2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 待ちに待った布施明の秋コンサートへ | トップページ | 同期会・下関編 Vol.2 »

2016年11月17日 (木)

同期会・下関編 Vol.1

大学時代の陸上競技部メンバーの同期会です。
クラスの同窓会と違って、練習・合宿・競技会と一緒に戦った仲間です。会っても話の中身は濃いし、深い、気持も半端ではない。 4年前に、卒業してから半世紀近く経って、多くは教員だったが、一線を退いたのを機に、同期会をスタートし、1年に1回の開催で、今回は4回目。開催はメンバーの出身地で行うことにしている。
 そして今回の世話役は下関出身のJちゃん。 一時、体調を崩していたが、回復し、元気になったので、「是非に下関で・・・」と手を挙げてくれて、1年繰り下げの当番になった。
 にゃんことしては仕事も入っていたが、シュフ光子に許可を貰って参加することにしました。
病気から回復したJちゃんに会いたかったし、何よりも開催に際しては気合いが入っていた。
 今までの3回は前回の飛鳥での開催を除いて、この同期会に乗っかって、シュフ光子も同行(同期会とは別のホテルを取って・・・日程の前後を別行動で)し、楽しんでいた。今回も開催の前後のホテルを予約して準備していたが、常連さんから、どうしても「あすかの食卓」を利用したいとの申し出でがあり、シュフ光子のみ、残って営業することを決めた。
 車での参加から急遽、新幹線での一人旅への変更となった。20161178
 本当に久しぶりの列車での旅。現役で仕事での出張以来だったにゃんcat 「のぞみ」等はあっという間に着いてしまうので、のんびりと旅の雰囲気を楽しみたい。 そこで、「こだま」のチケットを予約し、当日を迎えた。下関での合流時間は決められていて、それに間に合う時間は新大阪を9時半の出発で、4時間30分の旅。 新大阪駅で食べ物と飲み物を買った。車内をどう楽しむか?がこの買い物は重要だにゃんcat 何を買うか?を考えるのが楽しいし、わくわくするにゃんcat  いよいよ、新大阪をスタート。「こだま」は各駅停車。

何で、「のぞみ」の倍ほど所要時間が掛かるのか?との疑問はすぐに納得。通過待ちの時間が多い時は15分待ち。 停車駅にてゆっくり買い物ができるにゃんcat 新大阪で纏めて買い物をしなくても・・・ 結構トンネルが多いのは分かっていたが、各駅停車のお陰で、各地域の様子が駅近から垣間見ることが出来たにゃんcat  下関へは、一旦九州に渡って、小倉駅まで行って、九州線で下関に戻るのが、一般的なルート。

 下関駅に着いて、Jちゃんに電話すると、タイミング良く、迎えに来てくれた。 ホテルまでJちゃんの車で行くと、間もなく、大阪、岡山のメンバーが到着。1年ぶりの再会。皆、元気そうで嬉しかったにゃんcat  今回のにゃんこは車での参加でなかったのと、全員が2泊だけど、にゃんこだけが1泊のみの参加に納得してもらった。20161178_2

初日はJちゃんが予定を組んでくれて、下関の名所旧跡を案内してくれた。 自分達では多分知らずに行かないだろうと思われる処、まず春帆楼(日清戦争後、下関条約を結ばれたところ)、次には功山寺(曹洞宗の寺院、仏殿は国宝で、山門も素晴らしい) こういうところは嬉しいにゃんcat いっしょに行った、紅一点のYちゃんも喜んでいた。 次には「火の山公園」 ここでは関門海峡が一望だ。標高が270m ちょうど日没に近いタイミングで美しい。宮本武蔵と佐々木小次郎の巌流島も眼下に見た。 日が暮れて、次は下関駅近くまで行き、海峡ゆめタワーは展望台145mからの夜景は素晴らしい。 タワーからの夜景はいくつか経験があるが、海峡の夜景は別格。Jちゃんは洒落たことをしてくれる。20161178_3

こうして、下関のサイトシーイングを堪能させて貰った。

そして、いよいよ夜食は「楽しみにしておいて」と言われた、下関では・・・これでしょう! フグのフルコース。 ここのお店はJちゃんの同級生が経営するお店。120%のサービスで、フグ料理とお酒、ヒレ酒は有名だけど、珍しい白子酒はびっくり。 見た感じはクリーミーだけど、すごいパンチ力。1杯でも効きました。てっさは2人で5人前には大満足でした。20161178_4

その後、Jちゃんの行きつけのスナックでカラオケ三昧、暦が変る時間帯まで、下関を堪能させて貰いました。     

« 待ちに待った布施明の秋コンサートへ | トップページ | 同期会・下関編 Vol.2 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

下関でフグ食ってみたい!! 55年ほど前に通ってもう関門トンネル出来ていたな。15.6年前に橋を渡りました。でも食には就いていません。

中身の濃い同窓会だったね。何よりも下関で4回目が実現できたことが嬉しい!jちゃんの顔を見るまではとても心配していた。でも3日間の様子を見てて安心したよ。ブログは興味深く読ませてもらったし、写真もいいね。来年は古希ということで、大阪で計画します。年が明けたら、コウジロウと打ち合わせをします。

いい仲間を持てて幸せです。 毎年、毎年が楽しみで生きて行けます。 全員が元気で、このまま、ずっと続けられたら・・・と願うばかりです。 大阪は近場だけど、どんな企画になるのか楽しみにしています。店にもいち早く来てくれたYくん夫妻とも久しぶりに会えるので嬉しいです。お孫さんのお守に疲れていないか?確認もしたいし・・・  ブログを見てくれていてサンキューhappy01 できるだけ途切れないように書かんとあかんなあ( ̄Д ̄;;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558590/64506997

この記事へのトラックバック一覧です: 同期会・下関編 Vol.1:

« 待ちに待った布施明の秋コンサートへ | トップページ | 同期会・下関編 Vol.2 »