2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 少し遅い目の参詣 | トップページ | 春節祭前の台湾へ行く Vol 2 »

2014年2月 5日 (水)

春節祭前の台湾へ行く Vol 1

1月後半にお休みを頂いて、日頃に親しくして頂いているTデパートのIさんより、「台湾へ行きませんか?」とお誘いを頂いたので・・・「行きます!行くにゃんcat!」
関空にて、午前8時集合。私たちはいつものパターンで、阪和道を使って関空へ、1時間弱で到着。メンバー全員で5名が揃ったところで、搭乗手続き。
Dsc01177_2 午前10時発、チャイナ・エアにて約3時間で台湾桃園国際空港に着いた。日本より少し暖かい16℃。このツアーは添乗員無しで、空港からホテルまで案内して貰って、帰りもホテルで集合して、空港まで送って貰うという、滞在中は自由行動になるものです。私たち以外の3名は台湾の経験者で心強い。シュフとにゃんこは、後ろを・・・トトトト~ってcat付いて行くのみの楽チン旅。
空港よりホテルまでの移動はチャーターバスに乗り込んで、ほぼ高速道を台北の中心街に向かった。約1時間の移動で、高速道から見る台湾の第一印象は古い部分も残っているが、かなり近代化が進んでいる。
Dsc01310

中心街のホテルに着いて、荷物を置いて、30分後にフロントへ集合。ホテルから歩いて3分ほどの地下鉄(MRT)のDsc01350 「行天宮」駅より、「忠孝新生」駅乗換えで、










Dsc01369 「台北車(駅)」にて台鉄にて「瑞芳駅」下車。











Dsc01400











駅前の雰囲気は懐かしい昭和だにゃんcatDsc01432
「九(分)」(猫村)行きのバス停で待つ事、20分。バスの中は超満員。山道の登っていくので、手摺をしっかり持っていないと立っていられない。途中で海が見えて来て、目的地は近い。20分で猫村入り口に到着。陽は暮れかかっていた。
狭い石段の道を登って行く。両側はいろんな店が在って、賑わっていた。提灯や、色んな明かりで、お祭りの出店の中を歩いているような気分で、期待の「台湾の初にゃんこ」に会えるのか?・・・「猫村」という期待感で、写真を一杯撮りたいと思っていたが、夕暮れとともにちょっと心配。しかし、途中のお店の前で、案外簡単に初にゃんに会えたにゃんcatDsc01479
お店の人の餌入れの振る音に反応して、近づいてくれる。にゃんこは人懐っこいし、店の方も好意的。・・・異国に来た緊張感が一気に解れた。台湾が好きになりそうだにゃんcat
しばらく上ったところで、景色が広がった。
そうだ!ここは「千と千尋の神隠し」のイメージの舞台になったところだにゃんcatDsc01535



この不夜城のような「九(分)」の夜店を楽しんだ。 そして、お腹が空いたので、食堂を探してくれた。かなり積極的に日本語でアプローチされたおじさんのお店に入った。海が眺められるお店だったが、夜になると、幾ら台湾と言えども寒い。ベランダは避けて、店の中で食事を頂くことにした。
Dsc01616





ベテランに注文を任せて、5名(+王子1名)いるので単品で注文して、シェアーするのがGOOD!
滞在中は食事の心配や支払いをしなくて済むように、空港に到着時に一人当たり10,000円を預けて、それを台湾元に両替して、Yさんにその財布を預かって貰って、4日間滞在中の全員の交通費と食事代を賄って貰うことになっていた。(後に、私たちにとってはこの方法が最高だった・・・お世話をしてくれたYさんは大変だったと思うにゃんcat) 
5品と各自、好みの飲み物を注文。機内食以来、初の台湾料理。口に合うかどうか心配したが・・・美味しいにゃんcat
それぞれのお料理を楽しんだ。にゃんこはビール(台湾ビール)を頂いたが、日本のビールのように切れがあまりなかったが、穏やかな味の料理には合っているのかな?Dsc01620

ゆっくり食事を楽しみ、午後8時近くになって、帰路に着くことにした。石段を下るとバス道に下りた。そこにはシンボルにゃんこと、交番があった。Dsc01678_2








ここから往路と同じルートでホテルまで戻ると、かなりの時間が掛かる。そこで、近くに止まっていたタクシーも交渉次第では選択肢と、ベテランYさんとMさんの2人が英語と中国語で交渉。5人乗りで、日本円で1人当たり約1,000円で纏まった。
Dsc01679

お陰様で、1時間ほどで、ホテルに到着。日本語は通じなかったが親切な運転手さんでした。
Dsc01691



« 少し遅い目の参詣 | トップページ | 春節祭前の台湾へ行く Vol 2 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558590/59073217

この記事へのトラックバック一覧です: 春節祭前の台湾へ行く Vol 1:

« 少し遅い目の参詣 | トップページ | 春節祭前の台湾へ行く Vol 2 »