2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« ベトナムでの買い物 (JAZZ CD) | トップページ | ベトナム旅行 (観光) »

2015年2月 3日 (火)

ベトナム旅行 (交通事情)

ホーチミン市内での交通事情は日本での感覚でいると、行動するのに戸惑うことばかりでした。 市内の交通では、まずバイクの多さにびっくり。 Dsc02630_2
自家用車はまだまだ普及はしていない。一部の富裕層は高級車を使っているが、一般市民はバイクを主に使っている。それ以外はタクシーとなっている。Dsc02559  












ベトナムでは有名な「シクロ」はあまり見なかった。唯一、「聖マリア教会」付近で欧米人が利用していたのを見ることが出来ました。









バイクは人の移動がメインだけど、物流も結構利用されているにゃんcat

Dsc02625





まず、歩行者として、街歩きをすると・・・

車とバイクが混在して、道路を横切る時は苦労します。信号があるところでは安心して渡れるが、信号のないところが多いので、そのところで横断する場合が問題でした。流れが少なくなったタイミングを見計らって、躊躇わずに横切ること。それも出来れば複数の人数で・・・
Dsc01243

普通に歩く速度で渡ると、車やバイクも上手く避けてくれる。ちょっと慣れるまでは勇気が要ります。

時には歩道に立っていても、安心出来ない。その歩道を走ってくるバイクには何が起こっているのか?錯覚する事態も・・・

Dsc01451


歩いたところはホーチミンの中心街だったが、歩道は有るには有るが、キレイに整備されていないので、段差だらけ。車やバイク以外に転ばないように気をつけた方がいいにゃんcat

今度は車での移動で感じたこと。 運転に慣れた現地の方の車に乗せて頂いた。元フランス領だったので、日本とは逆の右側通行。車に並行して走るバイクの量は半端ではない。隙間とみればバイクが入るので、車線変更には気を使う。信号のあるところは良いが、無いところでの右左折は大変だ。戸惑っていれば動けないし、渋滞を招く。強引に行くしかない。時にはクラクションを鳴らしながら・・・しかし急な方向変更は禁物。曲がるという意思表示をしながらゆっくりと曲がる・・・という感じ。 
Dsc01423  日本の道路での常識は通用しない。しかし、これでも案外、滞在中に交通事故は目撃しなかった。でも同行のドライバー氏の話では・・・事故はあるとのこと。 ただ、スピードは出せない状況なので、大きな事故はないかもしれない。

一言で言えば「ファジー」な感覚がなければ運転出来ないにゃあcat

そして、中心街は一方通行が結構あって、目的地は遠くないが、遠回りするような状況になって、時間が掛かることが多い。

郊外へ出ると、何車線もある広い道路になる。そこでは・・・そこそこスピードは出せる。そして信号も整備されている。 そして、有り難いことに、車とバイクは分離されている区間があったりする。Dsc02025

多分、ホーチミン市の中心街は交通状況はパンク状態と思います。

なので、地下鉄が計画されていて、工事中です。 ホーチミン空港から中心街、そして郊外へ・・・  でも出来上がるのは10年後とのこと。 

Dsc02371 日本の建設会社が請け負っていました。 もっと早く出来ないのかにゃあcat

« ベトナムでの買い物 (JAZZ CD) | トップページ | ベトナム旅行 (観光) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558590/61076560

この記事へのトラックバック一覧です: ベトナム旅行 (交通事情):

« ベトナムでの買い物 (JAZZ CD) | トップページ | ベトナム旅行 (観光) »