2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 何処の景色でしょうか? | トップページ | 珍しいスピーカーを入手 »

2014年2月23日 (日)

京都でのんびりと二泊三日の旅

シュフ光子がお気に入りの岐阜にあるお花屋さん「karakaran」さんから突然、ハガキを頂いた。それは2月23日を以って閉店されるという案内でした。オーナーの小木曽さんにはいつもご無理をお願いして、お花を送って頂いたりと、お世話になりました。そこで閉店される前に、是非に伺いたいと岐阜のホテルまで予約したのですが、大雪で被害が出ている状況で、車での旅は難しいと、判断して、直前にホテルをキャンセル! 改めて伺うことにして、今回は予定を変更。
この時期の京都へ行くことにしたにゃんcat 急ぎで、いつも利用する「京都ガーデンホテル」へネットで予約。料金を見てビックリしたにゃんcat 1室での1泊料金は5,000円を切っている。そして、このホテルの嬉しいところは駐車料金が無料。京都に向かって、昼前に出発。のんびり旅行で、途中でも何箇所か立ち寄りながら、チェックインの15時にホテルへ車を入れた。フロントにて、2泊目も可能か聞いて見たところ、同室が空いていて、連泊OK! やったあ~にゃんcat Dsc03344 京都で3日間を遊べることになった。部屋に荷物を運び込んで、シュフ御用達の御池通りにある「TOYO KITCHEN STYLE 京都」のショウルームに向かったが、・・・無い! 有った場所には他キッチンメーカーのショウルームに変わっていた。ショック! 落胆して歩き出すと、通りの向かいのオシャレなマンションの1Fに「TOYO KITCHEN STYLE」があった。早速、入った。そこにはオシャレなタイルと一段と進化したシステムが配置されていた。嬉しそうなシュフ光子の目が輝いている。現在、店用とプライベート用の2箇所に、この社のシステムを導入しているが、「私の理想のキッチンは3箇所よ」と日頃から言っているので、にゃんこは心配だにゃんcat 担当の女性と名刺交換だけして、かなり重いカタログのセットを頂いて、その場を失礼したにゃんcat  次には河原町通りにある、これもシュフお気に入りの雑貨店「アンジュ」へ入る。シュフお気に入りのキッチンツールが置かれている。そしてにゃんこにもお気に入りのアンティーク腕時計やJAZZレーベル「sawano koubou」のCDが視聴出来る。小1時間居て、四条通の老舗和菓子店「鍵善良房」へ行ったが、昨日から店舗改修での臨時休業だにゃんcat 残念だにゃんcat  日が暮れて、四条通は夜の賑わいになっていた。ホテルへの帰路で、ジュンク堂書店に立ち寄り、何冊かの本を購入し、ホテルへ戻った。

翌日はモーニングで「イノダコーヒー本店」へ行く。途中で「六角堂」に立ち寄り、お参りした。2泊ならではの、のんびり旅行のお陰だにゃんcat 以前に「あすかの食卓」へ突然にご来店頂いた池坊様のご縁でもあった。Dsc03283 この時期の「イノダコーヒー本店」は待ち時間も大してなく、席に着く事が出来た。定番のモーニングで濃い目のコーヒーを楽しんだ。
Dsc03291








 そこから錦市場に向かい、早朝の錦市場は久しぶり。準備中の店があったりして、観光客も少なくて、快適に細い通路を移動出来た。

お店で使えそうな可愛いお菓子を扱っておられるお店で足を止めた。

Dsc03299




只、お花屋さんはまだ開いていなかったので、通り抜けて、突き当りの「錦天満宮」でお参りし、守り神と記念写真。
Dsc03305

この界隈で未開拓のところを散策。そしてランチの時間帯に入ったので、シュフが今回の京都散策のメインとしていた「八百一本館」へ初めて行って、ランチを頂くこと。「六角堂」の近くなので、少し歩かなくてはならず、お腹も空いていたにゃんcat。2Fにあるランチ用レストラン「きょうのおかず」に入店。すぐカウンター席に着く事が出来た。2種類のランチメニュー(一つは数量限定)を注文。にゃんこは単品の「おでん」と生ビールもランチで頂けるのが嬉しいにゃんcat 内容的にはリーズナブルで美味しい。きっちりとお出汁を取られていて丁寧な作りで、採点が厳しいシュフにも満足感があった。京都へ行かれたらお勧めだにゃんcat
Dsc03309

Dsc03335











お勘定時、マネージャーさんに対応して頂いたので、「あすかの食卓」で使っているお野菜では、デパートの地下店でお世話になっていることをお伝えすると、喜んで頂けて、名刺交換をさせて頂いた。同階フロアには「アンジュ」の出店「アンジェボンルパス」があったり、お花屋さん「ハーモニアス」があったりオシャレな店が揃っている。1Fに下りて、珍しい野菜を購入。しっかり買ったので、この荷物を持っての散策は無理。いったんホテルに戻り、車へ収納して街へ戻って、お気に入りの三条通りを散策。少し歩き過ぎて、Tea timeの場所を探す。I phoneにて「book cafe」を検索すると、近くに「sunshine cafe」というcafeが見つかって、入口がアーケードに面した5階建ビルの5Fにあった。エレベータで上がって入店すると・・・イメージした程のbook cafeではない若者が営業していた。シュフは「ジンジャエール」、にゃんこは「ホットココア」で小一時間居た。Dsc03350キッチンでは若い男性オーナーが女性スタッフに厳しく注意しているのが聞こえてくる。それを聞いていたシュフは帰り際に、この若いオーナーを捕まえて、「儲かっている?」って声掛けした。(余計なことを言うにゃんcat) 返ってきた返事は「ま・まあ~!」って  

そこから三条大橋を渡って三条駅界隈へ行く。大橋上では風が冷たい。鴨川ではその名の通り、川面には鴨が群れていた。(さすが、洒落ているにゃんcat) 
Dsc03362 洒落た酒店ののれんに「獺祭」とあって、山口県の銘柄「獺祭」が有れば・・・と期待して行ったら、店主から「在庫がありません」・・・なかなか注文通りに入って来ないとのこと。残念だにゃんcat

三条通りを戻る途中で、店名の表示が無い「箒」や「束子」の店。この店もシュフは知っていた。この店の「庭箒」(価格はホームセンターの10倍・・・落ち葉を掃くにはこれに限る)を買いたいが、持って歩けないので、改めて伺うにゃんcat 寒いので、今夜は早々にホテルでのんびりしたい。帰り道に「八百一本館」へ立ち寄って、お弁当を買って、ホテルに戻り、入浴後、白ワインで夕食とする。

三日目は朝から、先にチェックアウト手続きを済ませて、午前中に車のみの預かりをお願いして、お目当てのお花を購入のため錦市場へ行った。2軒のお花屋さんを巡って、二人の両手一杯のお花を買って、車に戻ったのがお昼前。

ホテルを出発して、シュフが希望した寺町通りの老舗の菓子屋「村上開新堂」へ寄る。一見さんには売らないと聞いていたが、数種類を購入できた。Dsc03398 その間、路駐で車の中で待っていると、向かいのお店のドアの間から、可愛いニャンコの姿をチェック。何ていう名前かにゃあcat デジカメでパチリ!
Dsc03377










その帰路は白川通りから比叡越えで、大津、琵琶湖大橋、栗東でお目当ての処に寄りながら、京滋バイパス経由で帰路に着いた。

寒かったけど、違った京都の楽しみ方としてシーズンオフの京都もお勧めだにゃんcat

その点、明日香の冬は楽しめるコンテンツがあまりにも少な過ぎる。春や秋のシーズンのみを考えているようではとても京都には敵わない。

Dsc03383

明日香の観光は一年中楽しんで貰えるような施策を考えることが課題だにゃんcat

« 何処の景色でしょうか? | トップページ | 珍しいスピーカーを入手 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558590/59184308

この記事へのトラックバック一覧です: 京都でのんびりと二泊三日の旅:

« 何処の景色でしょうか? | トップページ | 珍しいスピーカーを入手 »