2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 早春の東京旅 Vol 4 東京転勤のIちゃんと合流 | トップページ | お気に入りの「ジンゼンジCafe」はいつものように行けなくなりました »

2015年3月23日 (月)

早春の東京旅 Vol 5 鎌倉に寄って帰路へ

いよいよ帰路に着きます。 今日は天候にも恵まれました。

ホテルのチェックアウトを9時に済ませ、鎌倉に向けてナビの設定を行った。時間を有効に使いたいので、早く、出発したかったが、首都圏の通勤時間帯は外すに限るのだにゃんcat

 元来た道を戻ることになる。八王子バイパスから途中で、横浜方向に向かうことになり、鎌倉への最短ルートをナビは選んだ。車の中で、お昼ご飯は「しらすの釜揚げ丼」を食べたいにゃあcatと言いながら・・・

11時過ぎにはナビでの目的地である鎌倉山の植栽屋「苔丸」へ着いた。
Dsc01748


ここへは出発前から、シュフ光子が行きたいと言っていた。いつもお世話になっている「風草木」さんをイメージしていた。バス通りだけど狭い道に面しているので、店前には止められない。店の方にお聞きすると、すぐの角を曲がったところにパーキングがあるとのこと。

一応、止めることが出来て、ほっとした。 小さな古い建物だけど、ディテールに拘った雰囲気が至る所に感じられる。 シュフ光子は植栽やお花、インテリアや雑貨等の設えにはオーナーの優しさが滲み出ていると・・・Dsc01708

草、木の説明を受けると、丁寧な説明で、気候や土の性質まで納得のいく詳しさだにゃんcat  しっかり勉強しておられるし、経験も半端ではないようだ。 見せて貰っている間にも、お客様は途絶えることはない。 皆さんにも丁寧に対応をされている。Dsc01775

その間にシュフ光子は幾らかの植栽とお花を選んで頂く事にした。 名刺を交換させて頂いて、おまけに記念写真までお願いしました。

鎌倉へ来た時に寄るお店が出来ました。

Dsc01787




車を出して、次の予定はホルトハウス房子さんのCafe「ハウス オブ フレーバーズ」。 住所から近いところにあるはず。すぐに見つかった。パーキングが気になったが、ラッキーなことに1台分が空いていた。
P3050178


ランチの時間はとうに過ぎていたが・・・先にCafeとなった。 お客は私たちだけだったが、後からすぐに若いカップルが見えて、この谷戸からの景色を楽しめる席は、2組で埋まってしまった。

係りの方が見えて、にゃんこはチョコレートケーキとコーヒー、シュフ光子はチーズケーキに紅茶をお願いした。
P3050131









ガラス張りの席はまだ寒さの残る季節だけど、サンルームになっていて、春を感じる太陽光は心地よい。
Dsc01793


ケーキも美味しかったにゃあcat でも飲み物とセットで¥2,700 二人で¥5,400のCafe Timeは・・・ 





でも鎌倉の自然と猛禽類やリスが間じかまでやってくる、この景色を独り占めできる贅沢さ。シュフ光子は飲み物はもう少しクオリティの高いものにして欲しいと・・・Dsc03227


 

海岸沿いまで下りると、ちょうど鎌倉駅まで来た。 以前にも立ち寄った野菜の産直には、まだ野菜が残っていた。道端に車を止めて、にゃんこは待機。シュフが調達に行った。いくらかの珍しい野菜をゲット! 「明日香の産直に較べて、高いねえ」と・・・
Dsc01821

もう一箇所、シュフ光子が行きたいというところがあった。それはシュフ光子が尊敬する料理研究家で、鎌倉にお住まいの辰巳芳子先生の居宅へ行ってみたいと・・・

でもアポなしなので、お伺い出来ないが、どんな所にお住まいか? 映画「天のしずく 辰巳芳子”いのちのスープ”」にも使われたところを知っておきたいと・・・ スマホで、ググッて、それらしい情報が見つかった。 とにかくGO!! バス道から山に向かって細い道になった。途中で「御用のない方の車は入らないで下さい」との表示。 でも何とか行きたいというシュフ光子の気持ちには応えて上げたい。 もしもの引き返すことの苦労を考えたが・・・車を進めた。 その道の最も奥に・・・「辰巳」と表示された門柱があって、映像で見た雰囲気、そのままでした。 シュフの口から「にゃんこちゃん、凄い!」って。 こんなに喜んでくれたのが嬉しいにゃんcatDsc01811

そっと、門柱との記念写真を撮って・・・玄関前で辛うじてUターンが出来て、これで今回の旅の目的は全て完了した。
気付くと、そろそろ帰路に付かなければいけない時間になっていた。ランチはまだだったが、一気に500kmを走行しなければと思うとゆっくり出来ない。「しらす丼」は次の楽しみとして・・・途中のSAで、夕食と兼ねて摂ることにして、後は、気を付けて帰ろうにゃんcat  横浜バイパス~東名道で帰路に着いた。

自宅に到着したのは午後11時で、いつもの如く、暦が変わるまでには戻れた。

おフロに入って、無事を・・・ビールで乾杯。 達成感で心地よい眠りについた。

« 早春の東京旅 Vol 4 東京転勤のIちゃんと合流 | トップページ | お気に入りの「ジンゼンジCafe」はいつものように行けなくなりました »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

いやぁ お疲れさん! 
この紀行文読むのも疲れちゃった、書くひとはもっともっとお疲れでしょうね!!  さぁ宵寝だ。 

じいぼうさん、お気遣い痛み入ります。
ブログを書くのはそんなに苦にはなっていないのですが、実際に旅することが、最も疲れます。 でも楽しいことも同じくらいにあるので・・・
人生そのものが旅によく譬えられます。にゃんこは楽で無い方を選びたいにゃあcatと思っているにゃんcat  その方が楽しみも多く得られるかと・・・だって、私たちの人生はとっくに日が暮れていて、残り少ない人生なので・・・

最近というよりここ2.3年旅らしい宿泊伴う旅行行ってないなぁ、ぷらりと出てあんまり目的のないフラフラっと短時間出るのが多い、
カメラだけは積んでいるがお気に入りが撮れないね。やはり目的意識が薄いのかな? だから苦労も少ないし楽しみもあまり残らない。  美味しい良い香りの珈琲と手作りケーキごちそうになりに行き気分転換せなあかんなぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ。 よろぴくね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558590/61325643

この記事へのトラックバック一覧です: 早春の東京旅 Vol 5 鎌倉に寄って帰路へ:

« 早春の東京旅 Vol 4 東京転勤のIちゃんと合流 | トップページ | お気に入りの「ジンゼンジCafe」はいつものように行けなくなりました »