2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 六甲山へ紫陽花を貰いにいく  Vol 2 | トップページ | 関西の蔦屋書店に追っかけ »

2016年8月12日 (金)

湖北のCafeに出掛けました

こちらは長期休暇中で毎日が日曜日状態です。 そこで8月11日(木)は空いているか?と思って、ちょっと長距離になるけど、湖北(琵琶湖の北部)にあるCafe「喫茶 古良慕」に初めて行くことにした。ちょっと、スタートが遅くて、11時になった。

ランチは予約をしておいた方が良いと、電話を入れた。時間は現地到着まで、2時間は無理として、3時間では大丈夫と考えていたにゃんcat(少し甘かった)
 出発して、奈良の入口で、通常期以上に渋滞していて、おかしいなあ?と思っていたら、いつも混む交差点で追突事故の処理中だった。 この影響だったのか!! 遠方なので、広域の渋滞情報を得ようと、ラジオの道路情報を聞くことにしたら・・・・・ええ・・・今日は休日だにゃんcat それも今年から制定された「山の日」  そして、おまけに今日から、お盆の帰省が始まっていたのだ。 湖西ルートか?湖東ルートか?有料道路を避けて、一般道で行くか?迷ったが、奈良から、木津~和束~瀬田~大津、そして大津から湖西バイパスに上がるところまで順調だったが、上がった途端に動かなくなった。しまったにゃんcat ここで1時間をロスしてしまった。 約4時間ほど掛かってしまった。ナビにセット出来ていたので、迷うことなく現地に着いたが、想像していた場所のイメージと違っていた。Korabo_3 Cafe古良慕のおもてなしをしてくれる若い女性の方は、遅くなったにも拘らず笑顔でお迎え頂いた。

早速、週替わりランチ(1,080円)を注文した。 ワンプレートだけど、それぞれが丁寧に味付けされていて、シュフは近くにあればリピータで頂きたいと・・・器もシュフ好みで「カワイイ!」 Photo 食後の飲み物を聞いて頂いたので、シュフはアイス・カフェオレ、にゃんこはホットコーヒーをお願いした。 食後、古いものに興味が有るんですか?って聞かれたので、私達のCafeの紹介もしながら、雑談をした。お客様が来られたので、話は中断したが、金魚に興味があって、時々、大和郡山まで出掛けられるとのこと。是非、明日香にも寄りたいと言って頂いた。・・・お待ちしていますね。Korabo_5  ここから、何処へ行かれますか?と聞かれて、「骨董の海津さん」へ行く予定ですと伝えると、営業時間を教えて頂いて、「ここから30分ほど掛かりますからもうそろそろ行かれた方が」と案内して下さった。素晴らしい気配りに感謝。お勘定をお願いしたら、ランチの代金のみの請求。飲み物の代金を・・・いえ、遠方からお越し頂いたので、サービスです。 こんなお店は初めてだにゃんcat そして、来て、帰るまでの滞在中、本当に居心地が良かった。この幸せに感じるのは・・・何かにゃあcat 

お礼を言って、海津大崎に向かった。ナビにセットすると、30分くらいで着いた。湖岸にくっ付いた建物の外観からも骨董屋さんとすぐに分かった。時間帯からパーキングも空いていた。Kaizu_1 中へ入りと、器が中心のたくさんの骨董が展示されていた。シュフは値段が付いていないね。と言いながら見ていたが、あまり興味の無いにゃんこは、テラス席の希望ノートを見つけて、湖岸側の奥へ入っていくと、席は空いていたので、テラス席を確保。琵琶湖が一望出来、何か飲み物を頂きながら、ボーっと、穏やかな琵琶湖を眺めていたい。ちょうど、夕日が当たるので、シュフが嫌がるかにゃあcat と思いながら・・・そんな気持ちが見えたのか? 先客の女性客から、「席を替わりましょうか?」・・・「ハイ!」とは言えない。遠慮した。でも、暫くして、席を立たれたので、自ら、水グラスを持って、移動した。(勿論、シュフ光子対応だにゃんcat) 飲み物を注文して、交互に店内を楽しんだ。にゃんこはテラス席にいる間に写真を撮りながら、いい時間を過ごしたにゃんcatPhoto_2

本日、最後の客として、チェックアウトし、久しぶりの海津大崎で、約50年前にバイクで琵琶湖一周をした際に立ち寄ったところで、道沿いの集落での民家は当時と変わっていなかったが、少し外れた部分で農地だったところはレジャー施設に変わっていて、水遊びやキャンプ用施設で、派手な看板が目立った。幸いにも長浜方面に向かう山と湖が迫った道路は昔のままのイメージが残っていたのが嬉しい。にゃんこはバイクから車に代えて久しぶりのドライブでした。ここは桜のシーズンは賑わうところだにゃんcatKaizu_2

日が落ちたので、帰路に着いた。戻ったのは日付が変わる直前でした。

今回の旅を設定したのは先日、梅田・ルクアに出来た「蔦屋書店」にて見つけた「d design travel の滋賀編」を参考にしました。

この本はシリーズで、17都府県の最新版です。近畿では京都、大阪に次いで3番目。  

« 六甲山へ紫陽花を貰いにいく  Vol 2 | トップページ | 関西の蔦屋書店に追っかけ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

あれ? 昨日コメントしてと思ってたが書き込まれてないわ!
何を書いたか忘れた? 湖北海津は通っただけ、ゆっくり桜もコーヒーも見学もしてないなぁぁ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558590/64048461

この記事へのトラックバック一覧です: 湖北のCafeに出掛けました:

« 六甲山へ紫陽花を貰いにいく  Vol 2 | トップページ | 関西の蔦屋書店に追っかけ »