2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 珍しいスピーカーを入手 | トップページ | 春節祭前の台湾へ行く Vol 5 »

2014年2月23日 (日)

春節祭前の台湾へ行く Vol 4

少し、間が空きましたが、続きを書きます。
翌日は4名が元気で揃いました。ホテルのある行天宮駅から2つ目の駅「忠孝新生」で下りました。西方向に少し歩いたところで忠孝東路にある工場跡地で「華山1914文創園区」では文化活動の拠点としてさまざまなイベントが行われています。Dsc02309 入口では早速、遊び心発揮で、本日の旅を予感。

Dsc02306









施設の中へ入っていくと、まだOPENしていないCafeの前では早速、バットマンにゃんこがお出迎え。
Dsc02323







そして、木々が茂ったスペースに入ると、シックな感覚のCafeやBarが並んでいた。
Dsc02365








1箇所では既にOpenされていて、携帯用のお茶POTを購入。Dsc02413









Dsc02418










各自が施設内をデジカメでの撮影を楽しんだ。建物の2Fに上がれる階段があって、昇っていくと洗練された空間があって、落ち着いた音楽が聴こえてきた。にゃんこはこういうスペースにはついフラフラと釣られて・・・どうやら環境音楽に特化されたミュージックショップのようだ。日本のように狭いスペースでCDを選ぶのではなく、ゆったりとした空間で、視聴も出来る。女性店員がおられたので、「JAZZはないですか?」 すぐ案内して貰って、早速視聴したにゃんcat
そしてお気に入りを2枚チョイスして、レジへ行くと、「もう一枚選んで、3枚になれば100元にします」と聞いて、悩んでいたもう一枚を追加。(にゃんこにとっては貴重な土産)
Dsc02512
出口に近いオリジナルデザインショップではシュフ光子がドット柄の服とショールを選んでいた。値段を知ると・・・高~か! 仕方なくクレジットカードの日本円払いでチェックしたにゃんcat







次の目的地に向かって移動。下りた「忠孝新生」駅からMRTで「西門」駅で下車。有名な「龍山寺」へ向かった。この寺は台北のツアーではチョイスされるところ。Dsc02622



門前では偶然に戯れる2匹のにゃんこをチェック。
Dsc02627







中に入ると歴史を感じる寺で、Iちゃん達はお供えを買ってお参り。シュフは滝の傍で休憩。にゃんこはデジカメで撮りに回っていた。ここでも台湾人の信仰心が深いことを認識したにゃんcat
Dsc02658















「龍山寺」を後にして、近くにある旧跡「剥皮寮」へ向かう。
Dsc02745 ここではイベントや歴史教育の場として使われて、「従軍慰安婦」に関わる展示があった。レンガ造りの建物群で、日本が統治していた時代が色濃く残っている。






お昼が過ぎていて、食事をする場所として、「永康街」へ向かうことになったが、MRTでは時間が掛かるので、全員が乗れるタクシーを捜して、乗り込む。「中正記念堂」を横目で見ながら、「永康街」へ到着。お目当ての店を探したが、例のランチは14時までに引っかかり、タクシーを降りた付近で、Iちゃん達が見つけてくれた小籠包が美味しそうな店を見つけて、入った。
Dsc02784 大正解だにゃんcat

 










食事の後はいよいよ、「永康街」の雑貨やCafeがたくさんある若者の街に繰り出します。
Dsc02789



Dsc02787

« 珍しいスピーカーを入手 | トップページ | 春節祭前の台湾へ行く Vol 5 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558590/59186753

この記事へのトラックバック一覧です: 春節祭前の台湾へ行く Vol 4:

« 珍しいスピーカーを入手 | トップページ | 春節祭前の台湾へ行く Vol 5 »