2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

2015年5月22日 (金)

やっと買い換えたいと思えるロードスターが出た

20日にマツダから新型ROADSTER(4代目)の発表会があった。

だいぶ前から、マツダのセールスマンから、新型のカタログを貰っていて、受注も行われていた。 なので、何で今が発表会? 

因みににゃんこの愛車は初代ユーノスロードスター(NA6CE) 平成5年式のVスペなのだにゃんcat 走行距離は81.000km余りで、大切に乗っている。 改造が当たり前のロードスターですが、どノーマルです。唯一、フロントにタワーバーを取り付けているくらい。 塗装は購入当初のままですが問題は無い状態です。(ワックスを掛けて磨き倒すと持たないと信じているので)Dsc03404

定期的にエンジンオイルとプラグを交換するくらいのメンテナンスで、調子は悪くない。 相変わらずの素敵なエキゾーストノートと、コーナリングは考えた通りのラインをピシって決めることが出来る。 乗っていて、こんなに楽しい車は他にないにゃんcat

だから、22年間も乗り続けてきた。 その後に出たロードスターははっきり言って、車重がネックで、排気量をアップすることなんて、何の魅力も無かった。加速が良くなるくらいで・・・   だからロードスターの新車が出ても、何の興味もなかった。唯一の不満はヘッドライトが、最新に較べて暗い。 この点は老にゃんこには辛いにゃんcat

でも、今回の4代目はちょっと違う。 にゃんこの血が騒いでいる。 最もベーシックなタイプで、車重が1tを切っている。 そして、排気量も初代の1.6Lから、下げて、1.5Lなのだ。

これはマツダも本気で、原点回帰をしたにゃcatImg009

試乗したら、ヤバイにゃcat  初代からの25年はシャーシやエンジン技術は飛躍的進んでいる。その上で、車重を初代並みにしたのだから、走りは想像出来る。 初代と同様に人車一体の感覚で走れるのなら、欲しいにゃんcat  只、唯一残念なのはヘッドライトがリトラタブルではないところ。(安全基準で、今は認められないらしい)Img011

シュフはいつも言ってくれる。 「にゃんこちゃんの最後の車はポルシェにしてあげたい」って・・・  うぅ・・うぅ・・嬉しいにゃんcat   でも、その前に、今回発売された新型ロードスター(ND)を 買って・・・買って・・・


*新型ロードスターの画像はマツダのカタログを流用しました。

 

 

2015年5月 9日 (土)

フェスティバルホールにて布施明コンサート

ゴールデンウィーク最終日に、シュフ光子が待ちに待った「布施明デビュー50周年記念コンサート~次の一歩~」へ行きました。

シュフ光子はGW前の仕事と民泊で、疲れが出たのか? 風邪気味です。大丈夫かなあ?にゃんこは無理しないほうがいいにゃんcat・・・と思ったが、せっかくのチケットもファンクラブから手にしている。 簡単には止めそうも無い。 17時30分開演だけど、大阪では幾つかの行きたいところもあるようで、11時頃に車にて出掛けた。 心配した有料道路も空いていて、1時間弱で、難波のパーキング(ヤマダ電機)に止めた。

 久しぶりのマタタビ会メンバーの勤める高島屋大阪店にも寄って、元気な姿も見たいし・・・大阪グランフロントにも・・・と思っていたが、仕事に迷惑を掛けてはいけないので、顔だけでも見れたら・・・と思って連絡なしで、行ったが、「むっチー」、「うさぴょん」、「ヌリちゃん」には会えなかった。(後で、知ったが・・・むっちーは勤務中だった) 

残念だにゃんcat  あえて、社員の方に在席を確認せず、6・7Fから1Fに下りた。1F入り口のフロントフロアでは子供の日に因んで、可愛い子供が、「おしごとたいけん」の最中だった。 お客様?が交代で、案内用テーブルへ進んで、案内をして貰ったり、隣のテーブルでは館内放送を実際に行っていた。 もちろん、それぞれには社員さんが指導で着かれていた。 驚いたのは子供達の着ている服装は本物の社員さんと同じ制服だにゃんcat  高島屋も気合が入っている。 将来の社員さんを期待して・・・  多分、このおチビさんには記憶に残る日になったにゃんcatDsc03314

 シュフ光子の体調を考えると、グランフロントは無理と判断し、天気も良く、爽やかだったので、御堂筋を歩いて、フェスティバルに向かうことにした。

シュフ光子が「にゃんこちゃんは何処かへ寄りたいところは無いの?」って聞いてくれたので、これ幸いに「心斎橋のApple storeに寄りたいにゃんcat」 この4月に、スマホを「i phone5」から「i phone 6 plus」に換えていたが、少し本体が大き過ぎる。(でも年老いたにゃんこには画面の大きい方を優先したにゃんcat) そして、ポケットには入れ難いことで、バッグにいつも入れている。 そこに、直ぐに発売された「apple watch」のことを知って興味があった。 シュフ光子には店の前のベンチで待って貰って・・・店内へ入ると、若者で賑わっていた。 逆に老にゃんこは目立っていた。(浮いていたというのが正確か?) apple watchを見ていると、直ぐに若い男性社員が来てくれて、「お手に取って見られますか?」と聞いて下さったので、「お願いします」にゃんcat   apple IDを求められたので、伝えて、手続きをして貰って、「どのタイプをお出ししましょうか?」と聞いて下さったので、ケースから42mmのステンレスケースでリングブレスレットが気に入っていた。ベルト調整が、あまりにも簡単なので驚いた。 ベルトがミラネーゼループもフィット感がいい。値段を聞くと、やはり良い物は高いにゃんcat (少し前に、suunto のリストコンピュータ 「CORE volcano」を買ってしまったにゃんcat) 続けて、腕時計を買うのは遠慮しとこう。

そのまま、歩き続けると、本町まで来た。 御堂筋沿いに、シュフ光子大好きな「TOYO KITCHIN大阪 」があった。 appleに寄って貰ったので、行くしかない。 7~8年前にご招待を受けて以来だにゃんcat フロアが広くなっていた。 相変わらず、デザインやクォリティが素晴らしい。 キッチンのartだにゃんcat  ショールームの美しい担当女性に、「ご興味のものがありますか?」と聞かれて、ガラスでリング状になった花入れを見せて貰った。 でも、洗うことを考えると・・・? TOYO KITCHINのシステムを店用と、プライベート用の2つを導入していることを伝えた。 担当の女性から、少し先で新製品の展示会があるので、如何ですか? と招待状を頂いた。 「あすかの食卓」のショップカードをお渡しし、PRさせて頂いて、後にした。

淀屋橋近くになると、「大阪マルシェ」が行われていた。南大阪や奈良・京都から出店されていた。地場野菜、加工品、弁当、お菓子等が売られていた。 こういう風に歩いてこそ、出会える催しだにゃんcat Dsc03332


 

また、御堂筋から四ツ橋筋に移動している途中では、オープンCafeがあったり、道頓堀やアメリカ村とは違った、ちょっと落ち着いた大人が憩える場所、ビルの谷間は結構、緑化されていて、私達の好きな雰囲気を味わうことが出来ることを発見したにゃんcat Dsc03336

今回の大阪散歩では思わずの収穫だった。時計を見ると、開演1時間前。フェスティバルホールが目前にあった。 建物の中に入ったが、会場に入るには時間があるので、地階へ下りて、空いたテーブルと椅子を見つけて、開演15分前まで時間調整をする。

時間が来て、開場へ入ると、シュフ光子が心配しなくても、布施くんのファンで溢れていた。Img001

私達の席は1階 2列 28~29番 シュフ光子にとっては久しぶりのベストポジションだにゃんcat 「オーチャードホール」と同じように最前列に近いところだけど、センターに近いので、同じようにPA用スピーカーに近いが聴こえ方が違う。 サウンド的には1階のど真ん中くらいが理想だけど、布施君の歌う表情も見ながら楽しみたいと思うシュフ光子には、ベストだ。

2時間で25曲を、50年の集大成を一気に、歌い上げた布施君。 ブラボーshine shineImg002

年齢的には私たちと同世代。 半端じゃなく気合が入っていた。そして、最後の方では布施君の瞳に光るものを見た・・・シェフ光子  一緒に歩んでいる世代としては、 60周年、70周年も期待したいにゃんcat

200曲以上をリリースした内の集大成として、選曲した内容だが、目立っているのは愛の歌のようだけど、男性への応援歌も良く歌われているって、シュフ光子が言っているにゃんcat  横で聴いているにゃんこも、そう思うにゃんcat  定年で、仕事を終えた時、タイミング良く「自由」という曲をリリースされた。 その歌で励まされたし、気持ちが楽になったにゃんcat そして、もう1曲は「1万回のありがとう」で、これも良い曲だにゃんcat

そのような意味では、シュフ光子からのお勧めは「君を守る」と「慟哭」とのことだにゃんcat 

聴き終えたシュフ光子は感動で、嬉しそうだにゃんcat この調子じゃ、風邪も治るかにゃcatDsc03351

帰路は、明日のにゃんこには西神戸の病院で診察が予定されている。なので、一旦、帰宅するよりは、シュフ光子の提案で、神戸のホテルに泊まる予約をしてあった。   

 

 

2015年5月 4日 (月)

近隣に「ASUKA GUEST HOUSE」がOPEN致しました

「あすかの食卓」から、50mくらいのところに「ASUKA  GUEST  HOUSE」が出来ました。
Dsc03231

 昨年より、その計画は聞いておりました。その場所は明日香村飛鳥の通りに面した古民家で、改装工事が始まっていました。 いつ出来るのか? どのような物が出来るのか?

興味を持っていました。 ある時、お世話になっている商工会の担当者の方から、アウトラインについて、お聞きかせ頂いて、より興味を持つことになったにゃんcat

 このGUEST HOUSEは従来の宿と言うよりも、この英語表現から、外国人のバック・パッカー等もターゲットになっているようです。でも、もちろん日本人も使えます。 時に、私たち「あすかの食卓」も、民家ステイをお受けしていますが、収容人数は4人くらいが限界なのだにゃんcat

 しかし、友人等の訪問で泊まって頂く場合、人数によってはそれ以上の場合が考えられます。 幸いにも1泊の料金がリーズナブルなのです。 相部屋になるケースでは1人の料金が2,800円なので、これは使えるにゃんcat 

 明日香では従来、民宿がたくさんありましたが、高齢化等の影響もあって営業軒数が以前に較べて、大きく減少しています。 従って、明日香への観光で宿泊を伴う場合には奈良や京都にホテルを取るしかなく、観光には制約が出来てしまい、その結果、減少化に歯止めは掛かりません。 しかしながら、このようなリーズナブルな宿泊施設が出来れば、明日香への観光客を誘致するのにプラスに働きます。 そして、飛鳥地区の活性化にも寄与することになると思うにゃんcatDsc03153

 ゴールデンウィーク前にお披露目の事前見学会のご案内を頂いたので、早速、お伺いしました。 古民家を明るい雰囲気で改装されていました。若い方にも好まれそうな雰囲気です。ドミトリーには男女混合と女性専用があります。そして、共同のトイレ・洗面所やシャワールームも設けられています。 また蔵を使った個室は家族向けにも利用できます。

そして、入り口近くの広間はホテルで言えばロビーのような使い方で、宿泊者同士のコミュニケーションに役立ちそうです。Dsc03256


 

 このような施設が近隣に出来ると、「あすかの食卓」も利用されるお客様のニーズに合わせた営業方法も検討しなければならないか? シュフ光子が考え中だにゃんcat

因みに、にゃんこの大学時代の陸上競技部・同窓会が秋に計画しています。 一昨年は倉敷、昨年は能登でお世話になりました。今年は奈良でお世話をすることになっています。そして「あすかの食卓」で同窓会を予定して貰っているので、宿泊はどうしようか?と検討中に、この「ASUKA GUEST HOUSE」が一気に候補として浮上しました。 そして早速、幹事のU君を案内して下見を行いました。 結果、ほぼ決定のようです。 

 

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »