2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 中学生の修学旅行で民泊体験の受け入れ Vol 3 | トップページ | 中学生の修学旅行で民泊体験の受け入れ 第2弾 Vol 2 »

2013年5月29日 (水)

中学生の修学旅行で民泊体験の受け入れ 第2弾 Vol 1

前回と同じ要領にて、中学生の修学旅行での民泊体験の依頼がありました。
今回の受け入れは神奈川県海老名市の中学校の生徒さんです。前回は3名の女生徒でしたが、今回は4名とのことです。
入村式は高松塚・芝生広場で行われるですが、迎える車の乗車定員の関係で、シュフ光子は友人のEさんにお願いして、2台でのお迎えとなりました。
飛鳥駅到着の予定時間が30分遅れているとのことで、公園の高台へ上がって待つことになりました。2回目でもあるので、気持ち的には少し余裕があったのと、今回はお預かりする生徒さんのプロフィールカードを貰っていたので、お顔は前もって分かっていた。
広場に全員が集まり、入村式が行われ、終了後に紹介されることになった。私たちの生徒さんは最後のクラスで、・・・居た!居た!
「しおりちゃん」「なつみちゃん」「ゆりえちゃん」「ちさとちゃん」の4名。
前回のように同じ名前の子はいなくて、ほっとしたが、4名の内、血液型B型が3名も・・・?展開を想像したにゃんcat

2台の内、にゃんこの車に4名全員、乗って貰って、我が家「あすかの食卓」に到着。

Cafeスペースに荷物を置いて、初顔合わせのミーティングを行い、日が暮れかかっているので、すぐに明日香を見渡せる甘樫の丘に案内した。急坂を小休止を2回とって、フーフー言いながら頂上へ・・・下の景色が見えた時に・・・ワーって歓声が上がった。 気に入って貰ったようなので嬉しかったにゃんcatDsc04446

大和三山・藤原京・飛鳥寺・飛鳥京のことを簡単に説明して、暗くなる直前で、下山した。

早速、荷物を運んで、部屋に入って、まずは旅の疲れを取るにはお風呂。前回の中学生は3名全員で入ったが、今度は4名が別々に・・・(B型だから??)

そして夕食の時間が予定より遅くなった。夕食のメニューはシュフ光子が庭でのバーベキューも考えたが、梅雨が近づき、蚊が出初めていたので、室内でとにゃんこが提案。その結果「お好み焼」と「チーズフォンデュー」に決めて貰った。Dsc04462

全員で準備して、「お好み焼」をシュフに焼いてもらって、「チーズフォンデュー」はメイメイにフォークで食材に溶けたチーズを付けてのパーティで、それぞれの住んでいる地域や生活、嗜好の違い等でコミュニケーションを図ることが出来ました。初めて会って、すぐに同じ屋根の下で生活するという不思議な体験は全員にとっても本当にドラマティックで興味深いにゃんcat

多分、皆んなの頭の中はフル回転していると思う。

楽しい夕食もあっという間過ごして、全員で片付け、消灯までの時間はお部屋で過ごして貰うことにして、おやすみなさい。

翌朝は7時起床、まずは朝のティータイムをしながら、今日の予定を伝えて、行動開始。まず9時までは環境整備で、各自分担を決めた。

開始前にシュフ光子に準備して貰ったエプロンを付けて、全員整列。Dsc04469

「シーちゃん」は店前の路地の清掃、Dsc04477

 

「なっちゃん」は庭の清掃、Dsc04480

 

「ゆりえちゃん」は庭の植裁への水遣り、Dsc04472

「ちさとちゃん」は店内の清掃。Dsc04483

Dsc04490_2 Dsc04493_2 それが終われば、今回の修学旅行のメインテーマである「ピカピカ作戦」の実行。全員が雑巾を持参。 そこで、Cafeスペースは全面ガラス張りなので、4名で分担して磨いて貰ったにゃんcat 本当はにゃんこの仕事だったけど、サボっていたので助けて貰ってピカピカになったにゃんcat環境整備が完了して、次はいよいよ楽しみな朝食。Dsc04514_2

自分たちの朝食準備をした。シュフ光子に準備して貰ったピタパンで中にアボガド、エビ、野菜を詰める作業は焼いたピタパンは熱くて、悪戦苦闘。頑張って作らないと朝食は当たらないので、皆は必死。見ていて可愛いにゃんcat スープはミネストローネにパルメジャーノ・レッジャーノ(擦り下ろしたのはちょっと控えめのちさとちゃん・・・「シェフにもっと力を入れて!」 ここから後の行動に気合が入ったにゃんcatDsc04526_2

Dsc04537_3

9時になったので、近くの産直「明日香夢の楽市」までにゃんこ&4名で食材調達。シュフよりオーダーの有った食材を買う。じゃがいも、野菜の選び方を学んでのお買い物。戻る途中では「水落遺跡」では、団体の見学会に潜り混んで、遺跡の説明を聞いた。Dsc04547

シュフ光子に買って来た食材をチェックして貰った。「エライ時間が掛かっていたけど、よーく吟味してくれていたのかな?」(ちょっとイヤミっぽい言い方だったので、水落遺跡で話を聞かせて貰っていたにゃんcat

いよいよ、お客様が来店する時間が迫ってきたにゃんcat

本番は次回のお楽しみだにゃんcat

« 中学生の修学旅行で民泊体験の受け入れ Vol 3 | トップページ | 中学生の修学旅行で民泊体験の受け入れ 第2弾 Vol 2 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ふふふふ 次が楽しみ!  手に取るように子供達の行動が解る。 にゃんこちゃんの文才か?

じいぼうさん あんまりプレッシャー掛けんといて下さい。
寝不足になったら、シュフに怒られるのだにゃんcat
「にゃんこ、いい加減にしいや」って

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558590/57479064

この記事へのトラックバック一覧です: 中学生の修学旅行で民泊体験の受け入れ 第2弾 Vol 1:

« 中学生の修学旅行で民泊体験の受け入れ Vol 3 | トップページ | 中学生の修学旅行で民泊体験の受け入れ 第2弾 Vol 2 »