2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 春節祭前の台湾へ行く Vol 5 | トップページ | 春カフェ OPENのご案内 »

2014年2月24日 (月)

春節祭前の台湾へ行く Vol 6

いよいよ帰国の日になりました。
台湾に入国以来、Iちゃん達ベテランに案内して貰って、台北市内の観光では目一杯楽しむことが出来ました。本当に感謝です。
そして、今日の最終日は午前中が残されたフリータイムです。
にゃんこは来る前から、台湾のITに興味がありました。と言うのも、世界中に供給されているPCのパーツはかなりのウエイトで、この国から供給されています。そこで忠孝東路にある「八徳路」はIT街で台湾の秋葉原と言われています。にゃんこはそこへは是非、行って見たいと思っていました。Iちゃん達は「そこへも案内しましょう」と言ってくれていたのですが、旅慣れているにゃんこは大丈夫と、朝から一人で行くことにしました。他の女性陣は近くのスーパーのような所へ買い物行きました。シュフには残っていた手持ちの台湾ドルを半分渡した。
MRTで忠孝新生駅へ行った。駅を出ると、ちょうど目の前は「台北科技大学」だった。Dsc03036
なるほど、そういう環境がここにIT街を形成したんだにゃんcat 台北の通りは碁盤の目のようになっているが、珍しく、八徳路は斜めに通っている。秋葉原のような規模ではないが、雰囲気は似ている。
Dsc03054







中でも、「光華商場」という6階建ての新しいビルがある。さしずめ「秋葉原ラジオ会館」かにゃんcat中に入るとPCパーツやデジカメ、スマホ関係の店が400店ほど入っている。集合まで2時間弱では全ては見ることが出来ない。PCパーツに狙いを定めた。生産地に近いので安く買えるか?と期待したが・・・残念ながら安くはなかった。SSDも少しは安いものもあったが、わざわざ買って帰るほどのことではない。Dsc03065
その中で、少ないが古本屋が有って、興味のある本は見つからなかったが、にゃんこは地図が好きなので、台湾全土と台北の地図を見つけて、1冊ずつ購入。後はオシャレな台北のガイドブックと台湾茶の本も購入。

ビルのベランダに出ると、今回は行けなかった「Taipei 101」が見えた。Dsc03067



急いで、ホテルに戻って、皆と合流。空港行きの時間まで1時間半あったので、近くで昼食の場所を探していると、高級そうな店「竹里館」の前で迷っていると、オーナーらしい男性に「宜しければどうぞお入り下さい」と言って貰ったのが後押しになった。
Dsc03109























テーブルに着いて、コースではなく、美味しそうな単品をたくさん頼んで貰ったにゃんcat

Dsc03091

Dsc03093











Dsc03017










実は、この日はにゃんこの・・回目の誕生日。今回の旅の前からIちゃんには「台湾で誕生日を祝いましょう」と言って貰っていた。 皆さんでお祝いのパーティをして頂いた。嬉しかったにゃんcat
Dsc03087

ここの料理はお茶を使った台湾料理で素材を生かした穏やかな味で、シュフ光子は本当に気に入った様子。今度、来た時はここのコース料理を頂きたいと申しております。前情報はなかったのですが、大当たりでした。

ホテルに戻って、2時前に現地JTBの添乗員さんと合流。後は添乗員さんの案内に従って、桃園国際空港まで行く。午後5時のフライトなので、途中、例の如く、免税店へのご案内。シュフ光子の探しているシャネルの口紅もなく、何も買える物がなくて、空港へ到着。出国手続きや荷物検査を終えるとフライト時間(予定時刻より1時間遅れとなっていた)まで自由時間。

Dsc03119

各自、自由行動だが、出発ゲートまで遠く離れていて、動く歩道もあるが、10分は掛かる。シュフは免税店でシャネルの新色リップと衝動買いでピンク色の機内用バッグを買った。今回もにゃんこは何も買わなかったにゃんcat

帰路は機内食付きだが、空港内のスナックで軽い食事を取って、搭乗した。2時間余りの穏やかなフライトだったが、1時間余りの遅れで関西空港に着いたのは9時半を回っていた。手続きを済ませて、出たのは10時を回っていて、こちらは車だったのでお送りすることも考えたが、他のメンバーは帰宅へのアクセスは大丈夫とのこと。お世話になったことのお礼を言って解散。阪和道・第二阪奈道で、暦が変わるまでに無事帰着となった。

この度の台湾旅行はT社の皆さんのお陰で、楽しい旅が出来ました。本当に感謝です。またこのメンバーで旅をしたいにゃあcat

そして、最後に、このブログを見て頂いた方、途切れ途切れでタイミングもズレましたが、辛抱強くお付き合いを頂きましたこと、ありがとうございました。感謝致します。

« 春節祭前の台湾へ行く Vol 5 | トップページ | 春カフェ OPENのご案内 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558590/59191123

この記事へのトラックバック一覧です: 春節祭前の台湾へ行く Vol 6:

« 春節祭前の台湾へ行く Vol 5 | トップページ | 春カフェ OPENのご案内 »