2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« シュフ念願のベトナム(旧フランス領)に来ています | トップページ | ベトナム旅行 (交通事情) »

2015年1月29日 (木)

ベトナムでの買い物 (JAZZ CD)

先のブログで書き始めたベトナム旅行について、どのように書いていこうか?と考えた時に、いつもの旅行記は時系列を追って書いていましたが、今回はちょっと切り口を変えようと思いました。

 皆様が特にご興味のある「食」については、このにゃんこが書くよりもシュフ光子から見た観点で書いた方が絶対に良いかにゃあcat  と思い、任せてみました。(ちょっと、時間が掛かるかも・・・)

 行動範囲はホーチミン市(旧サイゴン市)で、中心街や郊外と、Mさんのご友人に車で連れて行って貰いましたので、我々だけでの行動とは段違いに広範囲をご案内して貰いました。

 しかし、何れにしろ、にゃんこが興味を持つようなところへのピンポイントへは無理でした。
Dsc01470

中心街での街歩きで、宿泊ホテルに近い「ドンコイ通り」(ホーチミンの銀座?)ではSONYショールームに入った。 置いてある商品は日本と同じく新製品が並んでいる。価格表を見ると、ベトナムドンでの表示なのでゼロの数がズラッと並ぶ。頭の中で日本円に換算すると、日本で買うのとあまり変わらない。ということはベトナム市民にとっては簡単に買えるものではないようだ。 時計ショップも覗いてみたが、高級品は日本で買うのと大差はない。値段の安い物はメーカーの分からないコピー品に近いものや、普及品のアンティークが扱われている。気になる物もあったが、動作保障の問題で、リスクが大き過ぎる。Dsc02435

そんなことで、ベトナムでのにゃんこの買い物はゼロか? と思っていると、「ドンコイ通り」の一筋西側の通り「グエンフエ通り」は地下鉄工事中で、フェンスに隠れていたが、近代的な建物のブックストアをMさんに案内して貰った。 本なら興味あるものもあるかも知れない。シュフ光子は料理関係の本を物色していた。にゃんこは音楽や写真・デザイン関係の本を探したが、種類が少ない。良く行く京都の「恵文社」的な選書をしている様だにゃんcat ひとつ上の階に行くと、音楽CDが並んだ棚を見つけた。 これか?ちょっと嬉しくなって、ジャンル別に探し始めると、クラシックもJAZZもベトナムのアーティストのものばかり。他には・・・と見ると、民族音楽のようだ。ライナーノーツもベトナム語で記している。 幸いにも数少ないがJAZZでは曲名は英語で記されていた。 曲名はスタンダードが多くて分かり易かったが、プレーヤーはまったく分からない。 そこで、同行のMさんにベトナム語で担当者に、「CDの視聴できるか?」聞いて貰ったら、OK !とのこと。 やったあにゃんcat ジャケットや曲名から選んで視聴させて貰った。
Dsc01534  さすがJAZZは全世界共通だにゃんcat   いい感じだにゃんcat  スィングしている。 そして選んだのは女性ボーカルとサックスを4枚チョイスできた。 
Dsc01540









そして、びっくりしたのは良く知るプレーヤー、なな何と・・・クラシックのバイオリン奏者で日本人KAWAI IKUKOの「The Violin Muse」があった。 それもベトナム人以外の奏者で唯一だった。(にゃんこが探した範囲で) 彼女のCDは持っていないが、この縁は買うしかない。

Dsc01543



 いつもの大人買いで、5枚を買った。この旅行で、シュフ光子はずっと気にしてくれていた。「にゃんこちゃんが買えるものはないね」って。 「でも、有って良かったね」って言ってくれたにゃんcat 

にゃんこにとってはお土産らしいものがやっと買えたのだにゃんcat 

この時に買った「Kawai Ikuko」のCDを帰国後、調べてみると、標準価格は3,000円で、アマゾンでも2,500円でした。 これをベトナムで買った値段は日本円に換算すると500円だった。 これはどういうことだにゃんcat  現物をみると海賊版ではなさそう。現地の発売元とLicensed by Victer Entertainment.incと記してあるし、ジャケットも同じものなのだ。

今回に購入したベトナム人のJAZZにご興味のある方はどうぞお越し下さい。聴いて頂けたら嬉しいにゃんcat Dsc01536  

« シュフ念願のベトナム(旧フランス領)に来ています | トップページ | ベトナム旅行 (交通事情) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

3000円が500円!!! 日本の値段は何なんだ??

コメントありがとうございます。
値段の差は良く分かりません。でも一般人の所得格差は感じましたね。カメラ等の贅沢品は日本の価格と変わらないのでベトナムの人にとってはとても簡単に買える値段ではありません。でも食料や日用品は信じられないくらい安い。これが国のGDP差なのですね。音楽等文化や芸術に関わる物は普及を考えて考慮されているのでしょうか?にゃcat 
これから近代化がハイペースで進むでしょうから、その差は縮んでいくでしょうね。 このような所得差の恩恵を受けるのは今の内でしょうね。因みに地元のプレーヤーでのJAZZCD等の値段は日本円で200円ほどでした。

2月1日、初めてお邪魔させていただき遅くまで貴重なお話を頂戴した者です。
本日は本当にありがとうございました‼︎‼︎‼︎‼︎
母から毎度自慢話を聞き、私も連れて行ってもらうようにお願いするもなかなか機会に恵まれず。そうこうしているうちにまた母が伺い…。いつになれば私は連れて行ってもらえるのだろうかという日々を過ごしておりました。
そして本日やっとやっとその機会に恵まれました!!朝食から胃袋の調節を行い、父とワクワクしながら伺いました。
念願のあすかの食卓様は、心落ち着く空間と感動するお料理と素敵な音楽で身も心も幸福感でいっぱいです!!!!!美味しいお料理はもちろんのこと、御二方から貴重な人生のアドバイスまでしていただき、学びの多い1日となりました。
本当にありがとうございました‼︎

追伸:
ブログで拝見いたしました。母もお正月三が日は駅伝鑑賞のためテレビの前から離れません。

もんち様 早速のコメントをありがとうございます。
大変嬉しいコメントを頂き、恐縮しております。 いつもご利用頂いているお母様のお陰様で、またご縁を頂きました。 この度の有り難いご縁を大切にして行きたいと思っております。 お近くで有りながら、遠かったですが、これからはどうぞお気軽にお越し下されば嬉しいです。 お父様とはご趣味が合って、また機会があればゆっくりお話が出来れば・・・と思っております。
 日が暮れかかった私たちですが、元気を頂けましたので、もう少しは頑張れると思います。
 また、お母様が駅伝ファンとはびっくりしました。でも嬉しいです。
 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558590/61051221

この記事へのトラックバック一覧です: ベトナムでの買い物 (JAZZ CD):

« シュフ念願のベトナム(旧フランス領)に来ています | トップページ | ベトナム旅行 (交通事情) »