2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月

2015年12月10日 (木)

年末年始休暇のご案内です

年の瀬が迫っています。 「あすかの食卓」でも、周りの様子が冬色となってきました。

庭の「ムサシケヤキ」はすっかり葉を落としました。Dsc05051

























そして、中庭の池では鯉と金魚の動きが小さくなりました。Dsc05047

シュフ光子とにゃんこは、何とか1年間、大きな病気もせず、お客様の暖かいお気持ちに支えられながら、お陰様にて元気にやって来れました。

本当に感謝の気持ちで一杯です。



















さて、この時期には勝手ながら例年通り年末年始休暇に入らせて頂きます。

  年末年始休暇期間  2015年12月16日(水)~2016年1月15日(金)

 忘年会やクリスマス会、新年会等でのご利用をご予定頂き、お問い合わせのお電話を頂くのですが、提供させて頂きます「おまかせランチ」のコースメニューには約100種類の食材を準備致します。 しかしながら、これらの時期には近辺のスーパーではお正月用食材の販売にウエイトが掛かりますので、使いたい食材の入手が難しくなります。そのような事情と、少しは纏まったお休みを頂いて、骨休めと、シュフ光子は新しい年に向けてのバージョンアップを図るための充電期間として毎年、お休みとさせて頂いております。

 どうぞ、ご理解を賜り、年が明けてのご利用をお待ち申し上げております。Dsc05043

 

 

 

2015年12月 3日 (木)

にゃんこの同窓会後に信州へ食材調達

秋の食材調達は地元にて行って来ました。

近々は地元の野菜生産者が頑張って頂いているので、お陰様で多種の野菜を調達出来ていました。 しかしながら、お客様によっては短いタイミングでリピートして頂くので、似たような食材で「おまかせコース」をお出しするのは如何なものか? とシュフ光子は悩んでいました。

 じゃあ・・・日にちは無いけど、強行スケジュールで信州へ行こうか?と、にゃんこは提案したにゃんcat  シュフさえ疲れなければ大丈夫と、・・・そして、行ける日にちは結構厳しかったが、半年前に決まっていたにゃんこの同窓会の翌日が1日だけ空いていた。

毎年11月に実施している同窓会「にゃんこの大学のクラブ」で本年の担当は奈良県のメンバーが幹事を行うことになっていた。 主幹事は同種目のU君で・・・食事は「あすかの食卓」で、宿泊は、そこから這って行ける「飛鳥ゲスト・ハウス」でと、提案して貰ったので、ちょうど、メンバー全員に、にゃんこが今、どういう生活をしているか?を知って貰えるいい機会と思い、引き受けることとなった。

ただ、シュフには負担を掛けてしまうことになるにゃあcatと思っていたが・・・OKを出してくれた。0033_xlarge
そして、その同窓会は前日の昼過ぎから始まって、温泉「かもきみの湯」へ案内し、ディナーを夜10時まで行い、翌日の朝食まで頑張って、おもてなしを行って、昼前には無事にお見送りができました。 同窓のメンバーでは大阪、奈良出身で多く構成されている。今回は奈良での開催だったので、もっと参加して貰えるか?と思ったけど、結果的には常連が中心の参加となった。 前回まではホテルや旅館を利用したが、今回はリーズナブルな「ゲストハウス」を利用したので、会費の大半は食費に使えたし、「あすかの食卓」での開催をして貰ったので、食材へ重点的に使わせて貰えたが・・・結果的にはどうだっただろうか?

にゃんこから見て、シュフ光子は頑張っておもてなしをしてくれた。・・・メンバーからは「良かった。ありがとう」って言ってくれたので、全員には満足して貰えたと思う。

そんな言葉を聞きながら、岡山や能登へ帰るメンバーもいて、全員を見送った。 

 そして、戻って、急いで片付けをして、昼過ぎには信州へ車で向かうのだが、信州の産直では午前中に入らなければ、希望の野菜を購入できないので、いつものように、岐阜のホテルにて前泊し、早朝に信州へ向かうことにした。

 名阪道・・・東名阪道の桑名東ICで下り、木曽川堰堤を上流に向かって走ると、岐阜羽島より岐阜市内に向かう。 早い目の時間にホテルへ到着したので、まず、ホテル内にある温泉にて疲れを癒し、夜食は繁華街のいつも利用する居酒屋(花串庵)にて、おでんや串カツ、ドテ焼きにて軽く一杯で、のんびりとした時間を過ごした。Dsc09032_2


早い時間に朝食を摂って、チェックアウトし、東海環状道の関から中央道で、伊那ICで下りた。そして10分ほどで、目的地「産直グリーンファーム」に着いたのが午前10時過ぎはいい時間帯でした。Dsc09211


 買うことのない松茸は旬が過ぎていたが、少し残っていた。

シュフ光子の目的は営業用に使う信州ならではの野菜を買うこと。Dsc09085_2

葉物・蕪等と果物はりんごでも信州へ来ないと買えないアルプス乙女やミニりんごを購入。きのこ類は旬が過ぎていた。それでも珍しい野菜を後部トランクに一杯買うことが出来ました。

 翌日にはご予約が入っているので、早い目に帰宅したいが、道の向かいに熊や猿がいるので、覗くことにした。 熊はお腹が一杯という感じで、お昼寝のまっ最中。その後ろの方が賑やかなので、普段は行かないが、行ってみると「どうぶつひろば」という看板が架かっていた。 中に入ると、受付で餌が売られていた。 買って遊んでみるかにゃんcat カップに細くカットした物(芋orりんご)が入っていた。

まず、ウサギのいるエリアへ、20羽はいる。 こちらへすぐに飛んできた。 鋭い歯で手を齧られたらやばいので、先を持ってあげると、齧り付いてきた。喰いちぎるような勢いで、手から持って行かれそうだにゃんcatDsc09163








また、山羊とロバは性格がやさしいので、ほぼ放し飼いに近い。足元にも擦り寄ってきて、餌をおねだりしてくれる。 小さな子供たちでも、楽しく、これらの動物と直接に触れ合いできそうだにゃんcat Dsc09172


 他には鳥系の鴨が隊列を組んで、敷地内を勝手に散歩している。本当に、緩やかな動物ひろばなので、そして入場料は要りません。なので、どなたにもお勧めです。Dsc09189


  疲れを動物たちに癒されて、ちょっと元気を取り戻して帰路に着いた。

 

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »