2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 東京方面へ出掛けました Vol 1 | トップページ | 東京方面へ出掛けました Vol 3 »

2013年8月 7日 (水)

東京方面へ出掛けました Vol 2

翌朝、沼津のホテルをチェックアウトして、車で約5分で、本日最初の目的地「クレマチスの丘」に着きました。Dsc06028 ここには「ベルナール・ビュフェ美術館」「ヴァンジ彫刻庭園美術館」「IZU PHOTO MUSEUM」があります。フリーのパーキングは1台のみの先客。余裕で車を置いて、「コミュ二ケーションセンター」へ行って、お目当てのチケット(せっかくなので全ての館の鑑賞をセレクト)を購入。
 まずはシュフ光子念願の「ベルナール・ビュフェ美術館」へ行くことにした。ここはガーデンと個人の住居が境目なく点在し、木々やお花がいっぱいの公園内に住まいがあるとは何と贅沢な・・・
 しかも区画はたっぷり広くて、スタイリッシュな住居。都市部から離れているとは言え、高級住宅街で、新東名のICに近く、アクセスはGOOD だにゃんcatDsc06075
 山間の中、吊り橋を2つ渡って、やっと「ベルナール・ビュフェ美術館」に着いた。車で直接、来ることは出来るが、途中の散策も楽しめる。特に、この季節は紫陽花が美しい。Dsc06034
 








シュフ光子は「ベルナール・ビュフェ美術館」とその前の大きな木に会えて、中へ入るまでの余韻も楽しんでいる様子。

Dsc06130
 入館して、入口で担当の女性より、にゃんこのキャップを見て「絵画を見る時はツバが当たらない様にご注意下さい」と?・・・中に入ってすぐにその意味が分かった。絵画は全ての展示が、「ガラス越し」ではなく、直接見ることになっていた。何という配慮!!
 勿論、「触らない様に」と注意書きされているが・・・触ろうと思えば触われる。
会場の監視員も僅かにおられるだけ。 久しぶりに信頼感を大切にされている美術館に遭遇。作品の全てが「ベルナール・ビュフェ」の物で、1973年に銀行家「岡野喜一郎」氏がコレクションした作品を展示するためにこの美術館を設立され、30
周年を期にリニュアルされたところだった。フランス・パリのエスプリが効いた作品で、作品それぞれは深い内面を感じるもの。にゃんこは初めて見たが、感動したにゃんcat
2時間近くゆっくりと鑑賞し、お腹も空いたので、隣接のCafe「TREE HOUSE」にてランチを頂いた。
Dsc06151 美術館内のCafeはがっかりすることも多々あるけど、ここのCafeは農園と直結して吟味されたお野菜・果物等食材が使われていて、丁寧に作られたメニューは嬉しい。

Dsc06141







 元来た道を戻って、クレマチスガーデン内の「IZU PHOTO MUSEUM」・「ヴァンジ彫刻美術館」を鑑賞。広大な敷地に配された作品は美しい庭園と共に楽しめた。
Dsc06279
 







ガーデン内には「リストランテ・プリマヴェーラ」も良さそうだけど、次の機会に・・・
Dsc06361
 







昼からは暑くなってきたので、「日本料理テッセン」のCafeにて氷を頂いた。イチゴは上品な味で、サービス係の女性も行き届いた対応が心地よい。同じ仕事をしているにゃんこにはチェックポイントだにゃんcat
Dsc06397
 





Dsc06336 大変お気に入りの空間になったので、ゆっくりし過ぎて、次の予定である町田市鶴川の旧白洲次郎・正子邸である「武相荘」へ立寄る予定だが、閉館の17時までに間に合うか?
 






最短の東名を利用して、横浜青葉IC経由で車を進めたが、御殿場~大井松田で渋滞に掛かってしまった。
 結局、現地に到着したのは17時15分。 残念!
 「武相荘」は何度も伺っているが、今回は屋根の葺き替えをされたこともあり、久しぶりに見学したかった。
Dsc06399
 


仕方なく、東名川崎ICから東京に入り、首都高経由で、目的地の「五反田」に到着。
 明日の予定は東京で過ごすことにしていたので、24時間定額のパーキングへ入庫して、ホテルにチェックイン。
 いつも一度は食事に訪れる、近くのワンタンメンで有名な「広州市場」で、シュフ光子と生ビールで、無事に到着の乾杯!!
 美味しかったにゃんcat
Dsc06417

« 東京方面へ出掛けました Vol 1 | トップページ | 東京方面へ出掛けました Vol 3 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558590/57944892

この記事へのトラックバック一覧です: 東京方面へ出掛けました Vol 2:

« 東京方面へ出掛けました Vol 1 | トップページ | 東京方面へ出掛けました Vol 3 »