCafeスタッフとしてお仕事が始まる。

それぞれ役割分担で、「はるかさん」はCafeスペースの清掃。
Dsc04319                                                                                                                                                            

「らいむちゃん」はお店入口の路地の清掃。
Dsc04320                                                                                                                                                                                                                                          

「はるかちゃん」はお庭のお花への水遣り。
Dsc04327

環境整備の仕事の次は、シュフ光子が準備した本日のメニューで使う食材の調理のお手伝い。
お昼前にお客様が見えて、いよいよCafeランチのコースが始まった。
テーブルにお水を持っていくことから始まって、食前酒、そしてスープでは具材を入れて、お客様のテーブルへ・・・そしてスープに使われている食材の説明。
次は前菜・サラダの盛り付け。シュフの指示に従って、出来るだけ美的に盛り付ける。前菜・サラダでは25種類ほどの食材を使うので、真剣な手付きはかわいいにゃんcatDsc04329

Dsc04332 そしてテーブルまで運ぶが、高く盛ったサラダを崩さないように運ぶのはかなり難しい。(いつも運んでいるにゃんこでも緊張) 緊張な面持ちで運んでくれた。
そして2つのメイン料理では、2つめには和食膳。 たくさんの器にそれぞれ食材を盛り付けために真魚箸(先が細くて、料理の盛り付けに使う)を使って、なかなかの可愛い料理人。

途中、ちょっと疲れた様子が見えたので、シュフ光子がお隣の同校男子生徒が摘んでくれた差し入れの苺を使ったデザートを作って、Cafeテーブルでちょっと休憩。
Dsc04344

そして最後のデザートと飲み物まで、それぞれの使っている食材の説明を3人で分担して説明出来た。
Dsc04345 お客様には中学生が卒業旅行での民泊体験で、手伝って貰っていると説明させて貰っていたので、最初から最後のコースまで暖かい目で見守って頂いた。
                                                                              Dsc04353

3名とも初めての経験とのことだったが、本当に頑張ったし、良い経験になったとにゃんこは信じているにゃんcat
皆で最後にお客様をお見送りして、本日のCafeのお仕事は無事に終了。
「はるかさん」「はるかちゃん」「らいむちゃん」のほっとした顔と、頑張ってやり遂げた充実感で溢れていたにゃんcat




そしてお片付けを終えて、頑張ったのでお腹が空いたにゃんcat
賄いでシュフが「パスタ」を作ってくれました。Dsc04358







夕方は近くにある「飛鳥寺」へ行きました。そこでは同校の生徒や3名のクラス担任の先生がおられた。Dsc04361
一緒に記念写真を撮って、次に「万葉ミュージアム」へ行った。






入口の「せんとくん」との記念撮影。皆、めいめいのポーズ。決まっていたにゃんcat
Dsc04365
館内へ入場して、催しは「万葉華模様」とアラーキー・操上和美による「うつせみの鏡時空の舟」は万葉集を学んでいない中学生にはちょっと難しかったようだにゃんcat そしてアラーキー・操上和美の写真はもっと難しかったかな? 館内でこの万葉ミュージアムが建築される前にあった「飛鳥池工房跡」の説明をボランティアの方に説明頂いたのが、参考になったかにゃんcat
夕暮れになって、戻り、近隣の散歩で、シュフ光子・にゃんこ・3名の全員の揃った写真がないと、気になるお隣にいる男子生徒に頼んで、シャッターを切って貰った。
Dsc04369





そして、「あすかの食卓」に戻って、ティータイム。 年齢に関係なく女性には幸せな時間なんだにゃん
Dsc04375







疲れを取るためにもお風呂タイム。 頑張った汗を流して、ちょっと遅めのディナー。

メニューは本日のお客様に使った「前菜・サラダ」と「お野菜と海鮮のグラタン」「スープ」「エンドウ豆ごはん」
Dsc04376




食後の散歩をしてから「おやすみなさい」

« 中学生の修学旅行で民泊体験の受け入れ Vol 1 | トップページ | 中学生の修学旅行で民泊体験の受け入れ Vol 3 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558590/57427431

この記事へのトラックバック一覧です: 中学生の修学旅行で民泊体験の受け入れ Vol 2:

« 中学生の修学旅行で民泊体験の受け入れ Vol 1 | トップページ | 中学生の修学旅行で民泊体験の受け入れ Vol 3 »