2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2013夏季の営業について | トップページ | 東京方面へ出掛けました Vol 1 »

2013年7月18日 (木)

30年ぶりに高野山へ

この暑い時期はお野菜の入手も難しいので、ご予約をお受けしないでお店をお休みとさせて頂きました。
いまは「桃」が美味しい季節なので、産地で有名な和歌山の「荒川」へ旬の桃を買いに行くことにしました。
しかし私たちの行動は主目的よりも横道がいつもメインになってしまう傾向にあります。
今回も正にそのパターン。
高野山へ行こうか?にゃcat
桃の産地「荒川」の手前で、以前に伺った「丹生都比売神社」の天野経由のコースを取った。
Dsc05830
Dsc05831
天野では田植えもすっかり終わって、稲の苗が風によって波のように揺れていた。お花は紫陽花が真っ盛りで、紫陽花の色は空気のせいか澄んでいて綺麗だ。
高野山へのお参りには外せない「丹生都比売神社」へは立ち寄って、お参りした。駐車場にも咲いている紫陽花も見頃でした。





Dsc05828








ここから高野山へは15kmほど。整備された山道を快調に進めて、途中で、3箇所ほど工事中の片側通行があったが、平日で何の渋滞もなく、1時間弱で高野山に到着。
高野山への車でのルートは沢山ある。昔はアマチュア無線仲間と高野山~龍神温泉へのコースを橋本・九度山ルートで行った記憶がある。それ以来なので、今、通ったルートは初めてではないハズだが、良く覚えていなかった。当時には無かったCarナビ任せで十分だにゃんcat
高野山は7月20日頃までの平日は空いていた。夏休みに入ると、小学生の宿坊への林間学校シーズンになる。にゃんこ達の小学生時代もこの林間学校に訪れた記憶がある。朝早く起きて、お参りしたり、暑い中(下界に比べれば涼しいけど)を奥の院まで歩いた記憶がある。歴史上の武将や有名人のお墓を教えて貰いながら・・・でもあんまり楽しく無かったにゃcat 同級生の彼女だけが気になって・・・(これがにゃんこの初恋?)
高野山の街中に入って、まずどの辺りに車を置くか? 一応、奥の院まで通り抜けて、めぼしい場所を決めなければならない。金剛峯寺の近くに、「高野山霊宝館」があって、木立で日陰のあるパーキングだったので、そこに決まり。
そして霊宝館の催しが気になって、入ることにした。7月13日から始まった「高野山の名宝」展。手入れを良くされた前庭で、紅葉がきれい。入口で靴を履き替え、入館料600円を払って、順路に従って、入場。特別公開の仏、運慶、快慶作を含めて、国宝17点、重要文化財17点他が展示されていた。特に運慶の作「国宝・八大童子像や「国宝・阿弥陀聖衆来迎図」そして両界曼荼羅図は必見。Dsc05838

Dsc05847
運慶、快慶作の仏像等、こんなに一気に拝観出来る機会はまずないと思う。高野山ならではの丁寧な解説は不勉強なにゃんこにとっては勉強になりました。これから多くの寺院を訪れた時に、仏様のことが良く理解でき、見方が変わりそうだにゃんcat
来迎図の前ではシュフ光子に「にゃんこは迎えに来て貰えないのかにゃあ?cat
「ネコは無理かも!」「言うな!」
宝物を堪能して、お腹が空いたので、本当は「精進料理」を頂きたかったが、予約もなしで、時間もないので金剛峯寺前のCafeで軽食を頂く。






そして、折角なので、金剛峯寺にお参りして帰ろうとのことで、駐車場途中でもあったので、久しぶりのお参り。昔にもあったと思うが、入口からの参道に水を張った桶が並べられていたり、本堂や他の建物の上には水桶が載せられている。Dsc05864

Dsc05894
思い出した。確か高野山は何度かの火災に見舞われて、窮地に陥ったことがあって、この建物や宝物を守るためだと・・・



















後で気付いたが、高野山には高野町観光情報センターがパーキングに併設されている。そして、期間限定だけど、電動自転車を無料で借りることが出来る。
また訪れる機会があれば借りて、ゆっくり回ってみたいなあ。
Dsc05918_2
Dsc05913











大門を振り返り眺めながら高野山を後にした。




勿論、帰路には忘れずに荒川の「桃」を購入。
やはり高野山は涼しかった。そして下界は暑いにゃcat

因みに、購入した荒川の桃は美味しかったにゃんcat

今が一番の旬だにゃんcat

1箱7,500円(大きくて形が揃っている)の物もあるが、1箱1,000円の物は形が不揃いで、多少傷もあるが、美味しさは変わらないと思う。自家用なら、これで十分。荒川の桃は最高だにゃんcat

« 2013夏季の営業について | トップページ | 東京方面へ出掛けました Vol 1 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

桃 桃山町は有名ですね。  今年は晴が多く良く照っていたので甘みが多いかも。 橿原万葉の森公園の北側にある果樹園名前は忘れたか゛ そこの桃を中元に戴きました。甘みも多くとっても美味!同じように桃山町も戴きましたがはるかに地元の勝ちでした。
果物はどこそこの農園のどの気が美味しいと言いますから当たり外れがあって当然ですね。一度のぞいて下さい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558590/57815926

この記事へのトラックバック一覧です: 30年ぶりに高野山へ:

« 2013夏季の営業について | トップページ | 東京方面へ出掛けました Vol 1 »