2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« シュフ光子が熱望していた、映画「利休にたずねよ」に行きました | トップページ | 最近のメモリアルデーでのおもてなし »

2013年12月22日 (日)

「gallery&cafe キッチンハウス ジンゼンジ」へ2度目の訪問

2度目の訪問で道に迷うこともない。
にゃんこが晩秋の庭をカメラに収めている間に、シュフ光子は玄関から中へ・・・
Dsc00363
お名前はお聞き出来ていないのですが、いつもCafeでおもてなしを頂く女性はシュフ光子のことを覚えて頂いていて、「あすかの食卓のブログを拝見しましたよ」っと・・・
因みに、にゃんこは以前にお越し頂いたお客様のお顔を、なかなか覚えるのが苦手なのだにゃんcat
今回は時期的な状況で、薪ストーブに火が入っていた。やはり薪ストーブには火が入っていることが似合っている。
Dsc00369
以前に伺った時には2階のギャラリーを見せて頂いたので、建物内をうろうろする必要がない。今回はこのお気に入りの空間で、ゆっくりとした時間を過ごしたい。
早速、にゃんこは前回にも頂いたパンケーキと、珍しいコーヒー、「コピ・ルアク」をお願いした。シュフ光子はケーキとジャバティをお願いした。
にゃんこがパンケーキをお願いしたのは・・・あのプレートで焼かれる様子を見たい。そして何よりもにゃんこのためにだけ作って頂くパンケーキのプロセスを確認したかったのだにゃんcat
Dsc00395
まず、小麦粉をフルって、生地を作られる。そして、プレートで焼かれる時に、鉄板には拘りのバター(北海道の某修道院製が最も合うとのこと)が引かれた。
生地を適当な大きさに伸ばして、焼き上げられる。
Dsc00461_2




キッチン横の食器棚には秦泉寺先生がコレクションされた食器が整然と並べられている。それらの食器は、やはり先生のセンスが読み取れる。質感や色はシュフ光子の好みだにゃんcat
Dsc00435





そして、やがてお皿に載せられたパンケーキがにゃんこの前に・・・
オーガニックのメイプルシロップと・・・かのコーヒー「コピ・ルアク」
「コピ・ルアク」は始めて。 いままで飲んだコーヒーとは違う香りと味。 文面での表現は勘弁して欲しいにゃんcat
Dsc00481












シュフのケーキも少し、頂いた。深い味わいのケーキでした。

Dsc00485







Dsc00387 シュフと静かな時間を過ごした。
薪ストーブの揺れる炎を眺めながら・・・
かの女性と、秦泉寺先生の本棚の前で、本の話で盛り上がった。
シュフは山本兼一「利休にたずねよ」を見つけて、話題で引っかかっていた。
今回は時期的にも早く日が暮れて、気が付けば窓の外はすっかり暗くなっていた。
今年の営業も12月最終週で終わり、3月下旬までは冬期休業とのことでした。
今回も素敵な空間で、素敵な時間を過ごし、そして美味しい飲み物とケーキを楽しんだ。
また季節を変えて訪れたいにゃんcat
シュフ光子にとって、お気に入りの空間は少ないが、このcafeは日帰りで訪れることができる空間としては貴重だにゃんcat

« シュフ光子が熱望していた、映画「利休にたずねよ」に行きました | トップページ | 最近のメモリアルデーでのおもてなし »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558590/58802145

この記事へのトラックバック一覧です: 「gallery&cafe キッチンハウス ジンゼンジ」へ2度目の訪問:

« シュフ光子が熱望していた、映画「利休にたずねよ」に行きました | トップページ | 最近のメモリアルデーでのおもてなし »