2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「ミステリーロマン飛鳥2013」に合わせて、イベント開催のお知らせ | トップページ | 「飛鳥光の回廊」は台風の影響で初日だけ »

2013年9月10日 (火)

六甲山へ紫陽花を頂きに行きました

昨日は神戸のJAZZ喫茶「M&M」繋がりで親しくさせて貰っているTさんからの情報で、六甲山には、まだ紫陽花が残っていると・・・
こう言う情報を紫陽花好きのシュフ光子が逃すはずがありません。
「にゃんこちゃん、今度の月曜日は六甲山へ行くでぇ!」「誰が運転するにゃんcat?」
「あんたや!」・・・休みは壊れたパソコンを修理したいのに、どういうことにゃcat
急遽、「六甲山ケーブルで仕事をしておられるTさんに電話をして、お願いしといて!」

というわけで、出掛けたのでした。Tさんには仕事中での時間を割いて頂いたので、出来るだけご迷惑をお掛けしないように、余裕をもって、大倉山、平野から峠越えをして、六甲山牧場経由で、待ち合わせの六甲山ケーブル山上駅に着いた。途中でも紫陽花を見ることが出来たが、道沿いの紫陽花は刈り取られていた。

到着の連絡を入れて、迎えて貰った。Dsc07914 駅周辺は紫陽花が残っていて、シュフ光子は勿論だが、Tさんも取ってくれた。 そして、折角なのでと・・・六甲山ケーブルの施設にご案内頂いた。

この建物は昭和7年に建てられた物で、「六甲山上近代化産業遺産」の一つとして指定されています。 
Dsc07929




ケーブルカーを利用しただけでは分からないが、このケーブルカーを動かせている心臓部とも言える機械室を案内頂いた。まず、施設内へ入って、度肝を拔かれたのはケーブルカーのワイヤーを巻き上げる滑車と歯車の大きさ。それに伴うモーターと、電源供給の設備。

歴史のある乗り物は正常な運行や安全を維持するためのメンテナンスは大変そうだなあと、この設備を拝見して思い知った。

Dsc07942

Dsc07954

六甲山の歴史は奥が深そうだにゃんcat

これを機会に「六甲山上近代化産業遺産」の他の施設も辿ってみたくなった。30年ほど前には「六甲山ホテル旧館」に宿泊したことがあるが、その時には単なるレトロっぽい建物だなあ!程度しか見えていなかった。

10年ほど前には「甲子園ホテル」を武庫川女子大さんのご好意で見せて頂いたことがあるが、ある程度の年齢を経ないと見えないことが一杯あることを知った。






施設から出ると、駅のプラットフォーム横に出るようになっていた。そこには植木鉢や花が植えられていて、Tさんが六甲山上ならではの植物を育てられていて、「あすかの食卓」のためにと、鉢植えで育てて下さっていたのだにゃんcat 鉢を頂けることになった。以前にもシチダンカという紫陽花種の株を送って頂き、庭に咲いている。
Dsc07975

ケーブルカーに乗りますか?と言って貰ったので、お願いした。神戸にも住んだことがあるにも関わらず六甲山ケーブルは初体験。片道10分で六甲山下駅間を運行されている。

Dsc07986 往復を乗せて頂くことになった。車両はなかなかのアンティークで嬉しい。







走り出したら、沿線には紫陽花はまだ残っている。六甲山に自生している花も結構見ることができる。そしてトンネルも4、5ヶ所あったり、沢の流れが見られたり自然を満喫できる。ルートにはカーブがたくさんあって、変化に富んでいて、楽しい下りの10分だった。下駅で10分の間があって、上りの時間となる。

Dsc08014 上がりでは下りとはまったく違った景色を見ることになる。そして同じ場所に乗車すると、上がりでは先頭になる。Tさんに「前に立たれたらいいですよ」って言って貰った。子供の頃は電車が大好きで、良く先頭車両の前に立って、運転手の気分で乗っていたことを思い出すにゃんcat
Dsc08054

Dsc08064











10分後、山上駅に着いて、Tさんよりお土産のお花の鉢を頂いて、お礼を言って失礼した。帰路には、明日からのお客様に備えて、食料調達をして、帰着。
Dsc08126

シュフ光子が翌日には、昨日の紫陽花を早速、お店に活けました。横で朝食を摂りながら、紫陽花のグラデーションが綺麗だねって・・・


先に記した「六甲山上近代化産業遺産」は現在、六甲山上モダニズム建築探訪~ハイキング2013としてイベント化されています。開催期間は9月7日~11月16日の毎週土曜日となっています。詳細は六甲ケーブル下駅(☎078-861-5288)へお問い合わせ下さい。ご案内頂いたTさんが案内係をされていますよ。(イベント期間外でもハイキングは行われています)

ハイキングコースでの他の施設は「六甲山ホテル旧館」「神戸ゴルフ倶楽部クラブハウス」「ヴォーリズ六甲山荘」も案内頂けます。

« 「ミステリーロマン飛鳥2013」に合わせて、イベント開催のお知らせ | トップページ | 「飛鳥光の回廊」は台風の影響で初日だけ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558590/58165417

この記事へのトラックバック一覧です: 六甲山へ紫陽花を頂きに行きました:

« 「ミステリーロマン飛鳥2013」に合わせて、イベント開催のお知らせ | トップページ | 「飛鳥光の回廊」は台風の影響で初日だけ »