2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« この春にベトナムの友人が相次いで飛鳥に来訪 | トップページ | 近隣に「ASUKA GUEST HOUSE」がOPEN致しました »

2015年4月29日 (水)

初めて、外国人の民家ステイを受け入れました

私たちは民家ステイを受け入れてから3年目を迎えます。

今までは国内の中学生を受け入れて来ました。それは基本的に生徒数が多くて、今まで受け入れていた範囲では収容が難しい時に・・・という場合に限定的にお受けしてきましたが、この度は飛鳥ニューツーリズム協議会から、「外国人の受け入れが出来ないか?」という打診を頂いたので、シュフ光子と相談して、一度チャレンジしてみようか!と、お受けすることにしたにゃんcat  但し、問題は言語(片言の英語なら・・・)なので、心配したが・・・

まず、最初は中国からの3人のステイで、日本語専攻の大学生・大学院生とのこと。日本語で大丈夫とのことで、少しは安心して、当日を迎えた。

中学生以外は初めてで、国は違えど、うら若き女性なので、にゃんこは不安だけど、少し嬉しそうだにゃんcatDsc02067


 

入村式は万葉文化館で行われたが、ちょうどその日の時間帯はイベント中で、お迎えに行けず、協議会のスタッフの方に私たちのCafeまで案内して貰う事になった。 到着されて、ご対面!!!  第一印象は3人とも可愛い女性だにゃんcat

ほっとしたにゃんcat  イベントが終わるまで待って貰って、お客様がお帰りになったのを見計らって、初対面のご挨拶。 本当に日本語がOKだったので、良かったにゃんcat

今回のステイは1泊2日と言っても、実質は滞在24時間もないので、有効的に使いたい。

シュフとにゃんこは分担して、にゃんこは案内で、シュフは食事の準備。まずは時間制限のある、石舞台古墳に案内した。Dsc03230


聖徳太子誕生の地である橘寺には、閉門の時間になっていたが、ご無理をお願いすると、担当の方のご好意で見学可能なところをご案内頂いて、丁寧な説明もして頂いた。Dsc03261

中国からの来訪者なので、ご配慮下さったことは本当に嬉しいにゃんcat 一般人レベルの些細な友好だけど、そういうことこそ大切なことだと思う。丁重にお見送りまで頂いて、お礼を言って・・・日が暮れるまでには登りたい甘樫の丘に急いだ。










甘樫の丘頂上からの夕暮れの眺めはいつ見ても素晴らしい。中国のレディも感動していました。中国では住環境にもよるが、彼女たちのところでは、このように山に囲まれたり、連なっていることはない、とのことです。  何度も、彼女たちから聞いたことは・・・「ここに住みたい!!」と。 空気がこんなに美味しいと感じたことがない。と・・・Dsc03273

薄暗くなって、急いで下りた。そして、「入鹿の首塚」まで来た時は石塔が見え難い状況になっていた。

「あすかの食卓」に戻ると、シュフ光子が夕食の準備をしてくれていた。 シュフ光子特製のサラダやグラタンは気に入って貰えたようだにゃんcat 食習慣が国によって違うので、心配をしたが・・・ でも、考え方だけど食習慣の違いを聞けて勉強になるにゃんcat

翌朝、朝食後に作ったケーキは、国の違いなど関係なく、女性はSweetsが文句無く好きだにゃんcat  
Dsc02152


日本国内には留学生の知人がたくさんいるとのことですが、この「明日香」のことは知らないそうです。 私たちは、明日香をメジャーな観光地だと認識していたが、案外と知られていないことを思い知らされる。 もっと広報活動の方法を考える必要があると思うにゃんcat 

少し前に、NHK・BSで「新日本紀行ー飛鳥」を放送されていたが、他府県の方に聞いても、「知らない」という答えが殆どだった。 ・・・知られているのは、極、一部の歴史マニアだけ?Dsc03282










彼女達には・・・留学生の方にも飛鳥の素晴らしさのPRをお願いした。 そして、また日本へ来た時は是非に訪れたいとのこと。 シュフ光子とにゃんこは待っています。
Dsc03286











そして、第二弾は台湾の中学生をお受けしました。 石舞台公園での迎えで、入村式の時間が遅くて、明朝の離村式も朝の早い時間帯の予定でした。

時間を有効に使う必要があって、まず、「あすかの食卓」に迎え入れて、自己紹介と歓迎会を急ぎで済ませて、飛鳥の案内と、食事の準備を、例の如く分担。にゃんこが甘樫の丘を案内した。かなり日暮れに近かったが、急いで登った。 言葉のコミュニケーションはお互いに片言の英語のみだったが、お互いに一生懸命、理解することに努めたので、何とか、なるものだにゃんcat  国内の中学生を相手にするような細かい解説が出来ないが、伝えたいことは何とか出来た。 彼女達の住んでいるところは台北の南で、大阪と明日香のような位置付けで、まったく異次元というイメージではないようだ。 しかし、二上山に沈む夕日の美しさには感動で・・・デジカメのシャッターを懸命に切っていた。Dsc03885

「あすかの食卓」に戻ると、夕食の準備が出来ていた。 中国のレディと同様に、サラダやグラタンはお気に入りのようだにゃんcat  食後のお風呂タイムを利用して、女性なら万国共通の大好きなケーキ作りを楽しんだにゃんcat  このような場合は言葉はいらない。どうすればいいか?だけをシュフ光子に聞いて、見本を示せば済んでしまう。 全員一致で大好きなことをするには言葉の壁など関係ないのが良く分かったにゃんcatDsc03931

Dsc03959
















14時間くらいの滞在だったが、言葉も十分には通じなかったし、時間も短かったけど、お互いに、何とか理解しようと努めたことが、濃密な時間を過ごせたように思うのだにゃんcat
Dsc03981

また、飛鳥へは来てくれそうに思ったにゃんcat 

 

« この春にベトナムの友人が相次いで飛鳥に来訪 | トップページ | 近隣に「ASUKA GUEST HOUSE」がOPEN致しました »

あすかの食卓 日々の様子」カテゴリの記事

コメント

国際的になった”あすかの食卓”! 世界へ名が知られる! うれしいなぁ。

先日はお越し頂いてありがとうございました。
嬉しいコメントを頂きましたが、いやいや、そんな大それた考えはありません。ただ、せっかくの出来たご縁は断らないで大切したいとは思っています。
だって、こんなこと、いつまで出来るか分かりません。 老いぼれた二人には、いつお迎えが・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558590/61506603

この記事へのトラックバック一覧です: 初めて、外国人の民家ステイを受け入れました:

« この春にベトナムの友人が相次いで飛鳥に来訪 | トップページ | 近隣に「ASUKA GUEST HOUSE」がOPEN致しました »