2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 早春の東京旅 Vol 2  布施明コンサート | トップページ | 早春の東京旅 Vol 4 東京転勤のIちゃんと合流 »

2015年3月22日 (日)

早春の東京旅 Vol 3 車の使い方に工夫

前日とは打って変って、好天に恵まれました。 ホテルからの眺めでも、遠くに雪を被った秩父奥多摩山地が望める。 Dsc03081


今日は何処へ行くか?を決めていなかったが、首都圏の郊外へ出掛けようということになったが、南方向は帰路に寄る予定になっており東方向にへ行くことに決めた。 東京と千葉の周辺のCafeを探索してみるか? 

当然、車を使うことになる。そちらに向かうには、やはり首都高は避けられない。 ホテルを出発して、中央道の八王子ICから東京に向かったが、すぐに渋滞となっていた。首都高まで、通常より1時間ほど多く掛かりましたが、逆に首都高に入ると、スムーズに流れた。常磐道にて柏ICにて下りる。 成田線に沿って事前にチェックしていたCafeの何ヶ所かに立ち寄ったが、お勧めできるようなCafeは見つからなかった。Dsc03103

収穫が無くて、首都高で戻ってくると雲ひとつ無い空に、スカイツリーが凛とした姿を目の前に見せてくれた。スカイツリーは上がったり真下で見たことはないけど、首都高を走りながら見るのは見え方に変化があって楽しめるにゃんcat 新橋近くになると東京タワーまで見ることになって、短い贅沢な時間を味わった。この写真はシュフ光子にカメラを預けて・・・ハンドルに専念しながら・・・「今や!」  これは貴重?なワンショット。

明日の行動はJRと地下鉄を使う予定を考えて、車を都内へ置いておくことにした。 都内の定宿として使っていた五反田は熟知しており、新しいビル地下でセキュリティが保たれて24時間定額のパーキングへ入庫。 駅近くにあるお気に入りの坦々麺が食べられる「広州市場」にて、シュフは「ユーリンチー定食」、にゃんこは「海老シュウマイ入り坦々麺」と生ビールで「お疲れbeer」 空腹を満たしたにゃんcat Dsc03149




Dsc03161










五反田駅改札近くのお花屋さんはすっかり春色になっていた。 お花のラインナップで色合いがシュフ光子のタイプだにゃんcat 思わず足を止めた。
Dsc03136



まだまだ東京にいるので買って帰れない。 五反田駅より1時間あまり掛かってホテルまで戻った。













翌日、9時頃にホテルを出発。 シュフ光子は中央線でそのまま、東京駅へ・・・にゃんこは御茶ノ水駅で総武線に乗り換え、秋葉原への別行動。 PCパーツショップやデジカメのレンズ探し、オーディオ系のパーツを見て回った。 ここは訪れる毎に店は変わっている。オタク系がますます席巻している。メイドCafeの呼び込みのオネエちゃんが綿入れを着ていたのは笑ってしまった。 この寒さで街頭に立つには厳しいことは分かるけど・・・ でも、彼女らの名誉のためにも、書き加えますが、綿入れは田舎で使われている「どてら」のイメージではなく、淡いピンクの可愛いやつでした。 アキバでは欲しい物が見つからず。予定では神保町へ回りたかったが、預けた車を五反田へ取りに行って、シュフ光子と待ち合わせている代官山の蔦屋書店への時間を考えると無理なので、直接に五反田へ向かった。

シュフ光子は東京・丸の内から銀座への散策をした。日本橋まで足を延ばしたかったみたいだけど、にゃんこと同じように途中で引き上げて、代官山へ・・・ 代官山ではKs' clubに寄らせて貰ったようだけど、お休みとなっていた。

代官山へ着くと、日が暮れかかっていたが、夕暮れの蔦屋書店も素敵だにゃんcatDsc03176

パーキング寄りには桜も咲き始めていた。この時期に咲くのは「河津桜」?だろうか。建物のガラス越しの明かりで妖艶な姿に見えた。 また、この時期に屋外でも過ごせる工夫として、変わったストーブがセットされていた。 流石に旗艦店だにゃんcat

Dsc03188


 まもなく同じようなコンセプトで大阪駅にできる。 どんな蔦屋書店になるのか?楽しみだにゃんcat



Dsc03215

シュフ光子は料理本コーナーに潜りっ放し。 にゃんこはレンタルコーナーでJAZZのCDをチョイス。 前回、前々回は100枚余りレンタルしたが、今回は40枚弱に留めた。 多分、シュフ光子はたくさん本を買うだろうにゃあcatと考えた。 「ここでしか買えない本があるので、にゃんこちゃん、買って!!」 頑張っているから、まあ・・いっか。

首都高・富ヶ谷ICより昭島のホテルまで戻った。 帰りの中央道は空いていた。 

« 早春の東京旅 Vol 2  布施明コンサート | トップページ | 早春の東京旅 Vol 4 東京転勤のIちゃんと合流 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

いつもいつも旅日記よくもまぁ! こんなに詳しく記憶していて文章がよくまとまりますねぇ!! まだまだ若いにゃんこちゃんだにゃ。

じいぼうさん いつもいつもコメントをありがとうにゃんcat
お褒めの言葉で嬉しいにゃんcat
ブログを書くのは・・・ボケ防止になるかにゃあcatと思って・・・
でも、やはり衰えは隠せない。シュフ光子に「あの店は何て言ったっけ?」って
助け舟。 二人で一人前?(違う・・・一人と一匹だったにゃんcat

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558590/61300251

この記事へのトラックバック一覧です: 早春の東京旅 Vol 3 車の使い方に工夫 :

« 早春の東京旅 Vol 2  布施明コンサート | トップページ | 早春の東京旅 Vol 4 東京転勤のIちゃんと合流 »