2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

2016年6月28日 (火)

初夏のOne Day Cafe ご参加へのお礼

先に開催致しました「初夏のOne Day Cafe」へご参加をありがとうございました。Dsc05678_2

梅雨の合間にも関わらず、お越し頂きましたこと、大変嬉しく思っております。最初は、この時期外れでの開催でしたので、心配しておりましたが、お蔭様にて賑やかな雰囲気で、無事に終えることが出来ました。

 特にスウィーツ担当のMIHOちゃんは久しぶりだったので、気合が入っていて、大きなクーラーボックスを2つも持ち込んでの準備でした。
 内容的にもいろんなフルーツを使ってバラエティに富んでいて、お客様には好評で、嬉しいコメントを頂きました。Dsc05665_2










 また、シュフ光子は最後の最後まで、ワンプレートの内容を決めかねていましたが、土壇場のパワーで、夏らしい「カレースープ」は出色の出来だったように思います。Dsc05659_2

お越し頂いたお客様からもお帰り時には「幸せな時間を過ごすことが出来ました」と嬉しいお言葉を頂きました。
 また、お見送り時には幸いにも、天候に恵まれて雨は降らずに、涼しい風が吹いていました。

 次回は秋のフルーツに恵まれる季節に開催を予定致しております。

半世紀前に乗っていた車を思い出した

先日、TUTAYAで車関係の本が並んでいる棚を見ておりましたら、「Nostalgic Hero」誌にて表紙の活字の一部で・・・

眼の隅に引っかかったにゃんcat

「ファミリアクーペ」? それって、にゃんこが昔に乗っていた車?Photo

「ファミリア」はマツダがファミリーカーとして大衆車の一端を担っていた。その当時はトヨタの「カローラ」と日産の「サニー」がシェアー争いをしている中で「ファミリア」は健闘していた。

その当時、デザイン(カッコ良さ)に興味を持っていたにゃんこは「カローラ」も「サニー」も外国製に較べたら、ブッ細工に見えた。しかし、そんな中で、この「ファミリアクーペ」は洒落ていた。名前の中に「クーペ」って言う響きは気になった。

そして、通常の「ファミリア」とはシャーシが共通であったけど、エンジン(800ccから1000ccに)はまったく別物で、足回りもスポーツ仕様で、前輪にはディスクブレーキが使われていて、ハンドルはウッドステアリングと、シートはレーザー風な仕様はスペシャリティな雰囲気が満載でした。Img030_2

当時、学生の分際でマイカーを持つなんて・・・とんでもない話。 しかしにゃんこは乗り物大好きで、中学生の時には叔父が乗っていた「トーハツ125cc」を借りて、田圃の畦道を走っていた。勿論、無免許でした。(半世紀以上前の話で、すでに時効) そして高校生になって、自動二輪の免許にチャレンジして、2度目のチャレンジで合格した。今の大型2輪免許なので、この免許で当時は軽自動車にも乗れた。 マツダのキャロルを借りて走っていた頃に、この「ファミリアクーペ」に出会った。 そして大学に入った勢いで、普通車免許を取得し、親に強請って、買って貰った初めてのマイカーでした。

母子家庭であったにゃんこに、よく買ってくれたと思う。 本当に欲しいと思ったら、手に入れるまでは・・・というスサマしい物欲は多分、死ぬまで直らないにゃんcat  それを母親は見抜いていた。その被害者はにゃんこを受け継いだシュフ光子だにゃんcat  少しの懺悔と猫の恩返しを考えているにゃんcat

今までに、10台以上乗り継いで来ましたが、初めて持ってマイカーとしては思い出のある車です。今となっては、実物を見ることはほとんどないのですが、旧24号線の橿原から向かって高田の入口にあるディラーさんの前には動かない「ファミリアクーペ」を見ることが出来ます。(ちょっと、埃だらけで可哀想な姿ではありますが) その前を通る時には・・・いつもチラ見をしているにゃんこです。

この「Nostalgic Hero」の記事が気になって、これは買うしかない。そして詳しく読むと、この車の持ち主は、同年代の方で現在もマツダの工場で仕事をされているエンジニアで、思い入れのある車を何とかしたい?と、オークションで放置された「ファミリアクーペ」を2台入手して、5年を掛けてリストアされ、元の姿に仕上げられた。

 この記事に遭遇して、久しぶりに嬉しくなったにゃんcat

 今、見てもカッコいいヽ(´▽`)/

ご興味のある方や詳細をお知りになりたい方は・・・今なら本屋さんの店頭にある「Nostalgic Hero」誌を買って下さい。(別に出版社からは頼まれていませんが) まだ間に合うにゃんcat

 掲載の持ち主は広島在住の方だそうだけど、ご縁があれば是非にお会いして、見せて頂いてお話を聞きたいものだと願っている。そして、あわよくば乗せて頂けたら最高だにゃんcat

2016年6月22日 (水)

初夏のOne Day Cafe ご案内 Vol.2

お待たせ致しました。
Dsc00034
「One Day Cafe」の内容について、本日、スウィーツ担当のMIHOちゃんから試作品が届きましたので、お知らせ致します。
撮影後、にゃんこが僭越ながら、厚かましくも試食をさせて頂きましたにゃんcat
 いずれも初夏に相応しい内容で、甘さを控えて、素材の美味しさが生かされ濃厚なお味に仕上がっていました。Dsc06870
どうぞ、お楽しみにして下さい。
尚、シュフ光子担当、ごはんの内容については現在、企画中で、新鮮な食材が手に入るタイミングで決まると思います。 当日のお楽しみということでご了承下されば幸いです。
 そろそろ、シュフ光子が大好きな紫陽花の季節になりました。今まで、フロアーにはドライフラワーの紫陽花や、少し早く咲くアナベルで飾られていましたが、やっと、シュフ光子が好きな色の紫陽花が登場しました。 これからは折に触れて、好みの紫陽花が見つかり次第、見て頂けると思います。
Dsc00020
尚、このOne Day Cafeのお席は6/22現在、あと少しのお席が残っています。
どうぞ、お早い目のご予約をお待ち致しております。

梅雨の季節の真っ只中。元気の出るごはんと、季節のフルーツでのスウィーツで、幸せなお時間をお過ごし下さい。

 ご予約は「あすかの食卓」
 0744-54-3699にて

2016年6月 3日 (金)

また教育旅行・民泊が始まりました

GWが過ぎると、民泊(教育旅行)が始まりました。Dsc06502
今年はスケジュールが集中的に入っています。 私たちのCafe「あすかの食卓」でもお受けしておりますが、基本的には学校規模で生徒さんの人数が多い時に限っておりますが、このところは海外からの民泊も結構、時期的に集中しています。
多くは台湾、中国、シンガポール等からの生徒さんもお受けしているので、どうしてもスケジュールが錯綜します。
 なので、この良い季節ですが好きな温泉めぐり旅や食材調達の旅が出来なくなっています。

でも、にゃんことシュフ光子は民泊を優先しています。Dsc09906

教育的配慮の必要な民泊ではホテル代わりではないので、 国内の中学生や海外の高校生ですが、マナーの問題や習慣の違いで、アドバイスや理解が必要になります。
 多少の気疲れもありますが、私たちが最も大切にしている「一期一会」を念頭において、接することにしています。短い時間ですが、非常に濃密な時間を、お互いに過ごすことになります。Dsc06393 .

この修学旅行について、海外からの学生達は別としても、国内の中学生での民泊を見ていると、振り返って、にゃんこ達の世代での修学旅行は、まるっきり観光旅行でした。 教育的な要素は学外での集団行動だけだったように思う。そして行った先の名所旧跡では誰か分からないような集合写真(1クラス50名は多過ぎ)だけが残っている。今、見ても自分が何処にいるか?分からない。 でも非日常に置かれた同級生と電車やバスの中で話しをすることが唯一、楽しかった記憶があるにゃんcatDsc09904

我が家に来てくれた生徒、学生さんと旅行内容について話をするが、旅行期間中に「班行動」という・・・自分たちで旅行内容を決めることができる部分があったり、民泊先では先生の干渉がない。 そういう部分では恵まれた修学旅行を出来ているにゃあcat

そして、民泊として、各家庭での出会いにて・・・・普段の生活の延長で過ごした学生もいれば・・・結果として、人生を変えるほどの体験をするかも・・・、そういうことは出会い方や自らの心掛け次第にて変わる。

にゃんことシュフ光子は「一期一会」っていうことを大切にしている。通じたら嬉しいにゃんcat  今までの経験から、学生さん達の国籍は関係ないと思う。 人と人、person & personDsc06499

ほとんどは、たった一晩の交流に過ぎませんが、にゃんこにとっては娘(家業がcafeなので女の子がメイン)が遠くへ帰ってしまう感覚になります。 お見送りするセレモニーで「離村式」があります。その時、彼女らの中には涙を流して、抱きついて来る子もいます。

大変だけど、引き受けて良かったにゃあcat と思います。

初夏のOne Day Cafe ご案内

大変お待たせ致しましたにゃんcat
あすかの食卓・焼菓子部「百果オーブン」のオーナーであるMIHOちゃんがPTAの役員からやっと解放され、元の体制に復帰されましたので、開催の運びとなりました。
本来は春の・・・で始めたかったのですが、6月に入りましたので、タイトルは初夏とさせて頂きました。P6040540
大変、久しぶりなので、気合が入ってくると思われます。

尚、MENUはおまかせのランチ&スウィーツになります。数量は限定となりますので、ご予約はお早い目にお待ち致しております。また、ご予約時間は賜りませんので、先着順になりますので、お待たせすることもございます。

 この時期、お庭は緑がいっぱいです。
  右のお花は「エゾナナカマド」です。今は満開で、雲が浮かんでいるような様子には癒されます。 

初夏のひと時をお野菜中心のワンプレートとさわやかなスウィーツでゆったりとしたお時間をお過ごし下さい。

 開催までに内容が決まりましたら、このブログにてお知らせ致します。One_day_cafe_20166

 

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »