2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« やっぱりお伊勢さんへ行きました | トップページ | 少し遅い目の参詣 »

2014年1月 9日 (木)

未開拓だった京都郊外のCafeと「月の桂」蔵元へ

「あすかの食卓」の年末年始休暇の日程も、後、僅かになりました。そして、年始からの営業に向けて、空っぽになった冷蔵庫に、シュフ光子の「おまかせコース」に使う食材を調達しなければなりません。 お正月明けは何れの産直やスーパーもお野菜等食材のラインナップは正常の状態には戻っていません。 しかし、お陰様でスタートからご予約を頂いているので、スロースタートの予想は外れてしまって、シュフ光子の嬉しい悲鳴?・・・にゃんこはちょっと心配だにゃんcat ・・・「にゃんこちゃん 任しとき!」って、百戦錬磨のシュフは落ち着いたものだにゃんcat
 で! お休みも、「にゃんこちゃん、ここへ行こう!」って、「おでかけ!京都の近郊へ」っていうMOOK本を手に、にゃんこの首に縄をくくり付けて、・・・ズルズルって
 天気予報も今日は終日雨だにゃんcat Cafeスペースでパソコンの組み立て準備をしていたが、ま・・・いっか!
 行き先は京都・八幡郊外にあるビストロ「南フランス家庭料理・気まぐれ市場」
電話で予約を入れて、「OK!」とのこと。1時に予約を入れた。弱い雨の中、真菅から無料の京奈和道と24号バイパス、奈良からは有料の京奈和道で八幡ICで下りて、岩清水八幡宮の方向に向かって、国道1号線を大阪方面に向かって南下、しばらくして、郊外の住宅街の道沿いで、到着。所要時間は1時間少し、予約より30分早かったが、隣のパーキング(場所は予約の段階で確保して置きます、は嬉しい)に入れて、「どうぞ!」 シュフがこのビストロに注目したのは「ご夫婦で営業されている」という点もあった。迎えて頂いたのは奥様。するとご主人がシェフ。
奥様の笑顔で暖かい雰囲気は、ほっとした。窓際の二人掛けの席にご案内頂いた。 席には既にデッシュやグラス、ナフキンが準備されていた。
黒板に手書きのMENUをお持ち頂いて、遅い朝食だったので、真ん中のBコースを依頼。メインが選べるので、にゃんこは肉料理「子羊」、シュフは魚料理「さわら」を選ぶ。もう一つは鶏料理がある。しばらくしてお料理が運ばれて来た。まずは「前菜」と「パン」、
Dsc01090

Dsc01092







そして「スープ」、「メイン」、
Dsc01095








Dsc01097













「デザート」、「飲み物」で1時間くらいのコースでした。
Dsc01099












各お料理では丁寧にご説明をして頂いて、おもてなしの心は行き届いていました。それぞれのお料理(実際、南仏へ行ったことはないが)には丁寧な味付けで、良質のオリーブオイルが使われて、お料理それぞれが美味しかったにゃんcat パンも自家製の天然酵母を使われているようで、3個も頂いた。このBコースは2,100円で、お値打ちだと思います。

Dsc01102











帰り際に、私たちも明日香村でCafeを営んでいることをお伝えして、他にお客様が居られたので、長話は控えましたが、オープンから27年目の老舗で、自宅兼店舗で、お二人でやっておられるから出来る内容だと思う。店内のインテリアは長い間に作り込んで来られたらしく、外観も含めて雰囲気がありました。ちょっと参考にさせて頂いたのは「写真は自由に撮って貰って構わないが、ブログに挙げらる場合はアドレスをお伝え下さい」の掲示。
で、私たちのショップカードをお渡しして、上記のお話となった次第なのだにゃんcat
このブログを拝見されている方にはお勧めのお店です。
Dsc01107


そこから、1号線に戻って、京都方面に向かいながら、にゃんこが「増田徳兵衛商店」へ行こう。と提案。 いつもお正月で楽しむお酒「月の桂のにごり酒」の蔵元。今年は近くのリカーショップがこの酒を扱っておられたので正月早々に注文していたが、シュフ光子が、年末から、この蔵元の「酒粕」が欲しいと言っていたことを思い出した。少し走るだけで、蔵元の有る伏見まで行ける。30分ほどで到着。道向かいの駐車スペースに丁度、1台分空いていた。シュフと一緒にお店へ入っていった。
Dsc01112 受付の女性と蔵元のご主人が対応頂いて、いつもの「にごり酒」は予約済なので、今日はパスして、業突張り(シュフ曰く)のにゃんこはお酒のラインナップを見ながら、まず事前情報からワインのような「稼ぎ頭」をセレクト、そしてご主人からお勧めの「大吟醸ー月の桂琥珀光」をセレクトした。そして、後回しになった本来の目的であるシュフ希望の「酒粕」2kgを頂いた。

せっかく、ご主人が対応頂いているので、これ幸いと、こういう生酒を楽しめる期間とか最適な保存方法について質問させて頂き、丁寧にご説明頂けた。冷蔵庫で保管する分には発酵が止まっているので、長期間でも大丈夫とのこと。只、にゃんこはワインセラーでの保存なので、あまり長くは置けないにゃんcat ということは早い目に飲んだ方がいいのだにゃんcatにゃんcat 
帰り際に、気付いた蔵元入口の設いは京都らしい。 さすが伝統美には感激。
Dsc01115

今回に頂かなかった「月の桂・にごり酒」は因みに、にゃんこは30年前からのお付き合い。この酒の特徴は瓶詰めされてからも発酵が続いていて、中に炭酸が溜まる。そのことによって、開封すると、勢い良く中身が吹き出す。発泡酒の様子がワインに似てることが嬉しい。おまけに深酒しても悪酔いしない。この酒は秋に仕込まれて冬の時期だけの醸造なので、量的には限られる。だから本当は教えたくないのだにゃんcat

これで、お正月明けにも、美味しいお酒が楽しめるにゃんcat

シュフ光子の行きたかったところは京都市内の中心地で六角通りに出来た「八百一本館」なんだけど、にゃんこが渋っている。序ででの行動は時間がないから、錦市場へ行った時とかゆっくりと行けばいいのだにゃんcat
Dsc01118  

« やっぱりお伊勢さんへ行きました | トップページ | 少し遅い目の参詣 »

あすかの食卓 日々の様子」カテゴリの記事

コメント

1月11日午後 3500円コース

ブラボーでしょう !
食材もよく、サラダは地産でしょうかおいしかった。
オーナーが都度、食材の説明をしてくれるので
いただく我々も一つ一つに興味がわいてくる。
あまりない経験だったので新鮮であった。
90種類の食材を使ったと言う。
ラストのフランスの紅茶はグットよ。

店内はオーナーの個性があふれ、
オーデイオやカメラに興味ある方はたまらないと思う。

ワインでもあればよかったが、車で来たので残念。
3時間半、ゆっくりと味わって食事が出来ました。

最後に記念写真を撮ってくれたが、メールで送ってくれる
とのことであった。


きのう(1/11)の午後1時からお邪魔させていただきました陶芸クラブどりい夢のやまざきです。ゆっくりお正月を!と思っていらしたのに・・・15名という多人数でお世話になり、ありがとうございました。
思ってもいないメニューのお料理が次から次へと出てきて・・・びっくり仰天でした。こんなにたくさん!!と思いながらもすべて完食。おいしかったぁ!
 【みんなの感想です】
 お料理に愛情が感じられたね。器もよかった。(K)
 至福のひとときをありがとうございました。(S)
 あんなにたくさんの野菜がおいしく食べられて、しかも安い!!(N)
 また行きたいね(o^-^o)(Y)
写真まで撮っていただきありがとうございます。送っていただけたらうれしいです;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

SHIRO 様
 身に余るコメントを頂き、嬉しく思っております。
 楽しくお過ごし頂けたのであれば幸いです。いつまでもご期待に添えるように努めたいと思います。
 その節のお写真をメールにてお送り致します。
 季節が変わりましたら食材も変わりますので、またのご利用をお待ち致しております。
 この度のご利用をありがとうございました。
 
 

やまざき様
 この度のご利用をありがとうございます。そして大変嬉しいコメントを頂き、ありがとうございました。
 また、皆様のコメントまでお伝え頂き、感謝致します。
 その節のお写真をメールにて送らせて頂きますので、上手く撮れているか分かりませんが、ご笑納下さい。
 そして、またのお越しをお待ち申し上げております。

こんばんは。
写真、ありがとうございます。
たくさん写していただいてありがとうございました。
みんなの楽しそうな表情が写っていてよかったです。
プリントして、みんなに渡そうと思っています。
還暦を過ぎて、第2の人生で、あんなに素敵なお店を
もたれて羨ましく思います。
レストランでもなく、やっぱり食卓がぴったりですね。
またいつかきっとお邪魔させていただきます。
ずっと続けてくださいね!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558590/58914243

この記事へのトラックバック一覧です: 未開拓だった京都郊外のCafeと「月の桂」蔵元へ:

« やっぱりお伊勢さんへ行きました | トップページ | 少し遅い目の参詣 »