2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 中学生の修学旅行で民泊体験の受け入れ 第2弾 Vol 3 | トップページ | 中学生の修学旅行で民泊体験の受け入れ 第3弾 Vol 2 »

2013年6月 2日 (日)

中学生の修学旅行で民泊体験の受け入れ 第3弾 Vol 1

今回は浦安市の中学校の生徒さんを受け入れることになった。
但し、前2回と違うのは、1泊2日。 体験型の修学旅行とのことだけど、シュフと、一体何を体験して貰えばいいのかなあ?
二人で考え込んでしまった。
いっしょに、いつもの生活をすればいいんだにゃんcat

入村式は万葉ミュージアムにて、午後2時30分集合。この日も「あすかの食卓」ではお客様がおられる時間帯。
仕方なく、シュフ1人に任せて、にゃんこがソムリエ・エプロン姿のままで、途中で抜け出して、受け入れに行かなければならない。

ミュージアムのホールに着くと、既に生徒さん達は到着していて、整列していた。
受け入れ家庭が、受付でネームプレートを受け取って、クラス別に集まって、ホール内へ案内された。
入村式が始まり、終了とともに生徒さんと家族の方がご対面。
Dsc04825
にゃんこにも4名の女生徒さんを紹介されて、まずは笑顔でご挨拶。「よろしくお願い致します」
「あやのちゃん」「まいちゃん」「りほちゃん」「ちさとちゃん」
早速、ホールを出て、駐車場へ行って、荷物をリアに積み込み、近いので、あっという間に、お客様のおられるCafeスペースに案内。大きな荷物はキッチンの奥に仮置きして、Cafeテーブルの席に着いて貰った。
りんごジュースを各生徒さんに飲んで貰いながら「少し待っていてね」と・・・
Cafeの仕事を体験して貰うにも、ほぼ終わりかけている段階だった。
お客様がお帰りになるタイミングを待って、これからの予定について、ミーティング。
特に希望がないとのことだったので、お任せで、まずは5時に閉門となる石舞台古墳の内部を見せて上げたかった。
急いで、車に乗り込んで、石舞台駐車場へ、間に合った! 
石舞台古墳の周りには、他の中学生の団体が大勢、集まっていた。
古墳の内部に案内したら、最初はビビっていた子も、古代人が作った巨岩の遺跡に驚いて、この異次元空間のような体験には感動してくれたと思うにゃん。
Dsc04827
今までの預かった子達には案内出来なかったのが、残念だが、また来た時には必ず案内するからね。
外に出て、大きな石と全員で背比べ。
Dsc04834






日が暮れ掛かってきたので、いつも皆に案内している甘樫の丘に急いだ。雨も止んでいるようなので、頂上まで行けるかにゃんcat
東側パーキングに車を置いて、川原展望台方向から登ることにした。途中、この丘は国営で、散策路には万葉植物が植えられていて、木々のネームプレートがある。「これ何の木?」 一つ一つプレートを捲りながら・・・、シュフ光子は草花を教えていた。自然に生えた「三つ葉」には、「この匂いはヤバイ!」シュフに葉を貰ってノートに挟んだ。

頂上までは、このコースはちょっと長丁場。疲れていたとは思うけど、頑張って歩いたので、頂上に着いて、見た景色はやはり感動的。「ヤバイ!」
Dsc04838
大和三山・飛鳥京から藤原京・平城京への遷都の意味。明日香方面の遺跡を頂上から位置関係で確認。ちょうど頂上には飛鳥京や旧飛鳥寺の復元図を熱心に見ていた。
Dsc04836






「あすかの食卓」も位置確認が出来た。
雨足が酷くなって来たので、下りは急げ。結構、広葉樹の木々が茂っていて、木のトンネルで、そんなに濡れることなく、下ることが出来た。

Cafeスペースに戻り、濡れた髪や服を拭って、仮置きの荷物をCafeテーブルに移動した。











にゃんこのオーディオコーナーに「パタパタ時計」を見つけて、「これカッコいい!」

Dsc04858

そして、皆で、夕食の準備。
メニューはシュフ光子が準備した「ロールキャベツ」  キャベツで挽肉を一生懸命に巻く。Dsc04878

なかなか俵型のようにはいかない。平べったいロールキャベツでも味は一緒。



出来上がった物を鍋に入れて、炊く。
Dsc04875









次にはシュフバージョン・特製サラダを作る。約25種類の食材を使って、美的に盛り付ける。
Dsc04930








作業途中で、お隣Nさん宅に民泊の同級生が乱入。
素敵な浴衣姿で、中学生とは見えない、お姫様4名が突然の訪問。歓声が上がった。
にゃんこも嬉しいにゃんcatDsc04896
家族に8人の女の子がいれば・・・こんな感じだにゃんcat(民泊は大変だけど、引き受けて良かったにゃんcat・・・実感)

後は「グラタン」と「豆乳スープ」が付いてディナーの準備が完成。









同じテーブルに着いて貰ったお隣の浴衣のお姫様には、夕食を済まされていたので、シュフはお隣から戴いたイチゴを使ったデザートとりんごジュースを用意。
8人が一同に会するディナーは壮観だにゃんcatDsc04955_2 Dsc04953




就寝時間が迫って、お隣の浴衣のお姫様は帰宅。









4人には「もう寝ますか?」それとも「花火をしますか?」
「花火をしたい」 「花火をしたい」
Dsc05022

« 中学生の修学旅行で民泊体験の受け入れ 第2弾 Vol 3 | トップページ | 中学生の修学旅行で民泊体験の受け入れ 第3弾 Vol 2 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558590/57512873

この記事へのトラックバック一覧です: 中学生の修学旅行で民泊体験の受け入れ 第3弾 Vol 1:

« 中学生の修学旅行で民泊体験の受け入れ 第2弾 Vol 3 | トップページ | 中学生の修学旅行で民泊体験の受け入れ 第3弾 Vol 2 »