2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 44年ぶりの同窓会 Vol 2 | トップページ | やっと念願のにゃんこに会えました »

2013年11月21日 (木)

44年ぶりの同窓会 Vol 3

いよいよタイトル通りの本題に入ります。

少し、間が空きました。(広島より倉敷まではそんなに掛かりませんが(・3・) ?)
山陽道は空いていたが、夕方の6時に同窓会が始まる。時間的に余裕があるように思っていたが、鷲羽山へ行く前に、シュフ光子の宿である「倉敷アイビースクエア」を予約していて、本来であれば山陽道から瀬戸内道の児島までは倉敷JCTで直接行けるのですが、倉敷ICで下りてホテルへ送り届ける時間を甘く見ていた。通勤時間帯と重なって、倉敷市街の走行は案外、時間を要したにゃんcat
瀬戸内道に入ったのは5時半。ホテルまで40km近くあるので、ギリギリの時間になりそう。児島ICを降りてから、狭い山道は曲がりくねっており、時間が気になる。 目的地の鷲羽山グランドHまで後、少しのタイミングで、今回の幹事をしてくれている末好君から「今、どの辺り?」という電話が入った。時計を見ると始まる5分前! 「後、少しの処!ごめん!」 「来るまで待っているから、気を付けて!」 時間ギリギリにホテルへ着いたが、パーキングは満杯!
パーキング位置では止めることは出来なかったが、何方かの住まいの入口近くが空いていたので、住居の方に了解を得て、やっと駐車。ホテルまでの上り坂を駆け上がって、フロントで部屋の案内を乞うた時は5分を過ぎていた。
宴会場へ案内して貰って、44年ぶりの感動の再会o(^▽^)o
席に着くまで、興奮して、声を掛けて貰ったり、何か言ったが・・・覚えていないにゃんcat
44年の歳月は残酷! お互いに歳を取っていて、「誰か分かるか?」
にゃんこは唯一、遅れ人?だったので、皆は誰かは?分かってくれているが、久しぶりの姿は「ほんまに本人か?」(こういう時は「成りすまし」もOKかも?
席に着いて、全員で10名。5名5名の向かい合わせの席。右隣が、紅一点・・佳代ちゃんは分かったが、男性軍は分からない者が少しいる。「末好」「リンゴ?」と「油谷」「浦上」「岩田」「圡川」は分かったが、「奥野」「山崎」は徐々に・・・昔のイメージが残っていることを感じることが出来た。「道で擦れ違っても、多分気づかないなあ!」というのが、皆の見解。

歳を取って、久しぶりに席を同じく出来ることは本当に嬉しい。皆、元気そう!

その後、順番に自己紹介を兼ねて、卒業以来、歩んだ道や現況を報告し合った。健康の方はこの歳だから、何か抱かえているが、特に隣に座った、紅一点に「佳代ちゃん」は同期のここにいる「油谷」と結婚した(以前より名簿で知っていた)が、大変な病気に何度か掛かって・・・あの元気娘が・・・と信じられなかった。

先にも記したが、大学の陸上競技部の同窓。それぞれ、トラックやフィールドと種目は違うし、個人種目ではあるが、大学は団体の対抗戦でもある。一緒に戦った同士。言えば裸の付き合いだにゃんcat 同窓と言っても、一般的な同窓とは全然違うので、苦労話や思い出話の密度は濃い。指導教授や先輩との話題では・・・「ええー?そんな話が有ったのか?」っていうのが飛び出したり・・・共に頑張った話で盛り上がった。10名の内、8名は中・高の体育教師を勤めた。「にゃんこ」と「浦上」は教育をサポートする職に就いた。

予定の2時間はあっという間に経過していたが、幹事の「末好」は中居さんに無理をお願いして、延長。話は尽きないので、宴会場では一区切り付けて、宿泊用に2部屋準備されていたが、その1部屋に移動して、同窓会の二次会。ここではクラブの話題以外にもプライベートな話題や次の同窓会を何時するか? 年齢のことを考えると、短いスパンがいいなあという結論で、大学の地元で行うより、今回のように、それぞれ回り持ちで、違った場所で行うのもいいと、いうことで方向は固まった。まだ決定ではないが、次回は「山崎」の地元、石川県・能登で、その次は「奥野」の下関で、と候補が上がっていた。

気が付けば、12時を回っていて、「そろそろ寝るか?」 という声で、お開きとなった。

にゃんこは遅れ組だったので、温泉には入れなかった。朝食前に、ひと風呂。先に「浦上」が入っていて、温泉に浸かりながら、話ができた。湯温は結構高いので、短い時間だったが、「温泉に入った」と実感することになった。

朝食時も話題が尽きず、チェックアウトの時間が迫った。玄関前で集合写真を撮ってもらって、「リンゴ」と「油谷」の車に分乗。3台目のにゃんこの車には「岩田」が乗ることになり、出発。にゃんこ以外は高級外車。BMWとベンツ。お互いにこの年齢まで頑張ったご褒美で楽しんでいるにゃcat

末好の案内で瀬戸大橋の与島へ行き、記念写真。
Dsc01127









Uターンをして、倉敷の美観地区で大原美術館へ入ったり、末好お勧めで堀沿いの備中蕎麦で昼食。
別れを惜しみながら、ひと時の散策を楽しんだ。
Dsc01138_2




車を止めた「倉敷アイビースクエア」で、解散となった。
Dsc01169




後ろ姿を見送ったが、大変な病気を何度もした「佳代ちゃん」元気で、また会おうね!そして「奥野」手術が上手く行くように願っているからな!総勢18名、今回は会えなかった8名には、今度は是非、会いたいなあ。

そして、今回の同窓会について、本当にお世話になった、末好純ちゃんとリンゴちゃんには感謝です。お陰様で嬉しい時を過ごすことが出来ました。この思い出は一生忘れることはない。

にゃんこだけはシュフ光子と合流で別行動。他のメンバーは新幹線岡山駅まで、送って貰った。

別行動で、シュフ光子と大原美術館前の「エル・グレコ」で待ち合わせとなっていたらしいが、忘れてしまっていて、美観地区をウロウロ。

Dsc01197

Dsc01195 シュフが携帯電話を持っていないので、連絡待ちをして、大原美術館の残りの展示室を回ったり、アイビースクエアの中庭でボーっとしたり、堀端を歩いていると、公衆電話から「ずっとエル・グレコで待っていたでぇ(`・ω・´)


やっと久しぶりに会えて、パーキングに止めた車に乗り込み、山陽道・第二神明で、一旦、高丸ICで下りて、西神戸で、明日からの営業に向かって、食材調達をして、阪神高速を使って帰路に着いた。 

« 44年ぶりの同窓会 Vol 2 | トップページ | やっと念願のにゃんこに会えました »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

44年ぶりなんて信じられないような再会。純ちゃん宅に前日(8日)に泊めてもらい、当日を迎えて嬉しいような、仲間の顔が分かるかと不安の気持ちで後楽園で会いました。ところがナベちゃんがいない。早く会いたいと思いながらホテルに入りました。さあいよいよ再会の6時だ。みんな年相応の姿になってた?でも、声を聞くと昔のまま。すぐに44年前に戻ることができたよ。みんなで練習してたこと、長崎合宿のこと、同じ思いを持つものが集まるって凄いことなんやな!来年からは年1回はみんなと会いたい。石川に行くぞ。
来年早々に「あすかの食卓」に家内と行きたいと思ってる。予約をするからね。ナベちゃんの奥様にもお会いしたい。

リンゴちゃん コメントありがとうございました。
本当にお世話になりました。お陰様で、嬉しい44年ぶりの再会になりました。
にゃんこもずっと会いたいと思っていました。リンゴちゃんはすぐに分かったよ。頭が白くなっただけやった。もう、いつ会っても分かるから、是非、明日香へ奥様と遊びに来て下さい。
来年は16日以降で営業します。
電話を待っているからね。

やっとナベちゃんに会いに「あすかの食卓」に行ける。純ちゃんが我が家に来るとの連絡があった。なつかしい奈良や天理にも行きたいし、浦上にも会いたいし。そしたらナベちゃんとこにも行こうということになりました。
とても楽しみにしています。奥様にもよろしく!

やっとナベちゃんに会いに「あすかの食卓」に行ける。純ちゃんが我が家に来るとの連絡があった。なつかしい奈良や天理にも行きたいし、浦上にも会いたいし。そしたらナベちゃんとこにも行こうということになりました。
とても楽しみにしています。奥様にもよろしく!

リンゴちゃん コメントをありがとう。
いつ来てくれるかなあ? とずっと待っていたよ!
この前に油谷がかよちゃんと娘さん、そして元同僚(明日香出身)の方と4人で来てくれた。
一昨日、純ちゃんから「行くよ!」って電話で知らせてくれたので、嬉しかった。当日は貸切にしておくので、時間無制限でOKです。
じゃあ!待っているからね。

6月13日(金)から大学時代にもどったような3日間でした。純ちゃんや浦上、健悟と久しぶりに会い、酒を酌み交わしておおいに語り合いました。
天理の教会、商店街、石上神宮、大学の校内、下宿跡(守目堂)に行き、純ちゃんといっぱい歩きました。そして、体育学部の校舎た陸上競技場を見たら最高でした。この日は奈良市で一泊。
最終日に「明日香の食卓」へ3人で出発。11時半やっと着き、念願のナベちゃんと再会し、「明日香の食卓」でシェフの奥様の料理。最初の野菜(30種類)サラダにビックリ!!<食べきれるかな?と心配(実は帰りに3人で同じことを思ってた)>。でも食べれるものだね。美味しい!エスカルゴもエビもいい味で最高だった。次は日本食だ。この時間の絶妙な間が、また食欲をかりたてて完食。最後にデザートといい香りの珈琲(私は大好きだ)で仕上げ。あっという間の4時間でした。最高のおもてなしにお手上げです。
家族を連れて、また行きたいと思いながら帰途に着きました。ナベちゃん、奥様有難うございました。
今度はお二人で我が家でお茶をどうど。待ってるからね。

家内が最高の健康食だったとすごく気に入ってくれたので、なぜか私がホッとしている。孫の小学1年生(優衣)がよく食べたのを初めて見ました。もうすぐ3歳(優那)になる子が、3時間以上ももった(心配してたんだが)。美味しかったし、楽しかったんだね。
一番喜んでいたのは息子嫁で「お父さん、また連れてって」言ってくれました。
帰りに「あすか夢の楽市」で地元のスイカを買って帰りました。
また違う季節に「あすかの食卓」のテーブルにつきたいね!
奥様、なべちゃんありがとう。

リンゴちゃん 先日はありがとうございました。
そして、嬉しいコメントを頂いて感謝の気持ちで一杯です。
皆さんにお気に入り頂けたこと、行き届かなかったこともあったとは思いますが、奥様はじめ、ご子息様のご家族の皆様にも、嬉しいお言葉を頂けて、ほっとしています。
そして、優衣ちゃんとお母さんから丁重なお手紙が届いて、家内も喜んでおりました。
秋の明日香も楽しんで頂けたらと、思っています。皆様でのお越しをお待ち致しておりますにゃんcat

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558590/58616619

この記事へのトラックバック一覧です: 44年ぶりの同窓会 Vol 3:

« 44年ぶりの同窓会 Vol 2 | トップページ | やっと念願のにゃんこに会えました »