2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« ハブちゃんのメジャー初デビューへ行く | トップページ | 岐阜へ食材調達に出掛けました »

2013年9月 3日 (火)

宇陀の歴史街道ライトアップに行く

先日、阪急百貨店大阪本店で、店員さんから「宇陀のライトアップ」のことを教えて頂いたので、シュフと夕刻から出掛けることになった。Dsc07826
明日香から宇陀へのルートは2つあります。一つは桜井から女寄峠越えで行く方法と、明日香から多武峰を越えて、八井内トンネルを抜けて、宮奥ダムの横を通って、370号線に出る方法があります。時間的には、まだ明るかったので、後者のルートで行きました。2つのトンネルを抜けるので、結構、費用の掛かった道路なのですが、殆ど利用する車には合わず、シュフは「無駄な道やねぇ」と、「いや、災害等万が一の場合のバイパスになるんや」なんて・・・話しながら、あっという間に宇陀の道の駅に着いた。事前に調べてあった道の駅第二パーキングに行くと、ちょうどガードマンが誘導してくれた。

「伊勢本街道」と言われている、町並み保存をされている宇陀松山地区に入ると、最初に「松山地区まちづくりセンター」という立派な建物があり、Dsc07695



街道を下って行くと、古民家を中心にイベントが行われていて、道の両側には蝋燭を使ったライトアップがされていた。
Dsc07655








イベントの最終日にあたり、台風の影響で今にも泣き出しそうな天候だったが、フリーマーケットや手作りの露天が地元の方達により、行われていて、通行人に声を掛けておられた。 また旧家の施設ではライブが行われていた。
Dsc07680




私たちは前日に阪急百貨店で案内して頂いた店員さんのKさんが居られる「森田家」を目指したら、丁度、街道の中間辺りでした。

Dsc07724 ここでは浴衣の着付けが行われていて、浴衣姿の女性が見られて嬉しいにゃんcatまた、お弁当や飲み物が提供されたり、竈(カマド)のところでライブが行われていて、大勢の若者が集まっておられた。シュフとにゃんこの年代は目立ってしまう状況だったが、Kさんにはお声掛けを是非にと・・・勇気?を出して奥の方でのスタッフの方を捕まえて、聞いてみたが、ちょうど席を外されているとのこと。残念ながらお会い出来なかった。

しかし、聴こえてくる女性ボーカルが素敵だったので、ペットボトルのお茶をシュフに買って上げて、留まった。この竈ライブはなかなかだった。
Dsc07743
















気付けば、ゆっくりしていたようで、9時近くになっていたので、元来た道を戻って、「松山地区まちづくりセンター」で、シュフがトイレを借りたので、待っていた時に、管理者と思われるご年配の方に、この建物はいつ頃の物ですか?と聞いてみた。明治期の建物で、以前は薬屋や歯科医院として使われていたが、この松山地区保存のために、まちづくりの拠点として使われて来たとのことでした。なかなか立派な建物です。Dsc07636_2

Dsc07685











帰路は別ルートの女寄峠経由となりました。

因みに、明日香村では9月14~15日に「飛鳥光の回廊」として、明日香村内でライトアップが催されます。

「あすかの食卓」でも、上記いずれかの日に何らかのイベントをしたいにゃcatと考えています。実施の可否も含めて決まりましたら、ブログにてご案内致します。

« ハブちゃんのメジャー初デビューへ行く | トップページ | 岐阜へ食材調達に出掛けました »

あすかの食卓 日々の様子」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558590/58114177

この記事へのトラックバック一覧です: 宇陀の歴史街道ライトアップに行く:

« ハブちゃんのメジャー初デビューへ行く | トップページ | 岐阜へ食材調達に出掛けました »