2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

2016年4月 9日 (土)

「あすかの食卓」の庭は急にお花が咲き始めた

桜のシーズンに合わせて、南からの暖かい風が吹いたと思えば、強いにわか雨が降り、桜の花弁が飛び、道には雪が積もったようになったり、車のボディには桜の花弁がくっ付いていたり・・・春も真っ盛りの様子だにゃんcat

私たちの庭といえば、コンセプトである「山道散歩風」にて、定番の「シャガ」、「クロロウバイ」、「カリン」・・・ 他(忘れてしまったにゃんcat知っている方はコメントにてお教え下さい。)
 美しい花には言葉は要らないので、下手な説明は致しません。
 そうなんや! 「あすかの食卓」にはそんな花が咲いているんや!って見て頂ければ幸いです。
Dsc04363 Dsc04365










Dsc04366








Dsc04381



















Dsc04370
Dsc04393

伊勢に向かう国道166号は花街道で桜がいっぱい

にゃんこにとって、今年の桜は例年に比べて、しっかりと見たくなったにゃんcat
多分、健康不安がそのようにさせているみたいだにゃんcat
国道166号の街道沿いは花を楽しむには絶好の時期だと思う。 タイミングを外す時もあるけど、とりあえず休みの取れた日を選んで、伊勢に向かって走ることにした。 いつもの明日香から多武峰越えにルートを選んだ。 スタートからやはり明日香の桜も素晴らしい。石舞台公園はもちろんだけど、多武峰に向かう途中、細川谷の民家に植えられたプライベート桜も綺麗だにゃんcat  この時期には毎日、自宅の庭のMy桜を眺められるのは羨ましい。

多武峰神社の桜もキレイで、パーキングのユキヤナギも良い感じです。 八井内トンネルに入って、宇陀でも、プライベート桜が見られた。山寺の立派な桜や大きなお屋敷を守るような大きな桜。又兵衛桜のようなブランドでは無いが、この名も無い桜も負けず劣らず立派だにゃんcat

東吉野に入ると、渓沿いに咲く桜も嬉しい。Dsc04285  そして高見峠の手前にある木津にある道路沿いのお寺、宝蔵寺には枝垂れ桜(エドヒガンサクラ)の古木がある。 今年はどうか?にゃあcat

敷地内へ入ると、想像していた通り、満開だった。昨日は日曜日だったので、さぞかし、賑わったことだにゃんcat 今日は平日で、人出も少なく、桜の写真を撮るには嬉しい条件だったにゃんcatDsc04308

このサクラは感動的だけど、近づいて、幹を見ると、かなり痛々しい。でも頑張って、精一杯の花弁を付けている姿は凄さを感じる。 いつまでこのように咲かせてくれるか?分からないけど、頑張って欲しい。 弱気になっているにゃんこにも励ましてくれているようだ。Dsc04346

来年もお互いに元気な姿で会えれば・・・って約束してお別れしたにゃあcat

高見トンネルを抜けて、三重県側に入ったら、国道沿いにはお花がいっぱい。 サクラはもちろんだけど、黄色のレンギョウも見事、そしてサクラより派手な色の桃・・・

信号もなく、車も少ないので、道端のお花に視線を移しても、ノープロブレム!!

この櫛田川沿いの道は走行してもストレスがなく、楽しいので、あっという間に伊勢に入った。 そして伊勢ではいつものように少し遅い目のランチは外宮入口の鰻屋「喜多や」さんにて、「まぶし丼」で元気を付けて、松阪~津経由で青山越えで帰路に着いた。

2016年4月 3日 (日)

今が盛り、石舞台公園夜桜のライトアップ

この時期、明日香でのイベントは石舞台公園の夜桜ライトアップ。Dsc04199
今日、お越し頂いたお客様の内、昨秋に、県内の小学校の体験教育として民泊でお世話させて頂いたMちゃんがご両親様と弟さんを案内してランチに来てくれました。 民泊で帰る時には「また是非来てにゃんcat」ってお勧めしているが、今までにはあまり実現したことはありませんでした。 でも、お母様から「民泊で、子供がお世話になった者ですが・・・」ってご予約のお電話を頂いた時は・・・ビックリしたにゃんcat  そして、顔を思い出して、また会えるのか? このサプライズは嬉しいにゃんcat  そして、久しぶりに会ったら、最初はちょっと恥ずかしそうだったけど、民泊滞在中に甘樫の丘や飛鳥寺、石舞台公園へ行ったことを思い出して、帰る時には「折角の、桜の見頃なので案内して上げてね」って・・・Dsc04258

お見送りをしてから、石舞台の夜桜のライトアップは自らで確認しておくかにゃんcat

公園のパーキングは満杯状態で、予想もしなかった人出になっていた。古墳の敷地内では古代劇が演じられていて、静かな夜桜を期待して行ったら・・・思惑が外れた。 でも、明日香村にとっての経済的効果は? 大丈夫かにゃんcat 要らぬ心配をしながら、多分、誰も行かないポイント(以前の下見でチェック済み)へ行くことにした。 暗い夜道を懐中電灯を携えて・・・案の定、誰もいないで独占状態だにゃんcat

ここから見る夜桜のライトアップはピンク色の雲海がたなびく如く・・・いい感じだにゃんcatDsc04205

じっとして、眺めていると、やはり夜桜見物は寒い。 昔、ファミリーで醍醐池にて、宴会をした時、寒かったことを思い出した。また喧騒の中へ戻って行くと、ちょうど古代劇が終わっていて、人の話し声くらいで静かになっていた。

夜桜はもっと静かに見られたら嬉しいにゃんcat Dsc04224

老にゃんこは妖しい美しさと儚さを夜桜には求めたいのだにゃあcat  先のブログでは「この美しい桜を後、何回みれるかなあ?」と思っていたが、この桜だって寿命があるのを忘れていた。 何れにしろ、自然界の中に生かされているのだにゃあcat

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »