2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013年12月31日 (火)

本年も後、数時間になりました

本年は「あすかの食卓」をご愛顧頂きまして、本当にありがとうございました。
お陰様でシュフ光子とにゃんこは無事に1年を過ごすことが出来ました。
間もなく、迎えます新しい年を皆様に愛されて営業が続けて行けることを願っております。
ここで、恒例のシュフ光子がにゃんこに作ってくれた「賄いごはん」の一部をご紹介して、本年のブログの締めとさせて頂きます。catcat

20131231_3

2013年12月30日 (月)

年の瀬迫って、布施明コンサートへ

本来ならば、お正月の準備で忙しくしているはずが・・・
一泊二日の旅程で、名古屋中区にある「宗次ホール」で行われる「布施明コンサート」に、行くことに決めて、 シュフ光子はこのコンサートに行って本年の締めとしたいために本年最後の最後までお客様のために精魂込めてのおもてなしをして来たことのご褒美として・・・

 前日から、雪の状況が気にしていた。というのも、せっかく名古屋まで久しぶりに行くので、コンサート以外にも計画は満載だにゃんcat コンサートのチケットを確保して以来、シュフ光子は策略を練っていた。
 コンサート以外だったら、誰もが気付く、新しいCafeの発掘か、美味しい食べ物探索に決まっている。 今回はどうやら、2ヶ所のパン屋さんらしい。とにかくにゃんこはCarナビに入力された行先に向かって、ひたすら走らされるのだにゃんcat 具合の悪いことに、スマホの使い方は知らないが、Carナビの使い方には精通してしまったのが、にゃんこにとっては失敗の元だったにゃんcat
天候によっては近鉄で名古屋まで行く覚悟もしていた。出発の前夜は雪がチラついたが、当日は晴れていて、気温もそこそこなので、シュフの悪運が勝った感じで、予定通りのコースは名阪道から東名阪・・・名古屋高速で、・・・里帰りの真っ只中だったが、上りは大丈夫だろうという予想通り、順調に昼過ぎには名古屋に到着。
まずはホテル(名古屋東急ホテル)とコンサートホール(宗次ホール)の場所(それぞれほぼ隣同士・・・あわ良くば、布施君も泊まっていてニアミスにでも・・・)を確認の上、市内2ヶ所のパン屋さんに向かった。 最初は天白区にある「Papi-Pain」へ向かった。マンションの一階部分で営業されていた。パーキングが無いので、向かいにあるヒャッキンで待っていた。
Dsc00888
次は昭和区にある「LE PAIN francais」には入れ難いパーキングに止めて待っていた。
Dsc00907







それぞれシュフ光子の嗅覚でセレクトしたので・・・お店の雰囲気はパン屋さんらしい設えで、写真の通りなのだにゃんcat たくさん買ったパンの出来は帰ってからの評価で・・・
にゃんこも行きたい場所(H・・O・・3箇所)で遊んで、ホテルへチェックイン。
Dsc00913 ホテルの場所は中区・栄にあって繁華街にあるが、粉雪がチラついていた。(まるで「カルチェラタンの雪」のように) 現実にはそんなことは言っていられない・・・寒いので、ホテルの部屋でのんびりと・・・残念ながら、布施くんとはニアミスもなく・・・

Dsc00923_2

翌日にチェックアウトをして、夕方のコンサート(実は今回のコンサートは2部制で、席の関係で後の部を選んだ)まで・・・名古屋のタウンウオッチングを楽しみ、開始2時間前には栄に戻った。

パーキングに車を入れて、寒いのでコンサートホール目前のスタバで時間調整。

Dsc00917

開場前15分になってホールへ行くと、先に来られていた方と入口に準備されていた椅子に座って・・・開場のアナウンス。 300名ほどのクラシック向けホールで、事前に選んでいた席は真ん中の真ん中。この位が音響的には良い位置と考えた。

Dsc00929 布施ファンはやはり同年代の女性が多い。後は我々のような年代のカップル。この時期のコンサートなので、「満席になるのかなあ?」と・・・シュフが勝手な心配をしていたが、満席になっていたので、シュフが「良かった!」って、布施くんの心配までして、どうすんの?
18時45分に「布施明スペシャルコンサート」の開演。バックミュージシャンはピアノはいつもの井川さん。そして弦楽4重奏(1stバイオリンは高嶋ちさとさんのサブリーダー中島さん・2ndバイオリン白澤さん・ヴィオラは瓜生田さん・チェロは佐藤さん)の5名という小編成のコンサートは初めてだにゃんcat  一応、PAシステムがセットされていた。にゃんこはこのホールだったら要らないのと違うの?と思った。
コンサートが始まると・・・想像通り、大きなホールと違って、布施くんの声や楽器の音がクリアだにゃんcat  どうやら部分的にPAを使うらしい。
プログラムは1部(8曲)と2部(7曲+2曲)に分かれていて、途中20分の休憩だったが、ホールに合った選曲を中心に、オリジナル曲を含めて、良く聴く内容で2時間弱をシュフ光子は堪能したようだにゃんcat

コンサートが終わって、シュフは余韻を楽しむためホワイエで記念写真を撮ったりして、最後にホールを出た。最後の客までスタッフの方がご挨拶をされていて、「おもてなしの心」が行き届いているのは感心したにゃんcat
その、のんびりさが後で、シュフ光子にとって幸運の女神が訪れる結果になったにゃんcat
何と・・・出口付近で一部のファンがおられたのだ。・・・とバックミュージシャンの女性陣が出て来られて、その人達に視線を取られている時に、にゃんこが気付いたのだ。
その少し離れた後ろに布施くんがファンに囲まれているのを・・・
「みっちゃん!布施くんがあそこに・・・」って、叫んだ! それを聞くなり、動きが早かった。人ごみを掻き分けて、布施君の傍へ飛んで行った。行った時は両手に荷物を持っておられたので、握手は出来なかったらしいが・・・この場にいる仕事を離れた布施君を見て、年齢を感じずに、凄いインパクトのある男性なんだと感じた。これをオーラというのかなあと言っていたにゃんcat
Dsc00945
そしてタクシーへ乗り込んで、走り出すのをお見送りが出来たって。
「良かったね。すごいご褒美があったネ」って・・・
忙しい年の瀬に無理をして、名古屋までコンサートに来た甲斐があったようだにゃんcat
帰路の車内でのシュフ光子は幸せそうで・・・にゃんこも嬉しいにゃんcat(ちょっと疲れたけど) 

2013年12月23日 (月)

最近のメモリアルデーでのおもてなし

いよいよ、本年の営業が終わる段階で、お客様よりのご依頼で、サプライズのバースデー・ケーキを依頼された。
その日は営業最終日で、シュフ光子の母親のバースデーでもある。
そこで、お客様からのサプライズケーキと母親のバースデー・ケーキを同時に作ることとして、食事にも招待した。当日はその他にもお客様がおられて、ほぼ満席に近く、食事のコースが終わって、デザートのタイミングで、この2つのケーキが登場する。
Dsc00581
そして、キャンドルが点されたケーキが客席に行くと、他のお客様からも歓声が上がった。
まずは先にサプライズを依頼されたお客様からのバースデー・ケーキが出て、次のタイミングでシュフ光子から母親へのバースデー・ケーキを出した。
それぞれ、ローソクの炎を吹き消す段階で、そこにおられたお客様全員からお祝いの拍手が送られた。料理好きのシェフ光子を育ててくれた母へのお料理とケーキのプレゼントはラッキーにも、その場に居合わせた皆様からもお祝いをして頂けたことで、シュフも嬉しそうだにゃんcat

Dsc00583
「あすかの食卓」でのお客様はそれぞれでお越し頂く訳だけど、席を同じくされたことで、一体感が生まれるような雰囲気になるのは今回だけではない。
通常のお食事でも、先にお帰りなる方から、残っておられる方へ、「お先に失礼します」とか「騒がしくてゴメンナサイ」とかお声掛けをされることが多々、見受けられます。
本当に不思議だと思うにゃんcat そして敢えてそのようなことを考えていないけど・・・嬉しいにゃんcat

休業に入った昨日はシュフ光子の同窓会が行われた。

今回が4回目。前回まではシュフ光子は提供する料理の作ることで、同窓会のメンバーとして楽しめないので、幹事のFさんからは「シュフも参加出来るような料理を考えて!」とのお気遣いが有って、今回は今までとは違ったメニューが必要だった。そこで鍋料理は「牛しゃぶ」と「カニすき」、そしてクリスマスと兼ねて、「七面鳥の丸焼き」と「サーモンとイクラを使ったちらし寿司」、その他「ローストビーフを使ったサラダ」を事前に準備して、飲み物は各自に好きな物を持ち寄ることにして、総勢17名(シュフとにゃんこ含む)で午後5時から始まった。Dsc00609

因みに「七面鳥の丸焼き」は始めての取り組み。大きさは6kg有って、オーブンで160℃で6時間焼くとのこと。まあ、とにかくやってみるしかない。焼きながら、途中で焼き具合をみる方法で、実時間は4時間くらいで、竹串を刺すと中まで火が通っている様子で、肉汁の具合からベストタイミングと判断した。同窓会が進んで、テーブルまで出すと、全員から歓声が上がった。これを切り分けるのは男性の役割と・・・初参加の方にお願い。 6kgの七面鳥は肉が豊富で、皆に十分行き渡る。そして焼き加減はバッチリだったにゃんcat

Dsc00716_2 シュフより「にゃんこちゃんも中に入っていいよ」って言われても・・・

同窓会としては共通の話題が持ち合わせていない。今回、50年ぶりに参加のメンバーもおられるので、雰囲気を壊したらあかんにゃんcat

ちょっと、遠慮して・・・いつものパソコンを置いている「にゃんこの巣?」でワインを飲みながら待機して、声が掛かった時だけ出て行くようにしたのだにゃんcat
Dsc00719





Dsc00718_3




終了は午後10時頃、皆さんから感謝とお礼の言葉を頂いて、シュフ光子は嬉しそう。そしてシュフとにゃんこで皆さんをパーキングに通ずる道までハンディーライトでお見送り。

皆さんには楽しい同窓会をお過ごし頂いたようだにゃんcat

2013年12月22日 (日)

「gallery&cafe キッチンハウス ジンゼンジ」へ2度目の訪問

2度目の訪問で道に迷うこともない。
にゃんこが晩秋の庭をカメラに収めている間に、シュフ光子は玄関から中へ・・・
Dsc00363
お名前はお聞き出来ていないのですが、いつもCafeでおもてなしを頂く女性はシュフ光子のことを覚えて頂いていて、「あすかの食卓のブログを拝見しましたよ」っと・・・
因みに、にゃんこは以前にお越し頂いたお客様のお顔を、なかなか覚えるのが苦手なのだにゃんcat
今回は時期的な状況で、薪ストーブに火が入っていた。やはり薪ストーブには火が入っていることが似合っている。
Dsc00369
以前に伺った時には2階のギャラリーを見せて頂いたので、建物内をうろうろする必要がない。今回はこのお気に入りの空間で、ゆっくりとした時間を過ごしたい。
早速、にゃんこは前回にも頂いたパンケーキと、珍しいコーヒー、「コピ・ルアク」をお願いした。シュフ光子はケーキとジャバティをお願いした。
にゃんこがパンケーキをお願いしたのは・・・あのプレートで焼かれる様子を見たい。そして何よりもにゃんこのためにだけ作って頂くパンケーキのプロセスを確認したかったのだにゃんcat
Dsc00395
まず、小麦粉をフルって、生地を作られる。そして、プレートで焼かれる時に、鉄板には拘りのバター(北海道の某修道院製が最も合うとのこと)が引かれた。
生地を適当な大きさに伸ばして、焼き上げられる。
Dsc00461_2




キッチン横の食器棚には秦泉寺先生がコレクションされた食器が整然と並べられている。それらの食器は、やはり先生のセンスが読み取れる。質感や色はシュフ光子の好みだにゃんcat
Dsc00435





そして、やがてお皿に載せられたパンケーキがにゃんこの前に・・・
オーガニックのメイプルシロップと・・・かのコーヒー「コピ・ルアク」
「コピ・ルアク」は始めて。 いままで飲んだコーヒーとは違う香りと味。 文面での表現は勘弁して欲しいにゃんcat
Dsc00481












シュフのケーキも少し、頂いた。深い味わいのケーキでした。

Dsc00485







Dsc00387 シュフと静かな時間を過ごした。
薪ストーブの揺れる炎を眺めながら・・・
かの女性と、秦泉寺先生の本棚の前で、本の話で盛り上がった。
シュフは山本兼一「利休にたずねよ」を見つけて、話題で引っかかっていた。
今回は時期的にも早く日が暮れて、気が付けば窓の外はすっかり暗くなっていた。
今年の営業も12月最終週で終わり、3月下旬までは冬期休業とのことでした。
今回も素敵な空間で、素敵な時間を過ごし、そして美味しい飲み物とケーキを楽しんだ。
また季節を変えて訪れたいにゃんcat
シュフ光子にとって、お気に入りの空間は少ないが、このcafeは日帰りで訪れることができる空間としては貴重だにゃんcat

2013年12月15日 (日)

シュフ光子が熱望していた、映画「利休にたずねよ」に行きました

仕事中に「にゃんこちゃん、映画「利休にたずねよ」を探して!」って・・・
仕事と映画のどっちが大事だにゃん?と思いながら、Cafeスペース横のある「にゃんこの巣?」のPCでネット検索。 丁度、始まったところだにゃんcat
以前から、シュフ光子はそれらしいことは言っていたが・・・にゃんこは軽く聞き流していた。そして、先のブログでキルト作家「秦泉寺由子」さんのgallery&Cafe「キッチンハウス ジンゼンジ」へ2度目に伺った時に、先生の本棚に「利休にたずねよ」の本を見つけてから、その想いは再燃した。 帰ったら、すぐに本屋へ行って、山本兼一著「利休にたずねよ」を買って、読み始めたのだにゃんcat
Dsc00576
幸い、近くのアルルにある「TOHO シネマ 橿原」で始まっていた。そのことを伝えると、「今日の仕事が終わったら行く!」 と言い出した。 
しゃーないにゃんcat  早速、ネットから席の予約。いつも希望するド真ん中の席をGETしたにゃんcat
仕事が終わると、テーブルだけ、片付けて・・・こっちが出掛ける準備OKなのに・・・
なかなか出てこない。 何してるんや!って思ったら、おにぎりで弁当を作っていた。 いつもの「賄いごはん」を映画館で食べる準備だにゃんcat  
予約した映画の始まる時間が迫ってきた。
戸締りをして飛び出した。 駐車場までの途中、Iさん宅のバロン(黒色の犬・・・にゃんこの友達)に啼かれながら・・・

アルルに着いた時は10分前。週末で、世間ではボーナスが出たタイミングなので、素晴らしく混んでいた。いつもは、こんなことはないのだがパーキング内で、動けない。上映時間も迫っている。一台分、空いたスペースが見つかったが、一方通行を無視した車が動きたい方向を塞いでいた。暫く、待っていたが、埓があかないので、強引に入って行くと、悪いと思ったのか、避けたので、無事に停車。 映画館までは離れた場所だったので、急いだ。開始時間に到着。予約したチケットを発券機から受け取り、入場した。「利休にたずねよ」上映会場へ入ると、拍子抜け。空いていた。これだったらネット予約はしなくても良かったにゃんcat

例の如く、CMや注意事項で、上映が始まったのは10分後。

「利休、切腹まで20年前・・・」という、時間軸を遡っていくストーリーの組立。

先ほどの、上映予定の映画紹介のように大音量での内容とは対照的で、音的には静かな作品だにゃんcat  そして映像も派手ではない。 落ち着いた美しい映像だ。 にゃんこ的には嬉しい。そして安心して見れる。Sub06_large

しかしストーリー的には原作の山本兼一著「利休をたずねよ」を読んでいないにゃんこには、この映画は難しい。

2時間6分の上映時間内で、にゃんこなりに感じたことは利休が命よりも「美」に拘ることの方を大切にしていたこと・・・

若かりし頃に出会った「高麗の女」(権力者のために高麗から連れて来られた)に恋をして、その女のために料理を作ったり、あの狭い空間での茶室を作ったり、お茶のための器に拘り、求めたり、利休が美への追求のために生きた根底には、その高麗の女の存在が有ったこと。囚われの身である「高麗の女」を逃すために手助けするが、結局は逃げ切れず、二人で命を絶とうとするが、利休は生き残る。その時に預かった「緑釉の香合」は秀吉に見つかり、所望されるが断り、そのために利休は自らの命を断つことになる。

その高麗の女の存在は妻である宗恩にも明らかにしなかったこと。

Nakatani_large_2

このような生き方って・・・どうにゃんcat

シュフ光子は、白い木槿の花がなぜ、いつも茶席に活けられているのかという疑問がこの映画を見ることによって解決したって・・・

にゃんこは今の溢れている物質文化に較べて、映像の中に出てくる当時に重用された、質素な器や花、そして茶室等に美の極致を求めた姿勢を考え直さなあかんにゃんcat

そして、利休の、あの一途な恋心は、現代人にはどのように映るのかにゃんcat

このブログをここまで書いてきたが、本当はにゃんこ自身が良く分かっていないので、「一体何が言いたいんや? にゃんこは?」って言われそうだにゃんcat

この映画「利休にたずねよ」に興味がある人は是非に見て下さい。

そして、どう受け止めたか? 自らで考えて見て下さい。

シュフ光子とにゃんこは 「良かったね!」って・・・

にゃんこも「利休にたずねよ」の本を読もうっと・・・ そうすればもう少しは分かるかにゃんcat

*映画場面の映像はオフィシャルサイトから流用させて頂きました。

2013年12月10日 (火)

あすか夢の楽市で「ビオマルシェ」が行われています

9月下旬から毎週、金曜日に近くの「あすか夢の楽市」の駐車場スペースで若い人達が集まって、「明日香ビオマルシェ」として野菜や卵、アクセサリー等を売っておられます。
Img_0325_2
自然がいっぱいの里山で取れる新鮮なオーガニック野菜は少量ですが、生産者の方が直接に販売されているので、生産地や生産方法を聞きながら、お買い物が出来るにゃんcat
Img_0329





時間帯は午前9時よりお昼までなので、早い目に行かれることがお勧めです。









因みに、先のブログでご紹介を致しました奈良のパン屋「エルダール」さんのご友人も参加されていて、そのお野菜が、食材にこだわっている「エルダール」のパンに使われているとのことでした。
Img_0327
「あすかの食卓」でも珍しいお野菜はサラダに使わせて貰っています。
若い生産者の方が頑張っています。
まだの方は是非に覗いて見て下さいにゃんcat
Img_0331

2013年12月 7日 (土)

年末年始の営業について

2013年も残り僅かとなりました。Dsc00334
この一年は本当に多くの方に支えられて、シュフ光子とにゃんこは過ごすことが出来ました。
感謝の気持ちで一杯です。
この一人と一匹(?)は還暦を過ぎて、「Cafe あすかの食卓」と言う、ちっぽけなお店を明日香の北の端っこ(と言っても昔に飛鳥という日本の中心として都が有った処)の裏通りに始めましたが、ご縁を頂いた方々のお陰様で、また一年を何とか続けることが出来ました。本当にありがとうございました。
来年も元気で営業を続けることが出来ればいいにゃあcat と思っています。
シュフ光子は「小さなCafeだけど、常にキラッと光るお店でありたい」を信条として頑張っています。だからにゃんこも一生懸命にサポートして上げたいと思って頑張っているのだにゃんcat

そして、私たちの周りには若い人達が、お店を持ったり、持とうと頑張っています。その人達の応援をして行きたいと思っています。Dsc00552  

そこで、この年末年始の休業につきましてのお知らせをさせて頂きます。
  本年の営業は12月16日までとし、翌年の営業は1月14日からとさせて頂きます。
  クリスマスや忘年会そして新年会のご要望をたくさん頂くのですが、この期間はほとんどの食材供給先がお正月用になってしまい、シュフ光子の「おまかせコース」にとって、食材(約95種類)の入手が困難になります。
 そのような理由で約1ヶ月の期間をお休みとさせて頂くことになります。どうぞご理解を賜りますようお願い致します。Dsc00562

写真は最近の「あすかの食卓」へ遊びに来た可愛い子達です。

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »