2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

2015年8月27日 (木)

長い夏期休暇は間もなく終わります

約1ヶ月を休ませて頂きました。 その間にもご来店希望のお電話を頂きましたお客様には大変申し訳なく思っております。Dsc03553

 例年、この休みを利用して、プライベートスペースの片付けを・・・・・と思っていましたが、つい、休養という名目で、何気ない時間を費やしておりました。

しかしながら、今回は、シュフ光子は本気で片付け出したのです。 収集の食器関係はお店への利用もあって、あまり必要がなかったのですが、仕事とあまり関係の無い、衣類・カゴ・布や糸類、そして大量の料理本やガーデニング・手芸本、そして創刊からストックしていた雑誌(nonno・more・Lee等)の整理や処分はもったいないので大切に見て頂ける方への譲渡です。Dsc03527

これらは母屋の4部屋を占拠していました。 出来るだけ減らしたいとの考えで、残すものと減らすものを選別することに随分とエネルギーを割いていました。「にゃんこちゃんに買って貰ったものだけど、捨てていい?」って聞かれたので、「好きにしていいにゃんcat」というやり取りから、一気に進みました。 母屋は約100年の古民家です。ウォークインクローゼットのような洒落たものはないので、2Fの6帖の部屋を衣類専用のスペースとして収納した。Dsc03542

寝室として使っている部屋は片付いて、一部をにゃんこ用の衣類収納スペースとして貰ったにゃんcat

20年前に新築した「ネコ小屋」も、処分しなければならないものがたくさんある。選別が最も大変な作業はシュフ光子と同様なのだにゃんcat  住空間ではないので、急ぐ必要はないが、そろそろ必要なものが直ぐに取り出せない状態になってきて、日頃から整理をしながら、減らしていく必要性は十分認識している。 今回はパソコンのアプリケーションに限定して整理することにした。特にFDメディアでの旧MACやウインドウズ系ではwin3.1やWin95からWin2Kまではもう使うことは無い。 そして、約20年前のデジカメ(30万画素から)の写真データ(3.5インチFD)は嵩張っています。時間があればHDDに変換したいにゃんcat そして雑誌ではPC系がもう役に立たないので、捨てたいにゃんcat

シュフ光子もにゃんこも一気に整理したいが・・・今回の片付けで、シュフの方は目処が見えてきたとのことです。 今年の夏は特に暑かったので、よく頑張ったと思います。

そして、今回の片付けで、思わぬプレゼント、子育て時代に飼っていたネコの写真が出て来ました。 今は仕事の関係で生猫は飼えないで、お店のフロアには猫グッズで辛抱しているが、時々、お客様から「ネコがお好きなんですね!」とか「ネコは飼っておられるのですか?」って良く聞かれます。「ええ!昔は飼っていました」って・・・Img018

これで、やっと「こんなネコを飼っていました」って見て貰えるにゃんcat

ここで昔に飼っていた愛猫の一部をご紹介します。

Img019我が家のネコは「ミーちゃん」(2枚目右上)という1匹の三毛(メス)から始まりました。 30年ほど前に次男が、ある日捨て猫として持ち帰った子です。生まれて1週間くらいの子猫で、かなり弱っていました。生きて育てるのは無理かも?と思いながら、ストローにて牛乳を口を開けて無理やり流し込みました。その内、喉を通った様子に・・・行けるかなあ? そして、元気に育ってくれて、家の中に閉じ込めずに自由に育てたことによって、たくさんの子猫を生んで、育てました。 その結果が写真の通りです。 最初の子供が2枚目右下の三毛(メス)「ライ」です。そして、この「ライ」も子供を生みました。多くの方に里親になって貰いました。

最初の「ミーちゃん」は大変賢いネコで、その子達も賢いネコだったので、里親の皆さんから喜んで頂きました。

私たち家族も、一緒に生きたこのネコちゃん達のお陰で楽しい生活を送ることが出来ました。 私達の子供も独り立ちして、いなくなり、最後の1匹は20年を生きた「ミーちゃん」でした。 にゃんこの膝の上で、眠っていると思っていましたが、気が付くと息を引き取っていました。 その後は、このような賢いネコとは二度と巡り合えないと・・・飼っていません。 もし、「ミーちゃん」が帰って来たら、もう一度飼いたいかにゃ~cat

そして、久しぶりに営業を再開するのに際して、シュフ光子はお店にお花を飾り始めました。 今夏の酷暑で、いろんなお花の入手には苦労しますが、明日香ならではのお花もあるので・・・
Dsc03540

2015年8月 6日 (木)

猫のメガネ?

cat最近、活字本を読むことは避けていたにゃんcat

写真中心の雑誌を見るときは、そんなに苦になっていなかったのですが、シュフ光子が夏季休暇に入って、読書に勤しむ姿を見て、PCでNETばかり覗いていることに、少し反省気味だにゃんcat  活字を見ないことの理由に、読書・PC用の中近用メガネは、どうやら度が合わなくなってきていることに気付いていた。

にゃんこの眼は複雑な仕様になっている。 それは老眼の一種で、乱視なのだにゃんcat(誰か・・・それは眼と違って頭とちゃうか?)  なので、レンズを決めるにも、手間が掛かる。そしてメガネが出来上がるまで1週間ほど掛かる。ちょっと面倒くさいので、メガネ屋さんへの足が遠退いていた。 今使っている、このメガネを誂えたのは約7年前。 ちょっと使い過ぎになっているとも思われるにゃんcatDsc03766

皆さんはどのくらいで買い替えですか?

因みに、ドライブ等普段使いのメガネは5年ほど前にレンズを入れ替えて使っている。今でも車の運転にはそんなに支障はない。 というのも、運転免許更新時にはメガネ限定は付かないレベルなのだにゃんcat

シュフ光子に「メガネ替えていいにゃんcat?」って聞いたら・・・「替えたら!」って言ってくれた。

早速、前に作った同じメガネ屋さんに行った。 前回は取り敢えず作ったという感じで、フレームに拘らなかったが、ネコとなったからにはちょっと格好を付けたい。そこで、フレーム探しを始める。 めっちゃ軽いフレームが気に入ったが・・・お店の方に「乱視の場合はレンズが厚くなるので、使えるフレームは限られます」と言われてしまった。 仕方なく、使えるフレームを聞いてみた。 新型で、にゃんこの名前と似たタレントさんのものをお勧め頂いた。 フレームも軽そうで、デザインも悪くない。「じゃあ、これでお願いします」Dsc03773

じっくり時間を掛けて検査をして貰った。 検査要領も分かっているので、そんなに苦にはならなかったにゃんcat

レンズを選ぶ時に、オプションとして、色の付いたもの、PC用にブルーライトを軽減するもの、最近にハイブリッドタイプとして遠・中・近に対応するレンズが開発されたものがあると説明を受けた。 考えた末、少し高くなるが、ディスプレーを頻繁に覗くのでPC対応と、出来るだけ本来の眼のように使えるハイブリッドタイプとなったものをお願いした。  

1週間後に出来上がった。Dsc03749

以前に東大阪のメガネ屋さんで作った時、出来上がってきたメガネのレンズがなぜか違っていて、作り直しをして貰ったことがあって・・・出来上がって、眼に掛けて見え方を確認するまで・・・安心できない。 今回は大丈夫だった。

眼との距離で10cmから遠くまで、ほぼ支障なく見えた。 嬉しいにゃんcat

拙宅に、溢れるほど本を持っているにも関らず、早速、シュフ光子と本屋さんへ出掛けた。

趣味系の雑誌は立ち読み程度で済ませ、本来なら多分選ばないだろう・・・活字の小さな雑誌(多分、若い世代向け)で、気になるものを見つけた。

「WIRED」という書名であった。 新調したメガネでページを捲ると、小さな活字にも関らずノープロブレムで、内容も面白そうだにゃんcat

これに決~めた!!Dsc03775

シュフ光子のところへ行くと、「にゃんこちゃん、これ買って!」って3冊渡されたにゃんcat

因みに、にゃんこの買った「WIRED」は500円(TAX込み) この前、神戸そごうのパーキングを割引で使うために買った3,000円の図書カードで支払ったにゃんcat

「にゃんこちゃん、今日買った本、ちゃんと読みや!」

 

2015年8月 5日 (水)

MIHO MUSEUMへ「若冲と蕪村」を観に行く

以前から是非、観に行きたいと思っている展覧会がありました。 

7月4日より、滋賀県の信楽町にあるMIHO MUSEUMにて「生誕300年 同い年の天才絵師 若冲と蕪村」が開催されています。Http___wwwmihoorjp_japanese_collect


 

8月に入って、やっとお店の夏期休暇に入ったので、これ幸いに出掛けることにしました。陶器の街、信楽から山ひとつ越えたところにあります。交通の便が悪く、車以外では信楽高原鉄道ー信楽駅から美術館までのバスが運行されています。 もちろん私たちは車で出掛けました。 いつも行くルートは名阪道で上野経由、阿山~信楽から山中に入る。 でも、この道は狭い道ながら栗東信楽線のメインルートになるので、交通量は多いので対向車には気をつけて下さい。 この道は緑がいっぱいで、季節感を楽しめるので、好きな道でもあります。

その日は平日だというのに、大きなパーキングではありますが、満車に近く、この企画展の人気が伺われるにゃんcatR0011617

緑に囲まれたところで、少しは涼しいかにゃcatと思ったけど、風もなく、暑いにゃあcat  でも草木の匂いと鳥の鳴き声が唯一、和ませてくれる。 そして名画に逢えることで、暑さもそんなに気にならないにゃcat

受付棟と会場は離れている。 歩いて10分ほどだけど、この暑さでは送迎の電気自動車に乗せて頂くことになった。途中、桜並木、アート的なトンネル、谷を跨ぐブリッジを渡ると会場の入口に到着。 楽チン楽チン!!R0011601







階段を上がって、会場に入ると、空調が効いていて、ほっとした。昼から出てきたので、3時に入館。5時までの2時間あればゆっくり見ることが出来るにゃんcatR0011580

若冲と蕪村が同い年ということから、同年代の天才絵師の歩んだ道とその作品が同時に観る事ができる企画が嬉しい。 期間中で、陳列の総作品は223点だけど、この美術館とサントリー会場の2箇所で、展示替えもあるので、お目当ての作品があるのであれば、HPにてご確認されることがお勧めです。

分かり易く展示されていて、時間内に十分楽しむことが出来た。 若冲も蕪村も、いずれの作品も素晴らしかった。 シュフ光子は蕪村の作品の方に、より感動したと言っていたにゃんcat

2人とも京都の四条通り近辺に住んでいたが、あまり交流が無かったらしい。 お互いに影響を受けあうことはなかったことが、それぞれの作品への表現方法が違っていて、そのことが余計に楽しめたにゃんcat

いい企画展でした。R0011628

帰路は栗東経由で、琵琶湖大橋を渡って、琵琶湖を半周した。近江大橋を過ぎた辺りでは湖面に映る建物の明かりがきれいねえってシュフ光子が感動していた。 滋賀県は大半が琵琶湖になっているが、琵琶湖周辺の景色は独特な雰囲気を持っている。この大きな湖の存在が大きい。 近江の文化もこの琵琶湖を抜きにしては語れない。比叡山や近江商人へも影響を与えていると思う。 同じような雰囲気は、よく出掛ける長野の諏訪湖にも、文化は違うけど湖に接する共通のものを感じることが出来る。 これはにゃんこが奈良県に住んでいるからかにゃあcat

*一枚目の画像はMIHO MUSEUMのHPより流用させて頂きました。

2015年8月 4日 (火)

「あすかの食卓」は夏休みとさせて頂きます

8月に入り、飛鳥でも真夏日が続いております。Dsc07633

私たち、シュフ光子とにゃんこのお店「あすかの食卓」は例年のように夏休みとさせて頂きます。

この季節、私たちにとりましては大変有り難いことですが、ご予約のお電話を頂くことがありますが、提供させて頂きます「おまかせコース」には野菜・豆類・雑穀・少しの蛋白質等で約100種類の食材を使っております。

しかしながら、この季節では特に新鮮な葉物野菜が手に入らなくなります。そのような訳で、まことに勝手ながらお休みとさせて頂いております。P7220243

9月に入りましたら、営業を再開させて頂きます。

尚、9月以降のご予約のお電話は休み期間中でもお受け致しますので、どうぞよろしくお願い致します。

まだまだ、暑い日が続くようですが、皆様には、どうぞお身体にはお気を付けてお過ごし下さい。 9月以降に、またお会い出来ることを楽しみにしているにゃんcatDsc07521

恒例の紫陽花を頂きに六甲山へ

シュフ光子は紫陽花大好き人間!!毎年、六甲山へ紫陽花を頂きに行くことを楽しみにしている。

今年も、六甲山上で仕事をされているTさんから、「よかったら、紫陽花を採りに来て下さい!」と連絡を頂いていた。 しかし、仕事の都合で少し遅れてしまったが、丁度、このにゃんこがお世話になっている西神戸の病院での検査が入っていたので、そのタイミングに合わせて伺うことにした。

 少し前の台風の影響で、六甲山への道路は通行止めにもなっていたが、西神戸から北神戸経由での裏六甲ドライブウエイは幸い通じていた。待ち合わせ場所である六甲山ケーブル山上駅の駐車場に車を入れて、到着の旨、連絡をさせて頂くと、すぐに迎えて貰った。Dsc07655

久しぶりにお会い出来て、にゃんことはオーディオ繋がりでの間柄なのだけど、シュフ光子は、紫陽花を目の前にして、早速、好みの咲き具合を物色していた。 なので、Tさんはにゃんことはオーディオの進捗状況を話しながら、シュフ光子の紫陽花採取にもサポートをしてくれていた。Dsc07665


 

紫陽花の色は少し淡くなっていた。丁度、連絡を貰った時が最も旬だったとのことでした。おまけに台風の影響で随分と雨が降った影響もあったらしい。 

六甲ケーブルの敷地は広い。 周遊道を一周、案内して貰うと、随分とたくさんの紫陽花を収穫出来ました。Tさんもお仕事時間中なので、あまりご迷惑をお掛け出来ません。

お礼を言って失礼しました。 そして、しばらくドライブウエイを散策して、道端に残っている紫陽花をチェック。 
Dsc07693


タイプのものを少し頂戴して、神戸駅側に下りるべく、六甲山牧場まで来ると・・・あれ! 通行止めだにゃんcat

戻って、来た時と同じ裏六甲ドライブウエイを下るしかない。

今度の紫陽花採取では、にゃんこにとっては困ったことなるのだにゃんcat シュフ光子はあまり意に介していないが、この紫陽花は自然の中に咲いていたもの。 なので、花以外にも大切な車には乗っかって来るのです。 よく同乗して来るのは蜘蛛です。 後になっても車内で蜘蛛の巣を張ってくれます。 何を捕まえる積もりなのかにゃんcat (にゃんこ?を)

そして、もうひとつは蟻んこです。 これって、にゃんこの守備範囲なので、面倒をみている車なので・・・・・もう面倒くさいにゃんcat

でも、シュフ光子が嬉しそうに、Cafeのフロアーを飾っているのを見ていると・・・P7220205

しゃあないにゃんcatP7220214


« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »