2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« ベトナム旅行 食について | トップページ | 早春の東京旅 Vol 2  布施明コンサート »

2015年3月17日 (火)

早春の東京旅 Vol 1 相棒になったにゃんこ

今回の東京行きは3つの目的を兼ねています。

春を迎えての東京のCafe情報のチェックとシュフ光子の懲りない「布施明コンサート」(オーチャードホール)を聴くこと、そして私たち「マタタビ会」のメンバーのIちゃんが突然の東京転勤で、エールを送りに行くことです。

初日、この老にゃんこメは幾ら運転が好きと言っても、安全を考えると無理なドライブは避けたいとシュフ光子の暖かい心配りから、途中、浜松(定宿ーホテルDay by Day)で1泊。このホテルはリーズナブルなのと、窓からJR東海道と新幹線が並行しているのが見れる。隠れ鉄っちゃん?には楽しいホテルなのだにゃんcat  

翌朝、東名で御殿場ICまで走行。途中、由比辺りで見事な富士山が望めた。
Dsc02965


こんな綺麗な富士山を見たのは何年ぶりだろうか? やはり、山の中でも富士山は別格だニャcat 気品が漂う。 あの葛飾北斎も魅入ったのは分かるにゃんcat (北斎とにゃんこをいっしょにすんな!って怒られそう)

写真を何枚も撮った。走行中はシュフにカメラを渡して、「今や!」って吼えていたにゃんcatこんな素晴らしい富士山をもっと堪能したい。
Dsc03001


美しく見えると言われている「富士川SA」に立ち寄った。 そこでも大好きな淹れたてコーヒーのマシンで、一杯のコーヒーを飲みながら、そして出発前に作ってくれたシュフ光子のお弁当を頂きながら、富士山を堪能。そして、SAでサプライズな催し・・・・「相棒!!」 思わず、シュフ光子にお願いして記念撮影。にゃんこが相棒に見えますか?
Dsc03016





シュフ光子リクエストの箱根にある「ポーラ美術館」へ立ち寄る。箱根の自然林の中に、ガラスを多用した近代的建物が佇んでいた。美術館はクラシックな建物が似合うが、これはこれで素敵だにゃんcatP2280016

外観の写真を撮っている間に、シュフは先に入って行った。斜面に建っているので、入口からエスカレータで降りると受付があった。入場料1,800円のところ、シニア割で1,600円は有難い。企画展(「紙片の宇宙」ー世界で最も美しい本)の入口は、さらにエスカレータで降りたところにある。

企画展入口に置かれた大きなポスターが目に飛び込んだ。
P2280046


この絵は知っている。・・・絵そのものではなくて、持っているJAZZアルバムがこの絵を使っている。Winton Marsalisの「Majesty of the Blues」だにゃんcat にゃんこにとって、一気に身近な企画展となった。会場は4箇所に分かれていて、シャガール、マティス、ミロ、ダリ、ピカソ他にドガ、マリー・ローランサン、レオナルド・フジタ等挿絵本からの切り口は肩の力を抜いて見られたので楽しめた。

シュフはシャガールの絵を何度も何度も見返していました。それはなぜかと言いますとシャガールの絵に使われている「シャガール・ブルー」という色が大好きなのです。

そして、17歳からファンである布施君(布施明をそう呼ぶ)が歌う「シャガールブルーの物語」に繋がって行くのです。

時間も閉館近くになっていた。外に出て見ると、フランスでも見たことのある「宿り木」だにゃんcat
P2280061

道端には解け掛けた雪が残っていた。 

さあ、本日の宿である「フォレスト・イン昭和館」まで急ぐことにした。西東京にあるが、直線的には行けない。富士山の裾野があまりにも大きいからだにゃんcat
小田原、海老名経由になるが、東名道は面白くないと・・・旧東海道を下りる事にしたが、いつも正月に見る箱根駅伝で、この道は毎年走っているような感覚であった。駅伝でみる景色と照らし合わせて楽しんで下ったが、途中で混んできた。なかなか進まない。箱根登山鉄道と並行している部分は最悪であったが、今年から駅伝では走らなくなった「函嶺洞門」の辺りから進み出したが、ナビにて案内された湘南バイパスではまったく動かない。我慢し切れずに、旧東海道へ逃げて、逆戻りして、二宮から小田原厚木道経由で八王子バイパスにて、やっとホテルのある昭島に着いた時は午後8時を回っていた。

週末や休日の首都圏の道路の混み具合は半端ではないにゃあcat

« ベトナム旅行 食について | トップページ | 早春の東京旅 Vol 2  布施明コンサート »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558590/61295092

この記事へのトラックバック一覧です: 早春の東京旅 Vol 1 相棒になったにゃんこ:

« ベトナム旅行 食について | トップページ | 早春の東京旅 Vol 2  布施明コンサート »