2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 「あすかの食卓」は間もなく夏休みに入らせて頂きます | トップページ | 六甲山へ紫陽花を貰いにいく  Vol 2 »

2016年7月25日 (月)

六甲山へ紫陽花を貰いにいく  Vol 1

神戸の大学に勤務していた15年以上前から、西神戸の病院にて、血圧等、薬の処方で世話になっていました。 その後、大阪の大学に戻って、そして定年退職して後も、そのまま、薬の処方と診察で通っていました。 先生は「奈良から通うのは大変だから、近いところの 病院を紹介しましょうか?」と言って下さったが、2ヶ月に一度の通院は大して負担にならないし、シュフ光子の希望もあって、にゃんこが診察して貰っている間に、神戸でタウンウォッチングしたいと・・・先生へ申し出でし、了解を得ていたにゃんcat そのようなことで、通い続けていたが、約3ヶ月前に、心臓系のトラブルが原因で、近隣の病院で治療を受けることになり、トータルで薬の処方をお願いする方が賢明と判断したことで、西神戸の病院から近隣の病院に変更して貰うことの依頼に行くことと、そのタイミングで、前から、六甲山で仕事をしている友人のT君から「今、紫陽花の最盛期ですよ」と聞いていたので、時期を合わせたにゃんcat

尚、今回の診察は予約外なので、午前11時までに受付にて直接受診手続きをしなければならない。また車で神戸に向かうには朝の阪神高速・神戸線で大阪から神戸方面はいつも15kmくらいの渋滞があり、時間に間に合わない可能性が高い。

Dsc06943 なので、前日泊として神戸でホテルを予約し、前日のランチは元町の「佳景」さんに予約しておいた。「佳景」さんは、「あすかの食卓」のお客様でYさんからお勧めを頂いていた。「佳景」さんも、こちらの店の話を聞いておられて、伺うのを楽しみにしておられた。ランチを頂きながら、オーナー様と同席されていたご常連さんも加わって楽しいランチタイムとなりました。ランチのMENUはお任せで、割烹料理で手間の掛かったお料理を美味しく頂きました。Dsc06937 その後、元町のアーケード街を歩いた。ちょうど、「水曜市」が行われていて、広いアーケードの通路を利用して、兵庫県の北は神鍋高原から南は淡路島までの広範囲から農業生産者が出店していて、賑わっていた。シュフ光子も珍しい野菜を調達した。調達した野菜は重い物ばかり。老にゃんこが提げて歩くはめになったにゃんcat

疲れたので、ちょっと一息と、お決まりの「ニシムラ珈琲」で休憩し、夕方までは別行動をすることにして、集合場所は三宮の、これもお決まりの「淳久堂書店」と決めて・・・

やっと、にゃんこタイムだにゃんcat 馴染みの中古レコード店巡り。 どんな物に出合えるか?ドキドキ感いっぱいのこの時間が楽しいのだにゃんcat 良く使う元町周辺の4店を巡ると、あっという間に2時間後の集合時間になった。Dsc06961_2  そして、無事に合流し、閉店時間ギリギリまで1Fから5Fまでの間を巡った。JAZZ系やオーディオ系は勿論だけど、今回は民泊での英会話や英文メールの参考書をチェックしたにゃんcat にゃんこに合いそうな2冊をゲット。

閉店の合図で、チェック! シュフ光子の分を加えると約20,000円となったにゃんcat

久しぶりの神戸・中心街だったので、走り回って、夕食を忘れていた。しかし、こんな中心街でも食事が出来るところは閉店時間が早い。開いているのは駅北側の飲み屋街だけだにゃんcat ホテルに向かう方向には幸いにも「ミューヘン」があった。OSまでは1時間あるようなので、ここに決めて飛び込んだ。 ちょっと疲れたが、神戸の地ビールとサラダで・・・「お疲れの乾杯」 ほっとする時間を過ごせた。 Dsc06991 いつも食を提供している2人には安らぎのひと時でした。 歩いて5分、神戸大丸隣のホテルまで・・・重い本を提げて、本日の予定は終了だにゃんcat

 

« 「あすかの食卓」は間もなく夏休みに入らせて頂きます | トップページ | 六甲山へ紫陽花を貰いにいく  Vol 2 »

あすかの食卓 日々の様子」カテゴリの記事

コメント

明日病院に行く人の行動かいな? どちらも元気で神戸探索!
病院も疲れる所ですよん、ま、疲れ所は違うけどな。 お疲れの残りませんように、 

じいぼうさん いつもコメントをおおきに さんくす♪(o ̄∇ ̄)/
ほんまのところ、いつも疲れています。
でも、二人で言っているのはマグロの回遊といっしょやなあ。
止まったらおしまいかなあって

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558590/63960944

この記事へのトラックバック一覧です: 六甲山へ紫陽花を貰いにいく  Vol 1:

« 「あすかの食卓」は間もなく夏休みに入らせて頂きます | トップページ | 六甲山へ紫陽花を貰いにいく  Vol 2 »