2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« One Day Cafe 第4弾のご案内 | トップページ | 早春の東京旅 Vol 1 相棒になったにゃんこ »

2015年2月22日 (日)

ベトナム旅行 食について

ベトナム旅行編で、このブログを覗いて頂いている方からは、「ベトナム料理はいつ出てくんねん?」って期待して下さっていると思います。

 前から、シュフ光子に「ブログの食のところはお願いやで!」って伝えていましたが、未だに出てこないのだにゃんcat  にゃんことしても、もう待ち切れないにゃんcat

 シュフ光子はベトナム料理には並々ならぬ思いがあります。大好きなフランスの影響と中国の影響を受けても、尚、ベトナム料理として独自の存在を示していることに、今回の旅では・・・何らかのヒントを掴みたいと・・・   だから簡単には書けないのです。 自らの感想を認めるために、ノートに一生懸命に書いているのは知っていますが・・・

 そこで、取り敢えず、旅行中に撮り溜めた画像を公開させて頂きます。なので「それは何の料理と質問されてもお答え出来かねます。 どうぞご了承下さい。 尚、どうしても・・・と思われる方は直接、「あすかの食卓」にお越し頂いて、シュフ光子にお尋ね下さいにゃcat

 まず初日、ベトナムに到着し、ホテルにチェックインしました。そして、同行のMさんのご友人(現地のベトナム人)3名と待ち合わせまでの時間をホテル近辺のドンコイ通りにて、Cafe(トルコ風のエキゾチックな雰囲気)を見つけて、作戦会議。 やっと落ち着いたって感じだにゃんcat

ホテルに戻って、玄関ホールにて、待っていると、男性2名・女性1名のご友人が見えて、それぞれにご紹介とご挨拶。 そしてMさんと滞在中の案内をどうするか?という相談が主だけど、再会は10年ぶりとのこと。積もり積もったお話もあって、ベトナム語・英語・日本語が飛び交っていた。なので、にゃんこには断片的な理解にしか、ならないけど、自分たちだけで、このホーチミンを旅するのであれば、一言一句逃さないようにするのだが、Mさんと現地のご友人にお任せすればいいので、この大船は頼もしい。

 早速、夕食は何処がいい?ということになって、近くに生春巻きのチェーン店があるので、そちらへのご案内を頂いた。
Photo

まず、最初のベトナム料理に出会いましたが、第一印象としてはお野菜がたっぷりで健康的だにゃあcat

そしてビールではそんなにたくさん選べない。この時にセレクトしたのはベトナムの人達が一般的に良くのまれている「333」(バー・バー・バー)というブランド。日本のビールのようにキレはない。でもこれはこれで料理には合っている。

付けタレ?はお好みで選べるが、にゃんこは辛いのが苦手なので、ほとんど浸けないで頂いた。素材がシンプルで美味しかったにゃんcat

只、野菜の中で多く使われている「香菜」(シャンツァイ)だけはちょっと苦手だった。

ベトナムでの食事での野菜は何処へ行っても、この「香菜」は出てきました。

翌朝、ホテルでの朝食はバイキング方式。この朝食は3泊とも宿泊に付いているので食費は助かった。内容的には日本のホテルとそんなに違いはない。ただ、和食に相当する部分はやはりベトナム料理で、日本のうどんに相当するのは「フォー」になる。卵焼きも焼きたてを貰える。
Photo_3

2日目のランチは「スイ・ティエン・テーマパーク」へ行って、テーマパーク内での露店で「フォー」と飲み物、そして、朝に買って貰った「パイン・ミー」(バゲットサンド)で済ませた。

そして、夜には「市民劇場」で「AOショウ」を見た後で、ベトナムのご友人と合流し、バイクと車に分乗して、場所は分かってないが、「フォー」の専門店で、友人のご家族とも合流して、約10人グループで、賑やかな夕食となった。その後、少し移動して、食後のデザートをベトナム人が楽しんでいるCafeに行き、ヨーグルトやジュースで、過ごして、10時頃にホテルへ戻った。

3日目は「聖マリア教会」と「中央郵便局」を観光し、ランチは「コムニュウ・サイゴン」という高級ベトナム料理へ案内して貰った。観光客向けのメニューで、ワタリガニのスープや鳥や海老、魚の料理や四角豆の炒め煮等で、味は美味しいと感じるものばかりで、これは苦手というような料理はなかった。 旅行中の食事は運転者付きなので、お酒は心配なく楽しめた。この時はベトナムのビールで、もうひとつのブランド「サイゴン・ビール」を頂いた。「333」に較べて、ちょっとキレを感じたかな?って差。Photo_4

その日の夜食は「チョロン」というホーチミンのチャイナタウンにて中華料理へご案内頂いた。店の名前は「海南?飯」(辞書で出ない一字は?)でした。 食材は魚・肉・野菜で何れも美味しかったにゃんcat Photo_5

4日目はいよいよ最終日、ショッピングへの案内をして貰った。その後、遅い目のランチはいよいよベトナムでは最後の食事なので、蟹をリーズナブルな値段で楽しめるお店へ連れて行って貰った。(最終日の夕食は機内食)この店はガイドブックには載らないが、地元の方達には人気店とのこと。蟹は海で採れるものではなく、カワ蟹で、ホーチミン近辺には大きな川が2本ある。メコン川かサイゴン川で採れるのだろうか?
Photo_6

蟹料理も美味しかったにゃんcat  

料理のことは詳しくないにゃんこだけど、ベトナムでの食は・・・いずれも美味しかったにゃん。 

ベトナム料理は総じて、味が優しいのです。

ベトナムは歴史上、中国やフランスに統治されたり、近年では政争でアメリカと戦ったりと翻弄されてきましたが、優しいのです。料理だけではなく、ベトナム人もとっても優しいのです。

本当に、今回の海外旅行では、経済格差を実感したり、文化の違いを知ったり、日本とベトナムは国家間のみでなく国民相互でも、いい関係だなあと思いました。

本当に良い旅でした。

特にMさんのご友人達、総勢5名(男性2名・女性3名)の方が、「ベトナムのおもてなし」として、一生懸命にお世話を頂いたことが大きい。

この場をお借りして、感謝(Cam on)!! 感謝(Cam on)!!

« One Day Cafe 第4弾のご案内 | トップページ | 早春の東京旅 Vol 1 相棒になったにゃんこ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

昨夜は、お疲れのところ大変遅くまでお邪魔させていただきありがとうございました。新社会人になるふたりには、いつまでも記憶に残るいい思い出になったことと思います。
横浜から来た姪は、お心づくしのお料理に大変感動し、次回は、家族とともにお伺いしたいと申しておりました。東京方面にお越しの際は、やきとり鳥千にもお寄りくださいとの事です。無理な予約を入れて頂き本当にありがとうございました。

山田様 嬉しいコメントを頂きありがとうございます。 お祝いの席としてお楽しみ頂けたとのことで安心致しました。 私たちも若い方の夢一杯の船出の席に関わらせて頂けたこと。この仕事をしていて良かったと感じる瞬間でもあります。そして、そういう機会を与えて頂けたことに感謝致します。
先ほど、メールにて写真データを送らせて頂きました。ご笑納頂ければ幸いです。そして、姪っ子さんにも、是非、東京へ行った節には横浜へ寄らせて頂きたいと思っておりますと、お伝え下さい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558590/61177109

この記事へのトラックバック一覧です: ベトナム旅行 食について :

« One Day Cafe 第4弾のご案内 | トップページ | 早春の東京旅 Vol 1 相棒になったにゃんこ »