2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 東京のご常連様を多武峰に案内 | トップページ | 「小燕会選抜大作書展」と「江戸絵画の精華」に行きました »

2013年11月14日 (木)

44年ぶりの同窓会  Vol 1

大学を卒業して、44年ぶりに大学の陸上競技部のメンバーで、同窓会の開催案内をはがきで貰った。 それまでは何回か、大学・同期での同窓会の案内は貰っていたが、都合により欠席の返事になっていたが、今回は上手く、都合が付いたのだにゃんcat
そして、開催場所は倉敷の近くで、鷲羽山のホテルで1泊の同窓会。シュフ光子は「是非に行っといで」と言ってくれたが、多分、車で行くことになるが、二人で考えた結果、今までは広島へは通過するだけだったが、宮島の厳島神社や尾道へ行ってみたいとのことで、3泊4日の行程で、先に広島へ行って、その流れで、帰路、倉敷へ寄ることにした。只、部外者のシュフを同窓会へ連れて行く訳には行かないので、倉敷でシュフ用のホテルを確保することとした。
従って、タイトルは同窓会になるが、連載とさせて頂きました。
走行距離の関係で無理をしないと、まず第1日目は福山にてホテルを確保した。ナビによる設定で、阪神高速神戸線の朝の渋滞を避けて、西名阪から近畿道で中国自動車道吹田ICから神戸JCTにて山陽道に入り、一路、福山まで走行。昼過ぎには福山ICを下りた。福山は工業都市なので、観光向けではないが、ホテルへのチェックインまで、車でのタウンウォッチング。
夕方にはホテルに入ったが、このホテルは福山という観光ではマイナーな地域だけど、楽天トラベルでは高評価だったので、選んだが、着いてみてびっくりした。専用パーキングは満車に近く、第1から第4パーキングの第3にやっと駐車出来た。ホテルはリニュアルされて清潔感はGOOD.! 朝食付きパーキング無料で価格はリーズナブル。そしてラッキーなことにツインの広い部屋は嬉しかった。
翌日、9時過ぎにチェックアウトをして、最初の目的地「尾道」に向かった。距離的には案外近いので、有料道路は利用しないで、国道2号バイパスで快適に尾道へ入った。

にゃんこが是非に行きたかったところは千光寺。ロープウエイで上がりたかったので、周辺の駐車場を探した。尾道の観光エリアでは海と山が接近しており、パーキングは少ないのだにゃんcat コインPでラッキーにも一台分が空いている。止めて、ロープウエイ乗り口に行ったが、入口はエレベータを使うので、運悪く、団体客の後ろで順番待ち。ロープウエイも1台やり過ごして、やっと搭乗できた。10分の所要時間だが、海と山が同時に視野に入って車内からの景色に感動した。Dsc00664 千光寺での見晴らしは大いに期待できる。頂上駅では、な・・なんと猫駅長が迎えてくれた。
Dsc00679









しかし残念ながら、和歌山のように生ネコ?(この坂の町で猫に会えることを期待して)ではない。頭を撫でて、頂上の展望台に向かった。

展望台は360度、遮るものはない。しまなみ街道の橋、瀬戸内の島々、眼下には造船所、尾道の町全体を見渡せる。著名な画家がこの場所でスケッチをしたことを記していた。

Dsc00700 デジカメにあるパノラマ撮影機能を使って撮影。見渡せる景色は撮影可能エリアでは捉え切れないほど広い。帰りのルートを考えた時、ハタと失敗したことに気付いた。千光寺は徒歩15分ほど下ったところにある。ロープウエイ搭乗券は往復を買ってしまったので、またここまで上がって来なければならない。シュフ光子は嫌がっていたが、疲れたらオンブしたげるから・・・(嘘、下手すれば2人で転落しかねないにゃんcat) 千光寺までの道は修行も兼ねているのか。親切ではなかったが、文学の道と題して、大きな岩に言葉を刻まれていた。下りは景色を楽しみながらだが、上りを想像した。

崖に張り付いているように建てられた千光寺。弘法大師のお寺にはこういう処が多い。まず、鐘楼があって、行く年来る年に何度か登場した。真冬の千光寺を想像した。いい感じだけど、ちょっと来たくはないにゃcatDsc00760

絶対に行こうと思っていた伽藍の舞台に身を置いて、TVで見ていた眺望が現実になった。
Dsc00772




やっと実現して、まずは今回の旅の目的の1つを果たすことが出来た。帰路はドングリを拾って、庭で芽が付けば嬉しいにゃんcat

フーフー言いながら、ロープウエー乗り場に着くと、丁度、発車直前。飛び乗って、眼下は先ほどの千光寺の上を通過。凄い眺めに再度、感動だにゃんcat

下りると、シュフ光子が是非に行きたいと願っていた、尾道ラーメンの名店「朱華園」は直ぐ近くに有った。いりこ出汁の効いたチャーシューラーメンは美味しかったにゃんcat
Dsc00841

Dsc00839




















大満足で外に出ると、近くに海産物を扱う老舗があった。瀬戸内の海の幸はシュフ光子には興味深々。こう言うお店は絶対に外さない。私たちの旅で目的の半分は食材調達になる。やっぱり店内へ入って行った。お店のおかみさんに質問攻め。いりこや小魚の干物、雲丹醤油等お店の料理に使えそうな物を購入。これでにゃんこちゃんにパスタを作って上げるからね。(おこぼれに預かれるか?)嬉しいにゃんcat

次の目的地は広島市。尾道からは距離的には結構ある。山陽道・尾道ICより広島東ICに向けて走り出した。

« 東京のご常連様を多武峰に案内 | トップページ | 「小燕会選抜大作書展」と「江戸絵画の精華」に行きました »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558590/58561792

この記事へのトラックバック一覧です: 44年ぶりの同窓会  Vol 1:

« 東京のご常連様を多武峰に案内 | トップページ | 「小燕会選抜大作書展」と「江戸絵画の精華」に行きました »