2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 餅花つくり~京都のCafe | トップページ | あけましておめでとうございます »

2014年12月31日 (水)

間もなく新年を迎えます

2014年も後、2時間を切りました。 
この一年を振り返りますと、やはり大きな自然災害を思い起こします。
広島での土砂災害、御嶽山の噴火、北信州・フォッサマグナ直下の地震等々・・・復興が果たせずに越年される被災者の方のことを思うと・・・胸が痛みます。
年が変わっても、忘れることは出来ませんが、少しでも生活に希望が見えるように願っています。
 私たち「あすかの食卓」はお陰様で多くのお客様と友人に支えられて、大過なく、元気で新年を迎えられそうです。
Img005
 この11月中旬に、突然、飛鳥ニューツーリズム協議会のご担当者の方よりお話がありました。それは大阪のタウン誌「ITOMA」にて、冬の12-1月に発行する分に飛鳥地方(橿原・高取・桜井を含めた)の特集が組まれるとのことで、取材に応じて貰えませんか?という内容でした。
 私たちは今まで、テレビ・新聞・雑誌での取材の申し込みを頂いたのは有り難いことと思っております。しかし、還暦を過ぎたシュフと老にゃんこだけでの営業では十分な対応が出来ないので、残念ですがお断りをして来ました。 今回もお断りをしようと思ったのですが、飛鳥へは多くの観光客を誘致したいと、日頃から、多くの取り組みをされて、また、大変な事業である民泊(日本各地や海外からの中学生・高校生の体験型修学旅行生を民家に受け入れる事業)にも取り組まれているところからのご依頼でもあり、取材までの期間が迫ったものであったし、春や秋のシーズンに合わせたものならその効果も分かるが、冬に発行するのは?・・・、正直、悩みました。
 飛鳥は春や秋の季節の良い時期には多くの観光客が見えるが、夏や冬にはまったく寂しい状態にあることも事実です。しかし、そんな季節でも飛鳥の良さをアピールして、年間を通じて来て欲しいとの思いは同じなのだにゃんcat
Img007
 お受けするに際して、飛鳥には30以上の食に関わるお店があるのに、どうして?という疑念があったので、お聞きすると、取材の方からのご指名があったとのこと。
 担当者の方の一生懸命も伝わって来るので・・・密やかに営業しているCafeだけど,少しでもお役に立てるのであれば・・・との思いで、シュフ光子が、お受けする決断を致しました。
 そして、11月18日に取材をお受け致しました。 当日、15時頃に、担当の方のご案内で、記者・カメラマン・若い女性(食事風景撮影のため・・・橿原市の観光大使である「さらら姫」)2名の計4名が来店されて、調理・撮影・食事の様子・店の内容説明等で取材の全てが終了したのは22時近くでした。

Img006
 12月下旬に「ITOMA」というタウン誌が発行されました。このタウン誌は大阪のオフィス街を中心に、若い女性をターゲットにしたものらしいにゃんcat
 寒い時期に入りますが、この飛鳥地方に少しでも観光客で賑わって呉れれば嬉しいにゃんcat


 使っています写真は「ITOMA」から転載で、一部分ですが、本誌では8ページに亘って特集が組まれています。大阪の方や、大阪へ通勤されている方には、お目に留めて頂けると思います。
 そして、静かな時空間ー飛鳥の魅力も発見して頂ければ幸いです。

« 餅花つくり~京都のCafe | トップページ | あけましておめでとうございます »

あすかの食卓からのご案内」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558590/60900751

この記事へのトラックバック一覧です: 間もなく新年を迎えます:

« 餅花つくり~京都のCafe | トップページ | あけましておめでとうございます »