2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 六甲山へ紫陽花を貰いにいく  Vol 1 | トップページ | 湖北のCafeに出掛けました »

2016年7月26日 (火)

六甲山へ紫陽花を貰いにいく  Vol 2

翌日、西神戸の病院に向かうことになっているが、予約外なので、朝一番は待ち時間が多くなる。 受付可能時間に近いタイミングがベストと判断した。そして余裕ある時間はせっかくなので、焼きたての美味しいパンが手に入る開店すぐだにゃんcat 幸い、ホテルすぐ傍には「イスズパン」の店がある。 9時前にホテルをチェックアウト。

すぐ「イスズパン」に飛び込んで、焼きたてパンをチェック。 やはりこの時間帯だ。多くの種類が揃っている。にゃんこがトレイを持ち、シュフ光子がトングで、それに載せて行く。みるみるトレイは一杯となったにゃんcat そこにイスズの山食を1本追加して、パーキングに向かった。Dsc07000

車は湊川から鵯越で西神戸に向かった。道路はスムーズで、10時には病院に到着。すぐに受付で予約外診療を申し込むと、すぐにナースさんから名前を呼んで貰った。前に決まっていた予約日から1ヶ月ほど経過していたので、先生は気にして頂いていたのだ。 診察室に入ると、まず「薬はどうしていたの?」と聞かれた。そして、この度に伺った事情を説明すると、ご理解頂いた。医師変更後の投薬内容を見て貰って、「同じ内容ですね」と安心されたようだった。約20年ほど投薬ではお世話になったが、本来の脳の静脈瘤は変化が見られないので、経過観察として、何かあればいつでも来て下さいと・・・御礼を申し上げて、「あすかの食卓」のランチご招待状をお渡しして・・・「必ずお待ちしていますね」とお伝えし、失礼したにゃんcat

午後には六甲山へ上がる約束をしていたが、その前に、どこかでランチを・・・Dsc07055

シュフ光子の提案で、予約が要らない北神戸の「日曜舎」へ向かう。 このレストランは私たちにとっても理想的で目標でもある。コンパクトで何かにつけて行き届いている。そして、センスもいいし、長く続けておられて内容には揺るぎがない。いつ行っても安心して過ごせる。Dsc07014














そして、共通点として、ここのインテリア・アイテムは「ウサギ」、当方は「ネコ」なのだにゃんcat  Photo ベーシックなランチを頂いて六甲山に向かった。途中の団地には一ヶ月前に民泊で明日香へ来てくれた中学校があった。下校途中の中学生がいたので、・・・ひょっとして、うちで泊まった子?って見ながら・・・カーブ~カーブの道を上がって、森林公園、六甲山牧場経由で、目的地の六甲ケーブル山上駅に着いた。 

今年の紫陽花は花が大きくて、色は淡い。グラデーションがいい感じ。 紫陽花を見るシュフ光子の顔を見ていると分かるにゃんcatDsc07073

間もなく、T君から電話が有って、「会議が終わったので、合流します」と、まず敷地内の紫陽花をたくさん貰った。そして、六甲山全体の紫陽花状況の下見をしてくれていたので、ベストポジションに案内して貰った。リアの荷物入れは紫陽花で一杯となった。Dsc07088

T君は仕事が終わったとのことで、お家まで送ることにして、途中では六甲山の観光について、意見交換をしながら下ると、目的地の新長田に到着。 T君にお礼を言って、帰路に着くことにしたが、神戸・大阪間の阪神高速は14kmの渋滞で、43号線を西宮まで走行し、休み明けの営業を考えて、何箇所かで食材調達しながら、渋滞の解消があった時間帯に阪神高速に上がって飛鳥へは10時に帰着した。 

« 六甲山へ紫陽花を貰いにいく  Vol 1 | トップページ | 湖北のCafeに出掛けました »

あすかの食卓 日々の様子」カテゴリの記事

コメント

今年も紫陽花たのしめますねぇ! 
阪神高速神戸は相変わらず混んでいるようですね、あまり行きませんが神戸へ行く時は南阪奈→阪和道→湾岸線周りで行きます、大阪湾と生駒金剛連山を見ながらのんびり走ります。 帰りも湾岸線周りで夜景を楽しみながら帰ります。 チョコット高く付きますが時間も早いし混む所が少ない。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558590/63969502

この記事へのトラックバック一覧です: 六甲山へ紫陽花を貰いにいく  Vol 2:

« 六甲山へ紫陽花を貰いにいく  Vol 1 | トップページ | 湖北のCafeに出掛けました »