2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月

2015年7月20日 (月)

2015夏 ONE DAY CAFE 無事に終了致しました

先に、このブログにてご案内の「2015夏 ONE DAY CAFE」には、お越し頂きありがとうございました。 当日は、どうしても通常のランチをお願いしたいと、11名様のグループよりご希望があり、シュフ光子は悩んだ末、せっかくのご希望は叶えて差し上げたいと、混雑は避けられない状況にはなるが、敢えて、大変な方を選択した。(迷ったら苦労の方を選ぶというシェフのポリシー)

と、言うことはにゃんこも大変になるということだにゃんcatDsc03746

席の半分を通常のランチのお客様に、半分をONE DAY CAFEのお客様に当てた。

その結果、キッチンは両方の食材が飛び交って、大変で、ONE DAYのお客様が入れない状況になって、PM2時まで、お待ち頂くことになってしまった。そして、シュフ光子のレッスン生の方にもお手伝い願って、進めることとなった。

チャレンジした結果は、いろんな方にご辛抱とお手伝いを頂いて、何とか、無事に終えることが出来ました。今回のようなイレギュラーはあまり無いことなのですが、皆様に助けられて、感謝で一杯です。

事後になりましたが、当日のCAFEで提供させて頂きました内容(ドリンクは除く)を載せます。スウィーツ担当のMIHOUちゃんは以前に較べて、スムーズに出来たと、着々と実践の経験を積んでいるようで、頼もしいし、今後も楽しみだにゃんcatDsc01658



Dsc01644



















この度のCAFEも、お陰様で無事に終えることが出来ました。

本当にありがとうございました。

新型ロードスターに試乗

仕事用に使っているCX-5にオイル交換と自動車保険更新の時期が来ていた。 MAZDAの車を愛車として来たのには20年前からの大切なお付き合いで続いているのです。(本当は約45年前に中古で買って貰ったファミリアクーペが最初で、その後はシュフ光子の実家の関係で三菱を乗り続けることになったが・・・)

現、愛車のユーノス・ロードスター(初代NA6CE)を乗り始めた時、どうしてもオプションのハードトップを付けたかった。しかしながら新品で購入すると25万円もするのだにゃんcat 安月給のにゃんこにはチト痛い。そこでネット(当時はパソコン通信)で探すと・・・・何とタイミングよく、西大寺(奈良のではなくて岡山の)のお坊さんが買い替えのためにハードトップ(黒)を売りに出されていた。それも定価の1/4で・・・ これは買うしかない。 しかし取り付けるには専用金具の入手が必要だった。 そこで、当時、大阪の職場までロードスターで通勤していたが、途中にMAZDA香芝営業所があって、お付き合いはなかったが、金具の発注をお願いした。 やがて、納入の連絡を貰って、受け取りのタイミングと、早く取り付けたいので岡山の西大寺までハードトップの受け取りへのタイミングを合わせた。 当日、営業所へはその事情を話すと、サービス担当のMさんが、暑い時期にも関わらず、汗を一杯で取り付けて下さった。そして、取り付け工賃を・・・と聞くと、「要りません。」 急がせた上に・・・このように対応頂いたことが本当に嬉しかったにゃんcat  それ以来、車のことは、ここにお任せしようって決めました。

本題から随分離れました。さて、営業所に着くと、営業担当のFくんが、自動車保険の手続きをしてくれて、オイル交換の間に・・・ロードスター乗ってみます? もちもち・・・今日の用事はそのために来たようなものだにゃんcatDsc07625

案内されて、パーキングへ行くと、黒のニューロードスターが準備されていた。早速、キーを渡されて、コクピットに乗り込むような感じ。 初代とは雰囲気が随分と違う。センターコンソールの存在感だろう。スタートボタンを押すと、静かなエンジン音。横の席にはFくんに乗り込んで貰って、MTを1速に入れて、スタート!!Dsc07629

視界は随分と良くなった。エンジンの性格は新旧、感覚的にはそんなに変わらない。(本当は性能的には排気量を減らしてのパワーとトルクアップを図られている)そしてミッションは大きく進化している。6速まであるが、気持ち良く入っていく。 5分ほど走れば、新ロードスターとは一体感が持てる様になった。ワインディングロードを体験したかったので、中和幹線から二上山越えで、走行した。 CX-5のトルク感は期待するべくもないが、1,500ccノンターボなので、エンジンを回せば、楽しく走ってくれることは分かった。平日ではあったが、それなりに前が詰まってしまうので、ちょっと欲求不満になる。 山道のコーナーではスピードは上げられなかったけど、クイックなハンドルと回頭性は失われていないことにほっとした。タイヤも14インチから16インチになっているので、しっかり地についている感じで、このような装備をしながら車重は1tを切ったというのは驚異的。試乗してみて、トータルでの感想は、上手く原点回帰出来ているのは予想通りであったにゃんcat  最後にエンジンルームを見せて貰ったが、ぎっしりと詰まった感じで、良く軽量化が出来たものだ。そしてエンジンを前輪の車軸より後ろに配置して、重量バランスを取られていることに感心した。この拘りがあってこそ、ハイテクを使って原点回帰することが出来たのだにゃんcatDsc07626

シュフ光子はポルシェを諦めて、赤のロードスターを乗ったら?  

いや~ やっぱり、夢は枯葉マークを付けてポルシェ911に乗りたいにゃんcat

因みに、新型ロードスターの試乗は予約が必要ですが、平日がお勧めです。土日は順番待ちと試乗時間に制約があるようです。そして、現時点では一般購入者には、まだ納車されていないので、注目の視線が楽しめますにゃんcat

 

2015年7月 8日 (水)

信州では美味しいモノに沢山出会える

私たち「あすかの食卓」ではランチのお任せコースで、シェフ光子は野菜をメインとする100種類以上の食材を使うことにしています。「あすかの食卓」と名乗る上には、明日香で全ての食材を調達したいのです。近年は明日香にある産直へ出品される生産者の方で、珍しい野菜にチャレンジされている方がおられて、頼りにしています。

そして、コースを召し上がるお客様には、産直で珍しい野菜に巡り合った時は・・・「手にとって置かないで下さい。カゴに入れて買って下さい」とシュフ光子はいつもお願いしています。

しかしながら、明日香や奈良県内だけで、季節によってはそのポリシーを維持するのに苦労しています。

 そこで、やはり県外の食材にも頼ることになります。近畿圏を越えて、中部地区や関東圏へ出掛けることにもなります。その中でも最も食材が豊富なのは信州・長野県です。野菜や山菜そして果物の宝庫だと思うにゃんcat

 そして、シュフ光子はその食材をどのように使うのかを学びたいと、常宿にしているところがあります。 今までにも何度か、このブログで紹介していますが、松本に近い美ヶ原温泉にある「旅館すぎもと」さんです。

オーナー花岡さんは研究熱心で、季節毎に、工夫を凝らしたお料理が提供されます。そして何と言っても、召し上がるタイミングに合わせて、打って頂く「蕎麦」です。 シンプルなザル蕎麦で、召し上がり方まで、指定されています。 北広島まで名人の蕎麦を頂きに行ったこともありますが、今のところ花岡さんの蕎麦が最も美味しいと思う。(にゃんこが最も感動した蕎麦は山口県萩で、ふと飛び込んだお蕎麦屋さんだけど、今は無い。幻の蕎麦だにゃんcat

今回も珍しい食材と調理方法と召し上がり方で、新しい出合いがあった。シュフ光子は提供される毎に説明される内容を聞き逃さないように・・・  そして、「にゃんこちゃん、写真撮っといてや」Sugimoto_burog
にゃんこの楽しみは地酒で、これがまた美味しいし、料理と良く合うのだにゃんcat

また、ここは歴史のある温泉なので、夕食前に、軽く温泉に浸かって疲れを癒して・・・Dsc03548

そして、早朝にも、酔い覚ましを兼ねて、ゆったりと温泉を楽しむ。 そして、チェックアウトでは必ず、オーナーさん自らでお見送りを頂くので、食材調達のための情報を聞くことも忘れないことが大切なのだにゃんcat

そして、この「旅館すぎもと」さんのもうひとつの魅力がある。それはオーナーさんが大のオーディオマニアなのだにゃんcat オーディオにご興味のある方にはにゃんこから是非、お勧めなのだにゃんcat お部屋にも傾向が違うオーディオが設置されていたり、共用スペースにもそれぞれマニアックな装置(真空管アンプ等)がセットされている。 使われている音楽ソースは女性JAZZボーカルが中心なのも嬉しいにゃんcat









 今回はお食事処から庭が見えるのですが、降りて行ったことがなかった。 そこで、スタッフの方にお声掛けすると・・・どうぞ!とご案内頂いた。 そこには何と、Tree Houseがあった。 そして奥に進むと、茶室(秀吉の愛した茶室を模したもの)まであった。 
Dsc03523


途中に部屋があって、入口には「秘密基地大和」と表示されていた。 そっと、引き戸を開けると、中にはテーブル・椅子・オーディオ系の書籍らしい。そして、LUXMANの古いアンプで構成したオーディオ装置があった。
Dsc03531

このオーナーさんの遊び心が、この旅館の原点なのだろう。 
なので、居て楽しいし、落ち着くのだにゃんcat  これはにゃんこだけではないと思う。 いつ行っても、何と出会えるか?ドキドキで・・・また行きたいって・・・



勿論、帰路では中央道の「伊那IC」で途中下りて、いつもの産直へ行って、野菜・果物・山菜・お花で荷物スペースが一杯になった。 おまけに、にゃんこが庭に飼う用で、鯉を7匹買ったのだにゃんcatDsc06635

 

2015年7月 7日 (火)

最近、頂いた「にゃんこ」グッズ

シュフ光子の母は和裁が得意で、長年、着物を縫って来た。にゃんこは「おかあちゃん」と呼んでいる。

私たちの子供つまり、孫の成長に合わせて、たくさん手作りの着物を作って貰った。 この「あすかの食卓」をOPENした時も、お祝いに飾りを作って貰った。Dsc03700

























最近でも、高齢(85歳)にも係わらずマイペースではあるが、手作りを続けている。そこで何か作って欲しいにゃcat と思って、「猫をテーマにした何かを作って欲しいにゃcat」と頼んだら、作って持って来てくれました。Dsc03686

高齢にも係わらず頑張って作ってくれたことに、嬉しいにゃんcat  出来上がった作品を見て、にゃんこが思うには・・・この真ん中に着物を着て座っているのは「シュフ光子」で、周りに居る猫は「にゃんこ」だにゃcat  私たちを良く知る方は・・・納得!!って  言うな~言うな~

そして、もうひとつは紙細工で出来たもので、金魚屋で売られている金魚を猫が狙っている様子を表現された物。 これを贈ってくれたのは、シュフ光子の友人で、奈良の大宮駅前でヨーロッパの木の玩具や絵本のお店「おもちゃのおうち Tuer(てゅーあ)」を営んでいるMさんの姪っ子のTちゃんからの物です。Dsc03682


少し前に、結婚を控えて、この「あすかの食卓」でシュフ光子に、お料理を習いに来ていて、そして、めでたく挙式をされた報告をお手紙で貰い、その中に、写真といっしょに入っていたのです。 このにゃんこが喜んでくれるかなあ? と優しい心配り。

嬉しかったにゃんcat

2015年7月 6日 (月)

「2015 夏のONE DAY Cafe」は満席となりました

「2015 夏のONE DAY  Cafe」はお陰様で満席となりました。

梅雨がまで明けていない時期ではありますが、ありがとうございました。Dsc03516_2
「その日は残念ながら行けなくて・・・」とのお声もお聞きしております。 最初の頃は2DAYs Cafeで行っておりましたが、スウィーツ担当のMIHOUちゃんがPTA関係のお仕事で、本年中は日程的に難しいので、申し訳ありません。

Cafeの内容は検討中で、事前のお知らせは難しいのですが、当日のお楽しみとして、お待ち頂ければ幸いです。

因みに、シュフ光子のランチは和とエスニックを融合したワンプレートです。MIHOUちゃんの薬膳を加味したスウィーツの試作を参考までにアップしました。当日の内容ではありませんがイメージとしてご参考になさって下さい。Dsc_9075Dsc03699


« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »